冬の空はダイレクトできれい


冬の空はダイレクトできれい、渡部さとるさんの言葉です。
この画像は朝7時過ぎに家のベランダから撮ったもの。

青い空に白い雲がぽっかりと浮いています。

カメラを持って出かけました、街ゆく人は寒そうです。

大阪護国神社の空もきれいです。

園児たちが元気に早朝ウォーキング。

新しくできた「バリアフリー」用のスロープ、陽に照らされて眩しい。

枯れ枝も形がきれい。

空気が濁っているか澄んでいるかは、空気中に含まれている水蒸気やちりなどが多いか少ないかによります。

冬は夏に比べて気温も低く、対流活動も弱いことから空気中の水蒸気やちりなどが少なく、このため冬の空は夏の空より澄んで見えます。

空が青いのはレイリー散乱、雲が白いのはミー散乱。
なぜ空は青くて、雲は白いのでしょう。

ずは空が青い理由、これは「レイリー散乱」と呼ばれる現象。

大気にある粒子に光が衝突すると「散乱」と言う現象が起こります。

その中でも光の波長よりも小さな粒子に衝突し拡散する現象のことを「レイリー散乱」といいます。

何故青いか?

太陽から降り注ぐ光は散乱しますが、短波長の方(つまり青)が拡散しやすい性質があります。

細かいことは置いておくと青は赤の16倍拡散します。

その結果として私たちの目に入る前に空と言う空に青色成分が拡散し青く見えるのです。

ちなみに空を見上げると深い青から薄い青というようにグラデーションが掛かっていますよね。

それは何故かというと拡散の強度が光の入ってくる方向と、その成す角度に関連があるからなんです。

ミー散乱とは
先ほどのレイリー散乱が、光の波長より小さな粒子に衝突したときに発生するのに対し、ミー散乱は光の波長と同程度の大きさの粒子に衝突したときに発生します。

またレイリー散乱では短波長成分が拡散しやすいのに対し、こちらはどの波長も同じくらい拡散します。

同じくらい拡散するということはそれはほとんど白色光ということ。光は重ねると白くなる、と言うことは中学生くらいの頃勉強しましたよね。

身近なところで例をあげるとするとたばこですね。

たばこの先から出る煙(副流煙)は微粒子でレイリー散乱をおこし、口から出す煙(呼出煙)は水蒸気を含みミー散乱します。

大気汚染で白くかすんで見えるのもミー散乱…らしい。大気汚染といえば、今となっては久しく聞かなくりましたが私が子供の頃は光化学スモッグ注意報なんかも出ることがありました。

ちなみにこのような雲の間から差し込む光の光線がよく見えるのもミー散乱の一種であるチンダル現象で、薄明光線、天使の梯子と呼ばれているらしいです。

このように冬の空はダイレクトできれいということから色々と考えてくると面白いことがいくらでも出てきますね。

また、最近縦構図をよく使うのですが、それは縦構図は物語性に富んでいるからなのです。

今回は理屈ばかりで申し訳ない。
散歩しながらついでに勉強できるって楽しいことだと思いませんか。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

感度分の16


「感度分の16」写真家の渡部さとるさんが提唱されてる撮り方です。

晴れたら絞りをf16、シャッタースピードを感度の数字と同じにすればいい。
海外では「サニーシックスティーンルール」と呼ばれる露出の決定方法だ。

基本は感度400なら1/400秒f16にする。
フィルムカメラなら/250秒f16でも大丈夫。
青い空と白い雲をくっきり写すことができる。

渡部さんの著書「旅するカメラ」に書かれている

なにせ地球を周回しているISS(国際宇宙ステーション)が地球を撮影するときの露出と同じなのだ。

NASAではニコンのデジタルカメラを使い「ISO200に設定、シャッタースピードは1/200秒、絞りはf16にせよ」と指示が出ている。

宇宙から見れば、晴れているところの光の量に差が無いことがよく分かるはず。

今ではそんなこと考えなくてもカメラが自動でやってくれる。

しかし、自動的にやってくれるからでは撮る楽しみも何もあったものではない。

彼はいろいろなシチュエーションに対応した格言を提案してくれている。

試してみたくなった、病院の帰りにアベノで早速撮って見た。

今日は今季最大の寒波が襲来して天気もころころ変わり、風が強く寒い。

今までに撮れなかったようなシーンも撮れた。

改めて露出の勉強をさせてもらった。

ハルカスに移動。

二上山が見えています。

富田林のPLの塔。

伊丹へ急ぐ飛行機。

ガラスの映り込み、対策して取り直しに来よう。

「旅するカメラ」は写真クラブの人から借りたもの、ネットを検索しているうちに見つけた情報だが、「感度分の16「」は「旅するカメラ2」2に書かれている。

早速アマゾンに発注。

「感度分の16」から新しい撮影方法を発見、撮影手法が一つ増えた。

ところで、11月から2月は光がダイレクトで空がきれいだ、この時期にしか取れない空を撮っておこう。

空が青いのはレイリー散乱、雲が白いのはミー散乱。
なぜ空は青くて、雲は白いのでしょう。
空が青いレイリー散乱と、雲が白いミー散乱を調べてみよう。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

河内小阪


栗林書房

昭和7年創業、初代社長は栗林秋治郎さん。
元は長瀬の古本屋から始まり、後に現在の小阪本店に移りました。
そして、本店だけでは手狭になってきたため、文庫の店とレッド小阪店を順に展開。

東大阪の著名人である司馬遼太郎さんもこのサービスを利用していました。

司馬さんのエッセイ本「以下、無用のことながら」では、栗林書房が「駅前の書店」という見出しで登場します。

そのためか、司馬遼太郎記念館に訪れた人が寄ることもあるのだとか。
「わざわざ鹿児島からやってくる方もいらっしゃいましたよ。

司馬遼太郎記念館へのルート、八戸ノ里駅からのルートもある。

ウラ小坂、何ともレトロな名前。

河内小阪駅から南のアーケードに入り、少し東に入ったあたり。
若干分かりづらい路地。

高田川部屋所属「須磨の海」が「おでんとホルモン煮 須磨」を開店したのもこの路地。

理髪店を営む家主が廃材を用いて自力で建てた、自宅と店舗を兼ねた歴史的な背景の無い城郭風建築物。

まもなく司馬遼太郎の命日「菜の花忌」がやってきます。
住民こぞって司馬さんの好きだった菜の花を植えて記念しています。

司馬遼太郎記念館 菜の花が満開です
司馬さんの菜の花忌は2月12日に終了しましたが、今年は例年になく菜の花の生育が悪 … 続きを読む →

また、今年で生誕100年に当たります。

念財団」は、ファンを対象に最も好きな司馬作品についてインターネットでアンケート調査を行い、1567人から回答がありました。

調査の結果、最も人気を集めた作品は、『坂の上の雲』でした。

近代国家として歩み始めた、明治維新から日露戦争までの日本を松山出身の秋山好古・真之の兄弟と正岡子規の3人を軸に描いています。

「まことに小さな国が開化期をむかえようとしている」という書き出しも有名で、中高年や男性を中心に、全体の20%余りの支持を集めました。

次いで人気だったのは、幕末の志士、坂本竜馬の短くも劇的な生涯を描いた『竜馬がゆく』で、およそ15%の支持を集め、男女を問わずすべての世代で幅広い人気でした。

3番目は同じく幕末を舞台にした『燃えよ剣』。
新選組副長として剣に生き、剣に死んだ土方歳三が主人公です

小坂神社は、東大阪市下小阪に鎮座されています。

御祭神は、天水分神(あめのみくまりのかみ)、国水分神(くにのみくまりのかみ)、受鬘神(うけのりのかみ)。

小坂神社略記によりますと、天正二十年(1592)、十八軒の家がこの原野開拓に当たり、水利至便、五穀豊穣を祈願する為、小坂神社を奉祀したのが小坂神社の起こりとされています。

弥栄神社(いやさかじんじゃ、やさかじんじゃ、やえじんじゃ、やえいじんじゃ)

創建年代は不明で元は牛頭天王と呼ばれていた。
 
その名からもわかるように御祭神は、須佐之男命です。
 
石山合戦で焼失し、1600年に再建。
 
1872年、現社名となっております。

木村重成、大坂城炎上の無念

重成が決死の覚悟をした場所か!

大坂夏の陣で木村重成は、大坂城の救援に向かう途中、この地で城の炎上を見、馬の上に立って城に別れを告げ、戦地へ引き返し戦死したことから、この地が馬立と呼ばれるようになったという。

乱世を生きた戦国武将最後の地を巡る 若江の戦い
八尾・若江の戦いは、豊臣家の江戸幕府に対する最後の抵抗を鎮圧するために行われた大 … 続きを読む →


この辺りは大阪空港への着陸コースに当たっており東からの航空機はすべて通過する。

今日は午前中は風もなく陽が射して暖かい日でしたが夕方になるにつれ曇りがちとなり風も出て寒い夕暮れとなった。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

厳冬期の長居植物園


今日はクラブの撮影会、少し早めに行き人気の桜珈琲のモーニングを。

堺市鳳に本店を構える桜珈琲店、店は桜を植えた中庭を囲む吹き抜けの回廊式。

今日は桜モーニングをチョイス、トースト2種類とサラダ、ハムエッグ、朝食の栄養に欠かせないヨーグルトフルーツなど、ボリュームたっぷりの内容。

フルサイズだとあまり撮らないのだが小型カメラはこういうシーンも撮りやすい。

席から吹き抜けの青空を眺めながら・・・・
フレアーが気になるが・・・ 

作品のイメージづくりをしながらの散策、こういう光と影の部分は撮影が難しい。

長居競技場のスコアボード、おあつらえ向きに斜光が・・・

木の枝のシルエットもいいな。

林の中に原色のドラム缶発見、普段は何でもないドラム缶だが斜光を浴びてきれいです。

バーベキューガーデンのテント

放置された自転車

息抜きに演芸店に寄ってみる

チームラボのセット

大池の林のシルエット

紅葉を残すフー

バタバタという音に振り向いてシャッターを切るが撮り逃してしまった、拡大して見てください、主題の鳥は画面から外れ気味。

こんなん作品になるんかいな、心配無用、タイトル次第。

額縁構図

ミニマル写真を狙ったが少々無理があるかな。

覇を落とした木とリフレクション、チョット寸足らずかな。

チームラボのセット、撮りだしたらキリがない。
自分が写ってしまいNG写真続出。

夢中になっていたらロープに引っかかって転倒。
仲間も気が付いたのだが寝転んで熱心やなと無視・・・

こんなん作品になるんかいな。

気が付けば空模様が怪しくなってきた。
時計を見ると2時過ぎ、夢中になりお腹のすいたのも忘れている。
何やら愉快な撮影風景でした。

翌日、仲間の一人が転倒後を心配して電話をくれた、やはりこういう気づかいはうれしいね。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

咲洲キャナル 取り残された運河


咲洲キャナルは全長1.3kmの運河だ。
最寄り駅は大阪メトロのコスモスクエア駅。

キャナル西端は水路がプッツリここで途絶えて終わり。
風情もなにもない。

横に階段があり、これを登ると…海が開ける。

シーサイドコスモという緑地公園になっている。

小さなトンネルを抜けると

トレードセンター前駅につながるが運河はまだ先まである。

途中は空き地を見ながら進む。



トレードセンター前駅から北を望めば、アートグレイス ウエディングコースト大阪という立派な結婚式場がある。

そして視線を少し右に移すと、ニュートラムの地下からの出口が見える。

その先はシーサイドコスモを越えて六甲の山並みが広がる。

ほんのわずかな距離しかないのに繁栄につながる地域と取り残された地域が共存している。

このわずかな部分が何とかならないものかと歯がゆい。

目の前で進行しているビッグチャンスとつなげて考えてほしいものだ。

運河とシーサイドコスモをつなげは立派なウォーキングコースができる。

東側はハイアットリージェンシー、トレードセンター前駅が見えている。

アクセス 地下鉄中央線「コスモスクエア駅」徒歩3分

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

このまま朽ち果てるのか


2000年7月に大阪市住之江区の南港・咲洲海洋博物館として開館した「なにわの海の時空館」ですが、入場者数の低迷により2013年3月に閉館し、その後活用されることなく現在に至る。

総工費176億円もかけたのに、お金の使い方が間違っている気がする哀しいスポット。

全長約30メール、総重量約90トンもの巨大な船をクレーンで運び入れてから施設を建てた為、船か博物館のどちらかをぶっ壊さなければ運び出すことが出来ないとか。

出入口は海中トンネルだけだからね。

廃墟化は今も続いている。

しかし一定の管理はされているのだろう、雑草が生い茂っているわけではない。



これは「なみはや」という古代船、、実際に大阪湾に浮かべる実験もしていた。

そして目の前では夢洲で万博の工事進んでいる。

政治家は新しいものにしか興味がないのかな。

皆で寄ってたかって食い散らかしたものが廃墟として残るのか。

目の前で進行しているビッグチャンスを指をくわえてみているだけで終わらせてほしくないと思う。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

シーサイドコスモ


シーサイドコスモは、大阪府咲州庁舎の北、Osaka Metro南港ポートタウン線のコスモスクエア駅の東に位置する。

釣り場となるのは、駐車場の北の海辺一帯だが、「魚釣り開放区域」の看板がある約200mほどだけ。

しかし、ここは明らかに禁止区域、無神経にもほどがある。

今日は風が強く、寒いが新しく買ったカメラの試し撮り。

最近、フルサイズは重いと感じだして、ポケットに入る程度の小型機が欲しいなと思っていたが迷った末、OLYMPUS PEN E-P7を購入した。

本体、289g、レンズ、標準ズーム14-42mm 93g、望遠ズーム40-150mm 190g、単焦点17mmf1.8 120g 合わせて692g レンズ3本持ってZ6の本体重量約675g並 狙いどうりだ。

画像は夢舞大橋、レンズは標準ズーム14-42mm(35mm換算 28-84mm) 写りも予想通り。

対岸は兵庫県、六甲の山並みも綺麗に写っている。

湾岸線、その向こうのアーチ橋は43号線。

上空には伊丹を離陸した飛行機が。

レンズは望遠ズーム40-150mm(35mm換算 80-300mm)、なんと重量は190g。

写りも予想外に綺麗だ。

六甲の山並みも綺麗に写っている。

カメラはマイクロフォーサーズ。

最近はプロもマイクロフォーサーズを使う時代、もちろんカメラはそれなりのものを使っているが、カメラを取り巻く世界が大きく変わり始めている。

シルバー世代の散歩カメラと考えている。



急に陽が射し、明るくなった。

明石海峡大橋、主塔のライトも確認できる。

レンズの脱着等ニコンと逆で戸惑いながら使っている。

小型だけに操作系が一段下にあるため慣れるまで戸惑う、慣れるしかないね。

それと手振れ補正が4.5段、慣れれば手持ち撮影4秒が可能、防塵防滴に優れていてレンズにごみが付着しにくい等の特徴がある。

上位機種にはオリンパスにしかない数々の機能があり、ニコンから乗り換えたいくらいだ。
関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

晩秋



関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

秋麗(あきうらら)




関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

栄華の果て






関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ