京都迎賓館 庭園

京都迎賓館の庭園は、御苑の緑を借景とし、広大な池を中心に、様々に表情を変えつつ、まわりの建物に融け合うように配置されています。

これが、古くから日本人の住まいに貫かれた伝統「庭屋一如」(ていおくいちにょ)の思想です。

廊橋の天井は、船底を逆さにしたような形で、中央部が高く、両端が低くなった「船底天井」で、吉野杉を使用しています。四隅には、昆虫の透かし彫りが施されています。

廊橋を境に池の水深が変わっており、島の配された「海」の部分と、「ネビキグサ」のある「水田」の部分に分かれます。

廊橋天井の四隅に施された透かし彫り左から蟋蟀(こおろぎ)、鈴虫、蜻蛉

様々な木々や花々が植え込まれており、四季折々の色が楽しめるようになっています。

北側の池には様々な色をした錦鯉が放たれています。海外の賓客に、餌やりをお楽しみいただいております。

山越村の鯉も大きくなっていた。

繁殖しているらしく、稚魚もたくさんいた。

サギはその稚魚を狙っています。

海外からの賓客に、和舟に乗って日本の文化「舟遊び」を楽しんでいただきます。

池の浅さを考慮して、底が平らになっています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">