坂の上の異人館(旧中国領事館)


久しぶりの異人館街訪問。
年末というのに大勢の人出です。

中国の政治家・王兆銘(1883~1944年)が1940年、南京に親日政府を樹立したとき、中国領事館として神戸に建てたものが始まり。

現代中国画壇の第一人者、王成喜の墨彩画「春」はこの館の絵画郡の中でもひときわ目立つ。

一時期中国領事館として使われていた歴史から、館内のインテリアは明朝(1368年~1615年)~清朝(1616年~1911年)に至る中国の貴重な家具、調度品、美術品で統一されています。

数ある神戸異人館の中でも、唯一東洋的な建物です。

こちらは寝室、ベットは中国の雰囲気のものが置かれていました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">