不思議な奈良のピラミッド 頭塔

頭塔(ずとう)は、奈良市高畑町にある土製の塔。
1辺30m、高さ10m、7段の階段ピラミッド状の構造をしている。

奈良時代の建造で、東西南北の各面に石仏を配置する。
1922年(大正11年)、国の史跡に指定された。

奈良時代、藤原広嗣のたたりで死んだ僧玄昉の頭を埋めたとの伝説のため、頭塔と呼ばれていますが、正しくは、東大寺の僧実忠が国家安泰を祈って築いた土塔の跡といわれている。

方形の封土を3段に築き、その4面に石仏を配列したもので、現在浮き彫りの石仏が13個あり、奈良時代の数少ない石仏群として有名。

奈良文化財研究所による1986年(昭和61年)からの発掘調査終了後、北半部は復元保存、南半部は発掘前の現状保存の形で残されている。

塔は版築による方形の土壇で、基壇は一辺32メートル、高さ1.2メートル。
上壇になるにしたがって3メートルずつ縮小して、最上壇は一辺6.2メートル。

高さは奇数壇で1.1メートル、偶数壇で0.6メートル、基壇裾から最上壇までは約10メートルの高さ。

その形態に類似性が認められる日本国内の遺址として、堺市の大野寺に見られる「土塔」がある。

石仏の上にのっている屋根瓦は、石仏を直射日光や風雨から保護するために置かれていたもの。
発掘された屋根瓦がどのような使われ方をしていたかについては諸説あり、資料が少ないために現在復元された形となっている屋根瓦の葺き方が正しいのかどうか、定かにはなっていない。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

緑滴る 酬恩庵一休寺

一休寺はあくまで通称で、正式には酬恩庵(しゅうおんあん)という。
創建は鎌倉時代で、その後荒廃していたお寺を一休宗純が復興した。

酬恩庵という名は、宗祖である南浦紹明の「恩に酬いる(報いる)」というところから来ている。

新田辺駅では一休さんがお出迎え。

総門前には金春禅竹による屋敷跡があったと伝えられており今現在は「薪能金春の芝跡」という碑が建てられている。

一休和尚筆七仏通戒偈「悪いことはするな、よいことをせよ」の意。

総門をくぐると石畳の参道が続く。

両脇には楓が植えられ足もとには隙間なく苔がしきつめられています。
桜、つつじ、さつき、沙羅、萩、楓など四季を通じて楽しむことが出来ます。

どこまでも続く緑のトンネル、見事。

禅師は文明13年(1481)11/21に88歳で示寂されたがこれに先立って文明7年(1475) ここに寿塔を立て慈楊塔と名付けられた。

前面の庭は禅院式枯山水の様式で室町の古風を存している。
現在墓所は宮内庁が御陵墓として管理をされており門扉に菊花の紋があるのもそのためである。

とりあえずこの先で拝観料の支払い。

後ろを振り返ってみる、見事。

方丈は住職の接客や仏事を行うところ。
江戸時代慶安3年(1650)に加賀三代目藩主前田利常公の 寄進により再建された。

南庭は宗純王廟と虎丘を背景としてこれら建物の北部斜面を利用してサツキの刈込があり西部に大きい蘇鉄が 植えられている典型的な江戸時代の禅苑庭園。

刈込から軒下までは白砂が敷き詰められており さっぱりとした中に落ち着いた雅味をあたえている。

とんち話にも出てくる虎。

方丈中央の内陣を昭堂と称しここに一休禅師の木像を安置してある。

この木像は一休禅師逝去の年に高弟墨済禅師に命じて作らせたもので自身の頭髪と髭を植えたとされている。

北庭は禅院枯山水としての蓬莱庭園。

東北隅に約2メートルの巨石を配しいわゆる観音石として用いている。
これに他の集団石組をもって枯滝落水の様子を表現している。

その昔、正面には木津川を上下する白帆を眺めることが出来また晴れた日には比叡山を望んで楽しんだと言われる。

これら三方からなる庭園は江戸初期のものとしては第一流であり当代庭園の白眉とされている。
この作庭は石川丈山、松花堂昭乗、佐川田喜六の3名の合作とされている。

さらに本堂へ向かう。

本堂は仏殿ともいい内部には本尊釈迦如来坐像、文殊普賢菩薩像が安置されている。

当本堂は山城・大和地方の唐様建築中で最も古い建造物。

1429年から1441年の永享年間に 室町幕府六代目将軍足利義教公の帰依により建立された。


「美人陰有水仙花香」(美人の陰<ほと>に水仙の花の香有り)という題がついた漢詩がある、要するに性愛を赤裸々に詠んだものである。

水上勉は、一休が盲目の森女の膝を枕に、静かに死出の旅に招かれたていったと考えたようだった。

その後、一休は文明13年11月21日(1481年12月12日)、88歳で亡くなるまでをここで過ごし臨終の際には「死にとうない」と述べたと伝わる。

なお、金春禅竹が総門のまえで一休のために能を演じたという。

乗ったタクシーの運転手から田辺手はこの一休寺と観音寺くらいかなと言われた。

竹送りの寺 国宝十一面観音を拝む 大御堂観音寺
国宝十一面観音が美しい寺だ。

京都府京田辺市の『観音寺(大御堂)』は、奈良時代に、天武天皇の勅願により法相宗の … 続きを読む →

なんかホッとする像だ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

青葉の散策


青葉の住吉大社を散策、気持ちのいい朝だ。

太鼓橋の西側は鬱蒼と茂る大木の杜。

緑のシャワーを浴びながら颯爽と歩く。

緑の中サギが佇む。

鎌倉時代の元寇の時は、蒙古撃退のための住吉大社による住吉大神への「浜祈祷」は、住吉公園の前に広がっていた住吉の浜で行われたという。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

卯の花の咲く頃


住吉大社卯の花苑が公開中。

住吉大社にとって卯の花は特別、鎮座日が、神功皇后摂政11年の卯年の卯月の卯日と伝えられている、「卯の葉神事」にはかかせない花となっている。

北海道南部から九州までのウツギの自生地を調査し、現存する日本のほぼ全種を移植したという。

すみよしの ゆふしでなびく 松風に
うらなみしろく かくるうのはな

(後鳥羽院皇子 光台院親王)
歌碑に寄り添うように卯の花が咲いています。

ウツギ(空木、学名:Deutzia crenata)はアジサイ科ウツギ属の落葉低木で、ウノハナ(卯の花)とも呼ばれる。

ウツギ属に属する種の他にも、何々ウツギという名の木は次のように数多く、花の美しいものや、葉や見かけがウツギに似たものなどがある。
アジサイ科:バイカウツギ、ノリウツギ
スイカズラ科:タニウツギ、ニシキウツギ、ツクバネウツギ、ハコネウツギ
ドクウツギ科:ドクウツギ
フジウツギ科:フジウツギ
ミツバウツギ科:ミツバウツギ
バラ科:コゴメウツギ

など。

 「卯の花を
  腐(くた)す
  霖雨(ながめ)の
  水はなに
  寄る木積(こづみ)なす
  寄らむ児(こ)もがも

   万葉集 大伴家持

卯の花も
  いまだ咲かねば
  ほととぎす
  佐保の山辺に
  来鳴(きな)きとよもす

   万葉集 大伴家持

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ガリレオの子孫たち


ここは精華町のけいはんな記念公園の日本庭園・水景園内の「観月楼」。

イタリアの陶芸家、フェデリコ・ボナルディさんが1994年に作った「ガリレオの子孫たち」。

京町家の格子窓をイメージした鉄骨に置かれた石のオブジェは、月をテーマに科学を探求する現代人を表現している。

空を見上げたり、何かを興味深そうに見つめる姿がユーモラス。

望遠鏡で月を観測し、月面図を作ったガリレオの好奇心と少しも変わらない。

危ないところにいるのも、時には危険を顧みず、研究に打ち込んできた人間らしさかも。

望遠鏡で月の観測を行い、月面図を作成したガリレオの科学への探究心は、その子孫である現代人に引き継がれ、月に着陸した。

現代人の科学への探究心が21世紀を切り開く。
現代人の様々な表情をした彫像(抽象化)8体を設置。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

初夏の長居植物園は彩り豊か


正門を入って大池を望むメインストリートは緑豊かで明るい日差しを浴びている。

大池の畔のセンダンが花をつけている。

「栴檀は双葉より芳(かんば)し」のことわざでよく知られるが、これはセンダンではなくビャクダン(白檀)を指す。

5-6月頃に、若枝の葉腋に淡紫色の5弁の花を多数、円錐状につける。
花にはアゲハチョウ類がよく訪れる。

なお、南方熊楠が死の直前に「紫の花が見える」と言ったのはセンダンのことと言われている。

「センダン」の果実は長径1.5-2 cmほどの楕円形の核果で、10-12月頃に黄褐色に熟す。

秋が深まり落葉してもしばらくは梢に果実が残る。

果実は果肉が少なく核が大きい。
たまにヒヨドリなどが食べに訪れる。

しかしサポニンを多く含むため、人、犬が食べると中毒を起こし摂取量が多いと死に至る。


玉(たま)に貫(ぬ)く、楝(あふち)を家(いへ)に、植(う)ゑたらば、山霍公鳥(やまほととぎす)、離(か)れず来(こ)むかも

巻17-3910  大伴 書持(ふみもち)

「あふち」とは「センダン」の古名でセンダン科の落葉高木。

スイレン

ドラセナ

ベニバスモモ [紅葉李]

詠んで字のごとくこの木の廻りは緑の中に紅い葉がひときわ目立ち鮮やかだ。

トウジュロ(葉が垂れない)

ワジュロよりも樹高・葉面が小さく、組織が固い。
そのため葉の先端が下垂しないのが特徴である。
中国大陸原産の帰化植物で、江戸時代の大名庭園には既に植栽されていたようである。

トウジュロは先述のとおり葉が下垂しないことから、ワジュロよりも庭木としてよく利用され、かつては鉢植え用の観葉植物として育てられることもあった。

現在は鉢植えとしての価値は大幅に減少し、衰退している。

アリウム・ギガンチウム

「シャーレーポピー」とは、南ヨーロッパ原産の「ヒナゲシ」の園芸品種。
赤だけでなく、ピンクや白の花もあります。

別名「虞美人草(グビジンソウ)」とも呼ばれ、こちらのほうが聞き覚えのある人も多いことでしょう。
「中国秦の時代、王の寵姫(虞美人)が自害した際の血が、この花になった」という伝説が、その名の由来です。

夏目漱石の有名小説『虞美人草』のタイトルは、漱石が街角の花屋で、この花の名前を見つけたことから生まれたとされています。

他に、「コクリコ(フランス語)」という別名もあり、最近ではジブリ映画『コクリコ坂から』公開の際にも注目を集めました。

原種は4弁花だが、本種には八重咲きのものが多い。
花びらには紙を揉んだような皺がある。

白地に濃いピンクの覆輪が入り、弁端は波打ち花名通りの、誰からも愛される美しい花です。

覆輪とは、
花びらや葉の、外縁部分が地と違う色で縁どられているもののこと。
シャーレーポピーの観賞時には、そんな伝説や名作との縁にも思いを馳せることで、よりいっそう楽しむことができるでしょう。

栗の木に、5月下旬よりいっせいに花が咲きました。
遠くから見ると、白い長い花のように見えます。

しかし、たくさんのこの長い花は、雄花です。
たくさんの雄花の中に、雌花が見つかりますか。

その栗の花の芳香成分が人の精液に由来するスペルミンだというのは長らくインターネットでの定説とされていました。

実は栗の花の香気成分は不飽和アルデヒド。

ちなみに女性のバジャイナの臭いは、細菌で分泌物が分解してできたトリメチルアミンの臭いだと言いますね。

ストロベリーアイス

「マイン・ミュンヘン」
鮮やかないろんな色がたのしいバラです。
花びらの先もつんつんするタイプでいかにもバラらしいですね。

あなたを まっています
いつまでも まっています

「シティ・オブ・バーミンガム」

しべのみえるタイプながら、どきりとする表情をみせてくれるバラです。

真紅の薔薇とは このようなものでしょうか
きりりとひきしまった蕾

バレエダンサーのような
プリンシパルのような
近づきがたさを持つ薔薇

古代エジプトの香りといわれる「ルピナス」。
昇藤(のぼりふじ)と呼ばれているようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

科学する心を 高山サイエンスプラザ

高山サイエンスプラザは、公益財団法人 奈良先端科学技術大学院大学支援財団が行う産学交流事業や地域交流事業などの活動拠点として、研究者交流や市民交流の場。

いきなりアインシュタイン像、ビルのガラスの壁面に映し出され、見る角度で表情が変わる。

地上に描かれた巨大なアインシュタイン。

ビルの壁面が傾斜していて地面の像を映し出している。

広場に点在する像たち、見えますか。

この広場には「科学する子供たちの広場 サイエンティスト・ロンド」の正式名があり、子供たちに親しみが感じられるように、偉大な科学者達の幼少時代の裸像が彼らの深い関わりのある道具などを持った科学するポーズをとっている。

その中のの一人がアインシュタインを指差しているようでおもしろい。

これはダーウィンの幼少時代の裸像。

こちらは野口英世。

アルキメデスのネジ。ねじの形の筒を回転させるだけで水を汲み上げられる装置。

子どもたち向けの科学実験教室「サイエンス塾」を毎月開催していたり、ビデオルーム(スペース21)で宇宙と地球が舞台のビデオを上映しているなど、科学について楽しく学べる施設です。

磁気浮上階段や、ねじの形の筒を回転させるだけで水を汲み上げられる装置など科学の不思議を実体験できます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

水辺に憩う けいはんな記念公園


園内は水路が縦横に走っており、小さな滝もあったり楽しい散策路。

樹間を漏れる光がやさしい。

一周30分の水谷池の周囲を散策、カメさんものんびり甲羅干し。

木々の緑が水面に映り清々しい。

倒木もあったり変化にとんだ散策路。

ドウダンツツジが咲いていました。

池の畔では若い人たちのはしゃぐ声が。

この時期人も少なくゆっくりと散策を楽しめる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

早朝の京都駅


早朝の古代階段、強すぎるコントラストをどう表現しよう。

伊勢丹側の大階段は段数171段、高低差は11階建てビルに相当する35m、全長は70mある。

南側に回って見る、曇りがちの空からの陽光。

北側の顔はやはり京都タワーかな。

いつの間にか見慣れない建造物、羅城門の模型です。

JRについては在来線特急の発着種類が日本一多い駅。

京都タワーの切り取りは数限りなくある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新緑の洛北 蓮華寺

蓮華寺は京都市左京区にある天台宗の寺院。
山号は帰命山(きみょうざん)。近世初期に造営された池泉鑑賞式庭園によって知られる。

創建当時の山門が今日も残されている。
山門を入ると庫裏まで延びる石畳の参道が目に入ってくる。

参道右手にある土蔵(非公開)。
1872年(明治5年)の学制まで、男女共学の寺子屋の教場として使われていた形跡が残されている。

蓮華寺は鴨川源流のひとつの高野川のほとり、かつての鯖街道(現・国道367号線)の京都口の傍ら、上高野の地にある。

しかし、もとは七条塩小路(現在の京都駅付近)にあった西来院という時宗寺院であり[1]、応仁の乱に際して焼失したものを江戸時代初期の寛文2年(1662年)に、加賀前田藩の家臣、今枝近義が再建したもの。

書院から右手に見えるのが本堂。
本堂の正面は、書院から見て裏側にあたり、蓮華寺形灯籠として知られる2基の灯籠が佇んでいる。

上高野は、かつて近義の祖父、重直の庵があった土地であった。

重直は、美濃国出身の武士で、豊臣秀次に仕えた後、加賀前田家に招かれた。晩年に至って得度し、宗二(そうじ)居士と号して、詩書や絵画、茶道に通じた文人として草庵を結んだ。

また、仏道への帰依の念も深く、上高野の地に寺院を建立することを願っていたが、果たせずして寛永4年(1627年)に死去した。

近義が蓮華寺を造営したのは、祖父の願いに応え、菩提を弔うためと考えられている。

蓮華寺の造営にあたって、詩人・書家で詩仙堂を造営した石川丈山、朱子学者の木下順庵、狩野派画家の狩野探幽、黄檗宗の開祖である隠元隆琦や第二世の木庵性瑫らが協力した[ことが、天和元年(1681年)付の黒川道祐の「東北歴覧之記」(『近畿游覧誌稿』所収)に記されている。

また、天明6年(1786年)の「拾遺都名所図会」には境内図が描かれている。

上述のような文人たちの協力を得て造営されたことにより、蓮華寺は黄檗宗の様式の建築と江戸初期の池泉鑑賞式の典型ともいえる庭園をもつ寺院となった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!