森の中の家 安野光雅館

兵庫県
カレンダー
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


「森の中の家 安野光雅館」は、安野さんの描く繊細で柔らかな水彩画の世界に相応しく、森に抱かれてひっそりとたたずむような美術館。

開館は2017年6月23日。

また、安野さんは司馬遼太郎の紀行文集『街道をゆく』の装画も担当しており、おなじみの方も多いと思う。

それは56種類、3万本の木の森の中にある。
当日は、ヤマブキの黄色がまぶしかった。

次に現れる世界への期待を胸に抱かせる美術館に続く長い回廊、周囲の景観に溶け込む杉板張りの外壁、採光の為のわずかな開口部より外の自然を感じながら絵画を鑑賞できる展示室。

和久傳は現在、京都市で料亭を営んでいるが、創業の地は京丹後市峰山町。

女将の桑村綾さん(76)は安野さんの絵をこつこつと集め、丹後に恩返しをしたいと美術館を造った。

設計はお馴染みの安藤忠雄氏、美術館に至るまで、折れ曲がった長居回廊を移動することで、次に現れる世界への期待を胸に抱かせる。

安野さんは、天皇皇后両陛下の本を装丁したご縁から、平成23年(2011)1月から翌年4月にかけて、皇后の御所の庭を訪れ、四季の花々をスケッチする機会に恵まれました。

その写生をもとに制作された水彩画は今までの安野さんの作品とは一味違った世界を見せてくれます。

現在展示中の「御所の花Ⅱ」は130点の作品中の後半の部分を展示。

展示が終わると献上される予定とか、そうなると二度と見れない作品になります。
今のうちの鑑賞をお勧め。

丹後の食材を使う工房レストラン「モーリ」も併設。
多くの人が集う場にし、雇用を創出して地域活性化につなげたいと語っている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!