チン電と夕日


チン電と夕日を狙うには絶好の日和だ。
大和川、遠里小野大橋の下で日差しを避けて時間待ち。

魚とりの二人連れが通りかかる、スプ濡れの奮闘。

東側を南海高野線が通る、アルミボディが西日を受けて輝く。

堤防上を急ぐ人。

狭い堤防上の道路は自転車の人にとっては危険がいっぱい。

トラムが来た、ちょうど窓に夕日を受ける位置で捉えることができた。
我孫子道以南はラッシュの時間帯でも1時間6本しかダイヤがない、ひたすら待つしかない、夕日の位置と運よく当たった。

もう陽が沈んでしまう、あと一本撮りたい・・・・・

来ました、今日のラストチャンス。

かつて見た日本各地の朝日夕日
旅行の途次好んで朝日夕日を撮った。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">