尼崎寺町散策 全昌寺


兵庫県尼崎市寺町にある曹洞宗の寺院。
山号は桃源山。

慶長年間(1596年~1615年)膳所藩主・戸田氏の菩提寺として戸田甚五郎が膳所桃木原(現・滋賀県大津市)に建立したと伝えられる。

元和3年(1617年)戸田氏鉄が尼崎藩主として移封された際、随伴した僧・雪山呑秀により当地に再建された。

寛永11年(1635年)、戸田氏鉄の美濃国大垣藩移封により大垣でも「全昌寺」を建立、尼崎を本院とした。

文政5年(1822年)の火災で記録などが焼失、阪神淡路大震災でも被災し、鐘楼などは再建された。

曹洞宗の本山である総持寺(神奈川県)の輪番地寺院としてたびたび禅師を送り出した名刹です。

檀家には尼崎藩旧松平家の家臣も多く、漢学者の豊島成温、内田頼重らの墓所としても知られています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">