北浜にレトロビルを訪ねる


北浜駅の近くにあり、壁一面に蔦の絡まった独特の雰囲気のビル。

蔦は甲子園から株分けされたという。

国登録有形文化財で、隣の伏見ビルとともに大正時代のビル。

館内には建設当時のステンドグラスやガラス窓が現存しており、階段の手すりのねじり細工、食堂(現在は珈琲店)のマントルピースや、葡萄模様の施された梁など、建物の各所に施主のこだわりがうかがえる。

薬問屋街の道修町に残る旧小西家住宅は、近代大阪の町家を集大成した和風建築(国の重要文化財)。

小西家は、初代儀助(ぎすけ)が安政3年(1856)、京都から大阪道修町に出て薬種業・小西儀助商店(現・コニシ株式会社)を創業したことに始まる商家。

現在の建物は明治36年(1903)から3年かけてつくられたもの。
主屋裏には奥庭を挟んで衣装蔵および二階蔵がある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">