南都七大寺の面影を追って 西大寺

「西大寺」の寺名は言うまでもなく、大仏で有名な「東大寺」に対するもので、奈良時代には薬師金堂、弥勒金堂、四王堂、十一面堂、東西の五重塔などが立ち並ぶ壮大な伽藍を持ち、南都七大寺の1つに数えられる大寺院であった。

奈良時代に孝謙上皇(重祚して称徳天皇)の発願により、僧・常騰を開山(初代住職)として建立。

西大寺の創建当時は僧・道鏡が中央政界で大きな力をもっており、西大寺の建立にあたっても道鏡の思想的影響が大きかったものと推定されている。

しかし、寺は平安時代に入って衰退し、火災や台風で多くの堂塔が失われ、。

平安時代に火災などによって一時衰退し興福寺の支配下に入っていたが、1235年、叡尊上人が当寺に入寺して再興し、密・律兼修の根本道場として発展した。

現在の堂宇は1502年の火災で焼失したのちに、江戸時代に再建されたもの。

叡尊が始めた「大茶盛」の寺としても有名。

四王堂、西大寺創建の端緒となった称徳天皇誓願の四天王像をまつるお堂。
たびたびの火災で焼失し、現在の堂舎は江戸前期の延宝2年(1674)の再建。

鎌倉時代の正安2年(1289)亀山上皇院宣で鳥羽上皇の御願寺であった京都白河十一面堂院の本尊・十一面観音立像(仏師圓信作)が客仏本尊として当堂に移されてまつられることとなり、それ以来、観音堂とも称する。

現在の四天王像も鎌倉期以降の再造であるが、その足下に踏まれた邪鬼が奈良時代創建当初の姿を伝えている。

西大寺は1895年(明治28年)に真言宗から独立し、真言律宗を名乗っている。

真言律宗に属する寺院は、大本山宝山寺(奈良県生駒市)のほか、京都・浄瑠璃寺、奈良・海龍王寺、奈良・不退寺、鎌倉・極楽寺、横浜・称名寺などがある。

聚宝館、昭和35年に寺内の収蔵庫として建設された高床式鉄筋の収納・展示施設。昭和58年には南東部に収蔵庫も建築され、寺内の什宝物を保管収蔵している。

東塔跡、西大寺東西両塔は当初、八角七重塔として設計されたが、奈良時代末期の緊縮財政の中で縮小され、実際には四角五重塔として創建された。

その両塔も延長6年(928)に雷火でいずれかが焼失したと伝えられる。

その後、平安末期に修造され、鎌倉時代に塔供養が行われたのは、おそらく東塔のことと思われ、叡尊は東塔を中心とする宝塔院という区画を西大寺復興伽藍の中核とした。

その東塔も1502年に焼亡し、その後は再建されないまま塔跡のみが遺る。

愛染堂、秘仏愛染明王をまつる堂舎。
江戸時代の明和4年(1767)に京都近衛家邸宅の御殿の寄進を受けて移築建立。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

西大寺へのアクセス、行き方歩き方

西大寺公式サイト

奈良市西大寺芝町1-1-5

近鉄大和西大寺駅 南口から徒歩3分

ならまち八景を巡る


ならまち格子の家。奈良町の伝統的な町家を再現して、観光案内所にした建物。

ならまち散策 格子の家 -陰影を楽しむ
江戸時代末から明治時代にかけて、「ならまち」に点在した町家をモデルに建てられた施 … 続きを読む →


元林院は奈良町の一角として当然歴史は古く、さかのぼれば室町時代からの町。

花街としては歴史的には比較的近年で、明治初年度から5年あたりから始まり、最盛期は大正~昭和初期にかけて、奈良の花街としてはお隣の木辻よりも賑わいがあったらしく芸者置屋12軒あまり、芸妓さんは200人を超えていたという。

元林院町界隈
猿沢池の南西に位置する元林院町は、かつて興福寺の別院元林院があったところといわれ … 続きを読む →


T字路のつきあたりは菊岡漢方薬局」、創業は元暦元年(1184)。
もっとも三条から平成14年に現在地へ移転したという。

上ツ道のまちなみが残るならまち
上ツ道(かみつみち)は、古代日本における官道のひとつで、近世日本において同官道を … 続きを読む →→


鶴福院町から望む五重塔、「ならまち八景」の一つだ。

興福寺のこと
奈良に行くたびに目にする興福寺、なぜかいまだ記事にしたことが無い。 しかし、興福 … 続きを読む→


土塀の残る高畑町、正式には「たかばたけちょう」と詠む。

村内は東部の上高畠、西部の下高畠に大別され、上高畠は春日神社の禰宜町で神官や禰宜が多く住み、下高畠は奈良町に接し商家などの町屋の町となっていた。

不審ヶ辻の鬼
不審ヶ辻子という名前は江戸時代につけられてから変わっていない。
東は大乗院門跡で西の袋小路であり古くは、 … 続きを読む→


興福寺の門跡寺院である大乗院の寛治元年(1087年)創建と同時に築造された庭園は、12世紀における平重衡による南都焼討で被災し、興福寺別院である定禅院跡地に移築されたが、ここも15世紀中期の徳政一揆で荒廃したため、復興を目的に尋尊が銀閣寺庭園を作った善阿弥父子を招いて池泉回遊式庭園を改造させた。

興福寺門跡寺院庭園 大乗院庭園
庭園は室町時代の徳政一揆で荒廃したが、その後門跡尋尊大僧正の依頼により、室町時代に活躍した作庭の名手善阿弥によって … 続きを読む →


「庚申」の日の夜には人々は寝ずに一夜を明かす守庚申を行います。

庚申信仰のまち
ならまちの家の軒先に赤いぬいぐるみがぶら下がっている。 これは、「庚申(こうしん … 続きを読む →


「元興寺 極楽堂・禅室」は「行基葺(ぎょうぎぶき)屋根」ですが、この行基葺の瓦の中には飛鳥時代創建の「法興寺」の屋根に載せていた瓦、すなわち、1400年も遠い昔に
作られた瓦が混じっていると言われている。

色のついた瓦がそうなんでしょう。
歴史を背負った古い屋根瓦とはロマンのある話です。

飛鳥時代の行基瓦の残る元興寺
最古の寺といわれる飛鳥寺がルーツ。 平城遷都にともない、この地に移転、南都七大寺 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

飛鳥時代の行基瓦の残る元興寺

最古の寺といわれる飛鳥寺がルーツ。
平城遷都にともない、この地に移転、南都七大寺のひとつに数えられる大寺であった。

現存するのは極楽坊と呼ばれた僧房遺構。
すぐ南に五重塔跡が伝わる。金堂や講堂などは「ならまち」の民家や道の下に埋もれている。

東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、薬師寺、唐招提寺、平城京跡とともに、1998年に世界遺産に登録された。

元興寺「東門(重文)」。鎌倉時代の建築で、元は東大寺西南院にあったものを移築したもの。

石碑にある「元興寺 極楽房」というのが通称で、普段は「元興寺 極楽坊」と表記されていることが多いようだ。

元興寺の「本堂(国宝)」。別名は「極楽堂」「曼荼羅堂」。

元は僧坊だった建物を、1244年に改築したもの。
正面の柱間を6間の偶数としている(真ん中に柱が来てしまう)など、かなり珍しい特徴を備えたお堂。

「元興寺 極楽堂・禅室」は「行基葺(ぎょうぎぶき)屋根」ですが、この行基葺の瓦の中には飛鳥時代創建の「法興寺」の屋根に載せていた瓦、すなわち、1400年も遠い昔に
作られた瓦が混じっていると言われている。

色のついた瓦がそうなんでしょう。
歴史を背負った古い屋根瓦とはロマンのある話です。

「本瓦葺」の重ね葺きの場合、丸瓦の一方に重ねしろを取るため、段が出来ずフラットになるように作られている。

ところが、「行基葺」の方は、ただ重ねられるよう丸瓦の一方を細くしただけ。
当然、重ね葺きの場合瓦の継ぎ目に瓦の厚み(段差)が表面に出て変化に富んだ趣のある瓦屋根となる。

切目縁は両側面のみで正面・背面には設けられておりません。

馬道(めどう)とは字の如く馬が通る通路の こと。
馬を必要とする者の建屋なら理解できますが馬とはあまり関係がない寺院では理解できません。

多分、馬には関係なく細長い建物の途中を横切る通路のことを一般に馬道といわれるようになりましたので、僧房の建物などを分割して利用する際建物と建物の間の空間にも馬道の名称が借用されたのでしょう。

馬道(めどう)から派生した言葉が面倒(めんどう)で、馬が馬道を通ることを嫌がって面倒だったのでしょうか。面倒には色んな説があります。

白珠は人に知らえず 知らずともよし知らずとも我し知れらば 知らずともよし (万葉集・巻6ー1018)
この歌は元興寺の僧が詠んだ一首。

元興寺に独りで悟りを開き優れた知識を持っていた僧がいましたが、人々にその博識を知られていなかったために軽んじられていたそうです。
そこでその僧はこの歌を詠んで自らの才を嘆いたとのことです。

歌の内容は「白珠は人に知られないよ知られなくてもいいさ。知られなくても私さえ知っていれば知られなくてもいいさ」と、自らを「白珠(貝の中に隠れている真珠)」に譬えて詠んだ一首となっています。

たとえ他人に知られなくても自分さえその価値ある存在を知っていればいいとの自負と、同時に悔しさがにじみ出ているなんとも人間味のある一首です。

「知られなくてもいい」とこのような歌を詠むこと自体が「他人に知られたい」という強い欲求の裏返しであり、僧侶がそのような俗な欲求を持っていること自体が他人に軽んじられる理由でもあるのでしょうけれど、そこもまたなんとも人間らしくて面白い一首のようにも感じます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

元興寺へのアクセス、行き方歩き方

元興寺公式サイト

奈良市中院町11
0742-23-1377

近鉄奈良駅から徒歩10分

上ツ道のまちなみが残るならまち

上ツ道(かみつみち)は、古代日本における官道のひとつで、近世日本において同官道を元にした街道。
近世においては、上街道(かみかいどう)とも呼ばれた。

猿沢池からスタート。

猿沢池の横には采女神社があって、鳥居を背にしてお社が建っている珍しい神社。(日本でここだけらしい)

最初は池向きに建立したが ある日、采女の霊が現れて自分が身を投げた池を毎日見るのは忍びないと訴え、一夜 にして後ろ向きになったという伝説が残されている。

猿沢池で采女祭2014 月明かりの下で優雅に
奈良時代に天皇の寵愛をうけた采女(後宮で天皇の給仕をする女官の職名)が、天皇の関 … 続きを読む →


猿田彦神社横の上ツ道・伊勢街道看板。

下御門商店街を抜けて、ならまちに向かう道路に置かれてる鹿のブロンズ像。

広い道路を越えたところにある建物は奈良町情報館、観光案内してくれたりレンタサイクルもやっている。

奈良町 落語館。

約704平方メートルの敷地内には、大正6年に建てられた木造2階建ての「主屋」や「離れ」、江戸時代後期の建築と推定される「蔵」がある。

陰影の美しい町屋空間 ならまち「にぎわいの家」
大正時代、古美術商の大隅家が所有していた「奈良町にぎわいの家」。 約704平方メ … 続きを読む →


T字路のつきあたりは菊岡漢方薬局」、創業は元暦元年(1184)。
もっとも三条から平成14年に現在地へ移転したという。

古い蚊帳の店、「大正10年」創業の老舗。

蚊帳のれんのグラデーション。
実際にこれだけまとめて吊るすことはあり得ないと思いますが、こんな風に贅沢に飾ってみたいような気もする。

突き当りをすぐ右へ、後はまっすぐ南下。

ならまち格子の家。奈良町の伝統的な町家を再現して、観光案内所にした建物。

ならまち散策 格子の家 -陰影を楽しむ
江戸時代末から明治時代にかけて、「ならまち」に点在した町家をモデルに建てられた施 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

陰影の美しい町屋空間 ならまち「にぎわいの家」


大正時代、古美術商の大隅家が所有していた「奈良町にぎわいの家」。

約704平方メートルの敷地内には、大正6年に建てられた木造2階建ての「主屋」や「離れ」、江戸時代後期の建築と推定される「蔵」がある。

玄関を入ると吹き抜けの青空。

暖簾に優しくひかりがさす。

建物の南側、通り庭の部分。天井が高く、広々としています。

この下にはかまどがあり、お料理にも使えるように修復されている。

壁は煤で黒く汚れ生活感漂う。

縁側からさすひかりがやさしい。

三つの座敷が続く、趣それぞれ。

廊下に差し込むひかり。

ひだまりでのんびり庭を眺めるのもいいかも。

花頭窓のある座敷。

邸は間口が狭く奥に長い、長い座敷に沿って庭があり、やさしくひかりがさす。

障子を照らすひかり。

格子にフィルターがかけられたよう。

厨子(ずし)2階、天上の低さが落ち着く、奥に茶室の躙り口のような部分が。

奥は展示スペース、「かのえさるはよあかし」三好剛生氏の作品が展示されている。

にぎわいの家へのアクセス、行き方歩き方

にぎわいの家公式サイト

奈良市中新屋町5
0742-20-1917

近鉄奈良駅から徒歩約13分
JR奈良駅から徒歩約20分
近鉄奈良駅、JR奈良駅より市内循環バス約15分『田中町』下車徒歩5分

レトロな町屋でお昼をいただく


茶房暖暖、なぜかだんだんでなくのんのん。

元々は江戸末期に建てられた商家を改装したもの、今日のお昼はここでいただく。

店から中庭が見渡せ、100年を超えるという梅の木。

土間の上の梁。元は煮炊きするスペース、かなり燻されていい色になっています。
江戸時代の建物で、かなり使い込まれた迫力を感じる。

鰻の寝床のような細長く奥に延びた造りの店内、まだ奥に続く。

吹き抜けから陽が漏れる。

奥の米倉には「らいぶ&ば~ 蔵武D(くらぶディー)」がある。

幕末から戦前まで米問屋が営まれた町家。

昭和60年代には町家を生かした民間資料施設「奈良オリエント館」として古代ペルシャの文物等が展示されていた。
現在は喫茶スペースやライブバーなどが入っている。

明り取り窓もいい風情。

やさしいひかりが゜射し込みます。

店の裏はかなり荒れている。

実がはじけたフヨウの蒴果が寒風に揺れる。

庭を抜けたところ、小塔院は、称徳天皇が藤原仲麻呂の乱による戦没者の冥福を祈るために造り、南都十大寺に置いた百万塔の小塔を安置するために造営された院とされる。

この小塔院は元興寺金堂の西南に位置しており、元興寺の西辺、平城京条坊を考えるうえで重要視され、1965年(昭和40)に国の史跡に指定された。

高さ5.5mほどの当時の木造五重小塔が、元興寺所蔵で現存し、奈良時代の五重塔の建築様式を伝えるものとして、国宝の建造物に指定されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

茶房暖暖へのアクセス、行き方歩き方

茶房暖暖公式サイト

奈良県奈良市西新屋町43 奈良オリエント館内

0742-24-9081

JR桜井線 / 京終駅 徒歩10分(730m)
近鉄奈良線 / 近鉄奈良駅 徒歩12分(910m)

興福寺門跡寺院庭園 大乗院庭園


興福寺の門跡寺院である大乗院の寛治元年(1087年)創建と同時に築造された庭園は、12世紀における平重衡による南都焼討で被災し、興福寺別院である定禅院跡地に移築されたが、ここも15世紀中期の徳政一揆で荒廃したため、復興を目的に尋尊が銀閣寺庭園を作った善阿弥父子を招いて池泉回遊式庭園を改造させた。

以降、明治初頭まで南都随一の名園と称えられた。

西小池、南池。

同庭園は室町時代の徳政一揆で荒廃したが、その後門跡尋尊大僧正の依頼により、室町時代に活躍した作庭の名手善阿弥によって改造される。

将軍足利義政を始め公家たちがしばしば拝観に訪れた。

庭園の一部は修復工事の最中、聖ラファエル教会が遠望される。

名勝大乗院庭園文化館2階からの眺め。

奈良ホテル入り口。

岡の上から庭園を望む。

奈良ホテル、第二次世界大戦前には国営(鉄道院→鉄道省直営)の時代が長く、関西において国賓・皇族の宿泊する迎賓館に準ずる施設としての役割をになっていた。

このため「西の迎賓館」とも呼ばれる。今日でも著名人が多く宿泊し、皇族の奈良宿泊の際にはこのホテルが利用されることが専ら。

本館は寺社の多い奈良の景観に配慮し、屋根上に鴟尾を置き壁面を白い漆喰仕上げとした木造2階建て瓦葺き建築で、内装は桃山風の豪奢・華麗な意匠とドイツ風の重厚な意匠が混在する、和洋折衷様式となっている。

聖ラファエル教会、軽井沢の聖パウロカトリック教会と同じくA・レーモンドゆかりのレーモンド設計事務所の設計になる建物。

軽井沢聖パウロカトリック教会
軽井沢聖パウロカトリック教会(かるいざわせいパウロカトリックきょうかい)は、長野 … 続きを読む →

関連記事
興福寺塔頭摩尼珠院の跡に造成された吉城園
吉城園は、二月堂の辺りを源流とする小川で、この吉城園の脇を通る「吉城川」から … 続きを読む →

大乗院庭園公式サイト

奈良市高畑町1083-1

JR・近鉄奈良駅→奈良交通バスで天理駅・下山行き「奈良ホテル前」下車すぐ、
JR奈良駅→徒歩20分、 近鉄奈良駅→徒歩15分

元林院町界隈


猿沢池の南西に位置する元林院町は、かつて興福寺の別院元林院があったところといわれ、江戸時代には、仏画などを描いた竹坊という絵師が住んでいたことから絵屋町ともよばれた。

町内を流れる率川(いさがわ)にかかる橋は今も絵屋橋といわれている。

もちいどのセンターから入る横町には古い店も残る。

ちょっと波型の窓枠が見えたり、レトロな味わい。

元林院町に残る「絹谷家」は、もとは「萬玉楼」という芸者置屋さんだったそうだ。

建物は三棟の主屋からなっており、大正時代の数奇屋風・江戸時代の町家・明治初期の町家と連なっていて、中央の建物は1742年の建築。

奈良町で最も古い町家の一つ。

元林院は奈良町の一角として当然歴史は古く、さかのぼれば室町時代からの町。

花街としては歴史的には比較的近年で、明治初年度から5年あたりから始まり、最盛期は大正~昭和初期にかけて、奈良の花街としてはお隣の木辻よりも賑わいがあったらしく芸者置屋12軒あまり、芸妓さんは200人を超えていたという。

明治時代、大火災に見舞われる。元林院町と南接する南市町も被害を受けた。

町にある八王子四之室神社は八王子権現(素戔嗚尊御子神)および姫大神を祀っているが、このとき火災の火がこの社裏で鎮火したと言い伝えられており、現在も町内で管理されている。

ふるそうな酒屋さんもあったりレトロな雰囲気を持つ界隈だ。
散策のついでに立ち寄ってみるのもいいだろう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

しあわせ回廊をのぞく

なら取材のついでに開催中の「しあわせ回廊なら瑠璃絵」を少しだけ覗いてみる。

興福寺では五重塔ライトアップ、東金堂夜間拝観高山竹灯り等が公開されている。

回廊(廻廊)とは寺社仏閣の建物や中庭を囲む廊下のこと。
文字のとおり境内を「廻る」ための道。

そして「しあわせ」とは、手のひら(しわ)と手のひら(しわ)を合わせること。

東大寺では光の演出も行われている、そして大きな手、手のひら(しわ)を表現。

大仏殿の観相窓(かんそうまど)が開扉されていて、大仏さまのお顔が拝見できます!イベントで開扉される機会も出てきましたが、基本的にお正月とお盆にしか拝見できないお姿です。

中門外側からの拝観。

夜参り提灯も行われている。

奈良国立博物館本館のライトアップ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

興福寺 五重塔夕景


鶴福院町から望む五重塔は「ならまち八景」のひとつ。
既に陽は西へ傾いている、パンフレットには夕景は必見とある。

五重塔と夕日の組み合わせ、ちょっと絶好のポジションは中々見つからない。
そのうち見つけよう。

南円堂も沈む夕日を背にとりあえず一枚。

三重塔、こちらも国宝なのだが見逃されがちではないだろうか、南円堂から見ているときは空も真っ赤だったが遅かりし。

食事の後再度南円堂、残照で紅く染まりきれいです。

五重塔ライトアップ、いつものポジションを変えてみる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!