頑張れ大阪


深里橋(四ツ橋筋)から日本橋(堺筋)まで夜の街を歩いてみた。

新型コロナウイルス感染の終息!!
 
我がまち・ミナミ、大阪の回復を願って…。

いっとこミナミ実行委員会

道頓堀川万灯祭2020が行われている。
人出はそこそこ感じられる。

ただこういうキャッチガールは必要悪だ。
これも自然淘汰を待つしかないのかな、知恵比べだ。

深里橋(四ツ橋筋)から日本橋(堺筋)の約800メートルの区間の川沿いを約1300灯のちょうちんで飾ります。

献灯は地元の商店街や関係者が中心ですが、今年は1000灯を越える申し込みのうち、100灯が一般の方からの申し込みだったそうです。

大阪)負けへんで、やったるで 道頓堀ポスター第2弾

道頓堀も人出はそこそこある。

しかし、店の中をのぞくと客はまばら。

「がんばれミナミ がんばれ大阪!!」と記された広告は4月15日から掲げられている。

づぼらや閉店のニュースは新しいところ。
ナニワの看板御三家と言われるのが「くいだおれ太郎」「かに道楽の動くカニ」「づぼらやのちょうちんフグ」。

これも世の中の流れか。

先日、松井市長と吉村知事が出席してづぼらやの前で盛り上げのニュースが流されていた。

吉村知事もコロナ過でいまや時の人。

法善寺横丁は人もまばら、店の中もガラガラ。

これからゆっくりと回復していくのか。

水かけ不動にお参りする人も真剣。

裏通りに入ると人通りはぐっと少なくなる。
まだまだ様子見のタイミングか。

つぼらや別館は当然閉まっている。
この辺りは人通りはきわめて少ない。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">