下鴨神社


山城国一宮であり、葵祭でも知られる下鴨神社。
境内に広がる糺の森とともに京都でもかなり紅葉が遅いスポットです。

イチョウからモミジまで見頃が長いのが特徴。

下鴨神社の境内にある糺の森。約12万平方メートルの森にケヤキ、ムク、エノキなどさまざまな木が、色とりどりの紅葉が秋のシンフォニーを奏でているかのよう。

ただ森の中に屋台がづらりと並びひどく景観を損ねているのはみっともない。

河合神社、下鴨神社の摂社で糺の森の中にあります。

方丈記で有名な鴨長明は河合神社の禰宜の一族として生まれました。

禰宜になる希望がかなわず出家し、各地を転々としました。鴨長明が住んでいたという方丈が境内に再現されています。

今では美人祈願の神社として非常に人気があり、鏡絵馬が有名です。

樹齢数百年もの樹木が600本以上自生している。見渡す限りの紅葉トンネルは見事。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

旧三井家下鴨別邸


下鴨神社の南に位置する豪商・旧三井家の別邸。三井家11家の共有の別邸として三井北家(総領家)第10代の三井八郎右衞門高棟(たかみね)によって建築された邸宅。

芝生にも見えるが苔で敷き詰められている。
座敷から飛び石伝いに池泉回遊式庭園を散策できるが、庭園内は立ち入り禁止。

主屋は、三階に望楼をもつなど開放的なつくりで、簡素な意匠でまとめられている。

この地には明治42年(1909)に三井家の祖霊社である顕名霊社(あきなれいしゃ)が遷座されましたが、その参拝の際の休憩所とするため、大正14年(1925)に建築されたのが現在の旧邸で、主屋、玄関棟、茶室が現存していまる。

茶室は、次の間に梅鉢型窓と円窓を開けるなど特徴ある意匠になる。

建築に際しては、木屋町三条上るにあった明治13年(1880)建築の三井家の木屋町別邸が主屋として移築された。

昭和24年(1949)には国に譲渡され、昭和26年(1951)以降、京都家庭裁判所の所長宿舎として平成19年まで使用された。

近代京都で初期に建設された主屋を中心として、大正期までに整えられた大規模別邸の屋敷構えが良好に保存されており、近代和風建築として価値の高いことから、平成23年(2011)に重要文化財に指定された。

盛り過ぎました 京都植物園 紅葉


久しぶりに京都植物園を訪れたが紅葉は見頃を過ぎていた。
画像は「風と舞う」

それなりに奇麗だが・・・・

なからぎの森の池のほとりも落ち葉ばかり、盛りにはカメラマンが群がっているが今日は静かです。

少し奥に行くと風情のある橋が、辺りでは大勢の写生の人たち。

会社のある風景、この辺りも写生の人たちで一杯でした。


フウの紅葉゛迫力、像は「ラ・クープル」

コロラドトウヒ ‘ホプシー’は北米ロッキー山脈原産の常緑針葉高木「コロラドトウヒ」の園芸品種で、銀緑色の葉色が最も美しいとされる代表品種。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪市立大学付属植物園 紅葉終盤


植物園出入り口の橋を渡ったところにキダチダリアが植えられており見頃を迎えています。

朝の光を浴びてススキがきれい。

お目当てのメタセコイヤの林にやってきました。

見頃を少し過ぎていますが赤茶色に色づいた紅葉は見事です。

林の中ではメタセコイヤの落葉が降り注いでいます。
池の中はメタセコイヤの葉っぱが浮かび、朝日を浴びてきれいです。

メタセコイアは1941年に元園長である三木茂博士が化石植物として命名したもので、日本で二番目に古い苗木が現存しています。






カエデ山に向かいます、まだまだ紅葉は見事です。

もみじの紅葉は残っていますが、カエデ山は台風21号で大木がいくつも倒れていて、敷地の半分は立ち入り禁止になっていて残念です。




エノキの紅葉。


日本産樹木見本園では多くの枯れ木を見ることができました、別途紹介します。

ヤシ園からタケ・ササ園を望む。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ええ女いまっせ~!!


再び京橋、「JR京橋駅リニューアル工事」に伴って壁アートが出現、「フォトジェニック」な場所や「インスタ映え」する飲食店が立ち並ぶ。

工期は2017年8月下旬~2021年(予定)、壁にはアクセスの良い京橋駅の象徴として、大阪の象徴となる絵がちりばめられ、「行ってみたい」「乗ってみたい」大阪環状線をイメージ。

大阪市の中心より少し東側に位置する京橋は、大阪市一のビジネス街でもあり、少し足をのばすとコリアンタウンで有名な鶴橋や、大阪城などもある色んな顔を併せ持った街です。

JR各線や地下鉄、京阪電鉄なども乗り入れる大阪屈指のターミナルにもなっており、大阪の中心地・梅田へはもちろん、郊外へのアクセスも便利な場所にあります。

一方、京橋は立ち飲みの街としてもつとに有名、現地を訪れてみるとなんと昼間から満員清教の店も。

そんな京橋で、仕事帰りにふらっと、友人でワイワイ、はたまたデートにも。

前回の記事

京橋駅界隈ブラブラ
大阪府の繁華街にある乗換駅としては、キタ(大阪駅・梅田駅周辺)やミナミ(難波駅周 … 続きを読む →

新京橋商店街 ビギン京橋
「ビギン京橋」の愛称で親しまれる新京橋商店街。 そのシンボルでありランドマークは … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

雨後の住之江公園


部屋の窓から目の前の公園を眺めていてふと雨後の公園の撮影を思いつく。

雨に濡れた紅葉、しっとりとして中々いい。

これで石仏でもあれば最高なんだけどな、つい贅沢なことを考えてしまう。

水滴をため込んだ葉っぱ。

野球場の周りを雨後の散策を楽しむ老夫婦。

イチョウの落ち葉がきれい。

この道は電車に乗るときにいつも通る道、いつもは子供たちのにぎやかな声が聞こえているが今日は人もまばらで静かです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

馬の寺 石馬寺


石馬寺は、滋賀県東近江市五個荘石馬寺町にある臨済宗妙心寺派の寺院。

山号は御都繖山(ぎょとさんざん)。
本尊は十一面千手観世音菩薩。

自然石に刻された寺号碑が建っています。
この地には聖徳太子が建立された大門が建ってたそうです。

伝承によれば、今からおよそ1400年前に霊地を探していた聖徳太子が当地を訪れ、繖山(きぬがさやま)の山麓の松の木に馬をつなぎ山上に登った。

山の霊異に深く感動して戻ってくると、馬は石と化して池に沈んでいた。

これを瑞相と捉えた太子は、山を御都繖山と名付け、この地に寺院を建立し、石馬寺と号したという。

聖徳太子筆と伝承する「石馬寺」の木額や太子馬上像等を所蔵する。
登山口付近には、石馬が背中を見せている蓮池がある。

乱れ石積みのかんのん坂

山門跡から本堂へは、苔むした自然石の乱れ石積みの階段が続く。

この石段はかんのん坂と呼ばれ、百段ほど上ると途中で二つに分れ、左は山上の神社へ右へとれば寺へ達する。

古くより僧や行者をはじめ、多くの人々が信仰を求めて歩いた跡が偲ばれる。

上り出してすぐ左に僧坊跡。
未整理の石仏がごろごろころがっています。

しばらく石段を上ると左右に道があり、右手に曲がると石馬寺、左手に曲がると六所神社、直進すると雨宮瀧神社へ続く道のようです。

右手の案内板に「亡者の辻」とあります。

この辺りは霊がさまよう辻ということなのでしょうか?

直進すると雨宮瀧神社へ続く、特に何もないそうだ。

右に曲がり石馬寺へ向かう。

参道には五輪塔を中心に石仏が並んでいます。

永禄11年(1568年)、織田信長の兵火を受け、伽藍や院坊等が焼失する。

その後、寺領及び山林を没収され、山主や僧徒は退散を命じられた。
慶長8年(1603年)徳川家康により石馬寺が復興。

寛永11年(1634年)、徳川家光の上洛にあたり、旧神崎郡伊庭村に造営された御茶屋御殿の伊庭御殿を移して大方丈とした(旧本堂)。

正保元年(1644年)11月、奥州松島の雲居希膺(うんごきよう)を中興祖として招き、臨済宗妙心寺派の寺院となる。

頂上が見えてきました。
石段は約300段。

本堂。

本堂脇に不動明王石像。
ユニークです。

本堂から鐘楼を見る。

太子駒繋ぎの松。

さりげなく壁面に聖徳太子筆と伝わる、石馬寺と書かれた扁額。

『かくれ里』白洲正子 新潮社

繖山の裾を東へ向かっていくと、近江商人発祥の地である東近江市の五個荘に出る。
白洲さんは、まちはずれの石馬寺(いしばじ)を拝した。

「苔むした自然石の石段がつづく。(中略)下から見あげる茅葺きの本堂は美しい」(同)と描写し、お堂の中へ。

「私の興味をひいたのは、水牛に乗った大威徳明王であった。
等身大一木作りの、のびのびとした彫刻で、ことに水牛がすばらしい。

頭をちょっと左にかたむけ、恭順を示しながら、一朝事であれば飛び出しそうな気配である」。

苔と石組に圧倒される小堀遠州の庭園 教林坊


教林坊 総門。

教林坊は、滋賀県近江八幡市安土町にある天台宗の仏教寺院。
聖徳太子により開かれたと伝わり、石窟に祀られた伝聖徳太子作の石仏「赤川観音」を本尊とする。

教林坊 表門。

総門から暫くは大した紅葉もなく少しがっかり、しかし表門あたりからにわかに錦秋の真っただ中。、

境内は2000坪、紅葉は300本近くあり、滋賀屈指の紅葉の名所です。

由緒も趣もある教林坊だが、昭和50年頃から後継者に恵まれず無人になっていた。

庭園は地元の人々が手入れをしていたが、本堂をはじめ建物は荒れ果て「お化け寺」と呼ばれるまでになっていた。

廣部光信氏が住職に就任したのは平成7年のこと。
私財を投じ、ご自身で大工仕事も行いながら復興に尽力し続けた。

地域の人のあたたかな支援にも助けられ、現在は立派な姿を取り戻し、寺を訪れる人も増えている。

寺名は林の中で太子が説法したことに由来するとされ、境内を真っ赤に染める紅葉の名所および巨石を用いた桃山時代の庭園で知られている。

書院を抜けると小堀遠州作の石の庭園があります。もともとこの辺りは古墳があって、佐々木氏の名前の起源も御陵(みささぎ)から来たと言われています

そんな古墳の巨石を利用した見事な庭園が広がっており、教林坊が「石の寺」と言われる所以となっています。

境内には「太子の説法岩」と呼ばれる大きな岩があり、木々に囲まれたこの岩の上で観音の教えを説いたところから号が「教林坊」となったといわれる。

また太子が観音と出会った霊窟に、本尊の石仏や聖徳太子が瞑想したと伝えられる止観石が残されている。

庭園は巨石もろとも見事な苔に覆われており、緑のじゅうたんの上に落ちる紅葉や草花の赤が映えます。

書院南面庭園は「普陀落の庭(ふだらくのにわ)」と呼ばれ、室町時代に作庭された。苔庭には飛石による苑路が設けられている。

書院も江戸時代前期に作られたもので、ヨシ葺きで合掌造りとなっています。

書院の周りでは落ちた紅葉の葉が赤い絨毯のように広がっています。

太子自作の石仏・赤川観音は子宝を祈念した村娘に子を授け、その娘が難産で苦しみ安産を祈ったときは帝王切開によって助けたという言い伝えがあるため、子授け・安産のご利益があるとされ、「九十九折れ たずねいるらん 石の寺 ふたたび詣らな 法の仏に」とご詠歌に詠われるように、困難な願い事も二度詣ですれば叶う「再度詣りの観音さま」としても信仰されている。


石仏、紅葉が冴えていました。



境内の紅葉を取り囲む竹林の青も美しく見ごたえがあります。

赤が見事。



『かくれ里』白洲正子 新潮社

白洲正子は著作「かくれ里 石の寺」の中で、~麓の石寺という部落は、世捨人のような風情のある村で、かつては観音正寺の末寺が三十以上もあり、繁栄を極めたというが、現在は教林坊というささやかな寺が一つ残っているだけである。~
と紹介しており、麓の雰囲気も含めひっそりとした侘びさびの世界を味わえる場所となっています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

錦秋の大仙公園 日本庭園


総面積26,000平方メートルの日本庭園。堺は中世の頃、海外交易の拠点として栄え、さまざまな技術や文化が上陸してきたところ、日本庭園の源流となった庭園技術も、この時に伝わったといわれている。

公園内にある日本庭園の作庭・設計者は足立美術館庭園が有名な中根金作によるもの。

堺市政100周年を記念し造られた大規模な築山林泉回遊式庭園はさまざまな草花が楽しめます。
毎年紅葉期にはライトアップも開催。

大仙公園の庭園は、伝統的な日本庭園の作庭技術を駆使しながら、築山林泉廻遊式庭園様式でまとめられており、南側台地の「桃源台」と、南から北へ流れる「石津渓」、北側低地の3つの風景で構成されている。

檜づくりの門をくぐると、中世堺の豪商たちの集会所「納屋衆」を模した休憩所、孫悟空ゆかりの中国花果山の石を刻んだ曲水が楽しめる「流杯亭」、野点や盆栽展を楽しめる「桃源台」などがあり、渓流沿いに歩めば「傘亭」に至る。

堺の文化風土を感じつつ、四季折々の花やみどりの移ろいを楽しめる。

池泉の南部は遣り水となっており案内板によると「石津渓(いしづけい)」と名付けられている。

四季折々の風景が楽しめるが紅葉の頃はひときわ美しい。

この時期の風景にはなくてはならないススキ。

少し曇り空だが紅葉はそれなりに美しい。

雨になりました、鳥たちも寒そう。

日本庭園 夏宵 夕涼み演奏会
大仙公園 日本庭園 夏宵 夕涼み演奏会、今年も来ました。 演奏が始まる頃にはちょ … 続きを読む →

伝統的な日本庭園でライトアップ
大仙公園の日本庭園で一日限りの夜間ライトアップがあった。 大仙公園内に市制100 … 続きを読む →

和太鼓と津軽三味線 怒濤のライブ!
大仙公園日本庭園で和太鼓と津軽三味線のライブが行われた。 グループの名は「蓮風」 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大仙公園のイチョウ並木


大仙公園のイチョウ並木、イメージとしてはもう少しボリュームもあり、立派なものと考えていたが少しがっかり。

今年だけの特徴なのかすでに紅葉は終わってしまったかの印象を受ける。

平和塔

大仙公園の中央部に、昭和46年に建設された。

第2次世界大戦で、なくなった堺の多くの戦死者や、戦没者の方々の霊をなぐさめ、ニ度と戦争の無ない、いつまでも平和な世の中であってほしいという願いをこめて建てられた。

高さは約60メートル、地上十五階建ての三角柱の建物で、堺市の市章にもあるように、摂津・河内・和泉の三つの国の国の境に栄えた町というところから三角の塔になっています。

世界遺産に認定された仁徳天皇陵、日本書紀などに伝えられる仁徳・履中の在位順とは逆に、履中天皇陵古墳よりも後で築造されたことがわかっています。

考古学上は仁徳天皇の陵であるとすることに否定的な見解が唱えられているが、築造時期が5世紀前半~中頃との見方が確定することによって、むしろ文献史学上で想定される仁徳天皇の活動時期に近づくとする見解もある。

ただし、宮内庁が調査のための発掘を認めていない現状において、学術上ここが仁徳天皇陵であると確定することは不可能となっていることから、現在では、教科書などを含めて「大仙陵古墳」とされており、「仁徳天皇陵」は注記に「伝仁徳陵」となるに留まっている。

大仙公園でお目にかかれる仁徳天皇像、この地が「百舌鳥耳原(もずみみはら)」と呼ばれることになった由来を表しています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!