遠の朝廷と防人を訪ねて⑤

大都市の目の前にありながら僅か10分の船旅で都会の喧噪を忘れられるとあって、福岡市民の身近な行楽地として親しまれる。
福岡でも屈指の菜の花・桜・コスモス・水仙の名所で、満開のころは一年で最も混雑する。

能古島が初めて登場する文献は『平安遺文』。
731年(天平3年)頃の住吉神社の社領を記述した文中に「能護嶋」の名で登場する。

『能古島の歴史 防人(さきもり)の島』 現地案内板より

「天智天皇の2年(663年)、唐・新羅の連合軍に攻略された百済の救援に向かった日本軍は、白村江の戦いで大敗した。

それ以降、北九州や壱岐・対馬などは、国を守る第一線となり、律令政府は、城を築いたり海岸に兵士を置いて守りを固めさせた。

九州や壱岐・対馬を守るこれらの兵士を「崎守」「岬守」といい、中国唐の制にならって「防人」の字をあてた。

諸国の防人は難波(大阪)の港まで歩いてきて、そこから船に乗り、九州に向かった。

防人は3年交替で食料などは自分持ちだったため、ひとりの防人が出れば、その家は滅びるとまでいわれた。

8世紀を通じて防人のほとんどは東国の兵士であったが、天平宝字1年(757年)には、東国防人が廃止され、西海道7国の兵士2000人がこれに従った。

なお、万葉集に「也良乃崎守」とある也良は、能古島最北端の松尾の荒崎をさし、対馬・壱岐以外での防人の配置を示す好例である。

“沖つ鳥 鴨とふ船の 帰り来ば 也良の防人 早く告げこそ
山上億良 巻16-3866

沖に棲む鳥の鴨という名の船が帰って来たら、也良の崎守りよ、早く知らせておくれ。

永福寺の入り口のだるまさん。

永福寺、能古島にあるお寺。

創建の由来は不明なのだそうですが、祇園山笠発祥の地として知られる承天寺の末寺という。

福岡の地行にある金龍寺ともかかわりが深いお寺ということで、曹洞宗に属する。
とてもきれいに整備されて、境内には登り窯跡、孔子廟などもあります。

能古博物館の入口近くには「まぼろしの能古焼」と言われている能古焼の古窯跡がある。

能古焼は江戸時代中後期に 陶磁器を作っていた窯で有田焼系の磁器であったようです。
今は能古島に焼き物の窯はなく滅びています。

能古博物館(島の歴史をはじめ和船、古高取の銘品床置、筑前亀井学の関連資料など展示)、冬季は閉館だが我々のため本日特別にあけていただけた。

博物館からは対岸が一望、見えているのは船出した姪浜かな。

白髭(しらひげ)神社は、能古島の生土神(うぶすながみ=氏神、鎮守の神)で祭神は住吉大神(すみよしのおおかみ)、神功皇后、志賀明神(しがみょうじん) など。

能古島という地名は「神功皇后が住吉の神霊を残した島なので残島(のこのしま)になった」といういわれがあり、この神霊を留めたのが 白髭神社だといわれています。

島で見かけたマンホールの蓋。

防人関連の記事一覧

大宰府管轄下の兵站基地 鞠智城(くくちじょう)
鞠智城(くくちじょう)は、日本の城(古代山城)の一つ。 熊本県のサイトでは、「き … 続きを読む

飛鳥時代に築かれた朝鮮式山城 金田城を訪ねる
金田城(かねだじょう、かねたのき)、663年の白村江の戦いに敗れた倭国は唐・新羅 … 続きを読む →

九州の要 築後国一の宮 高良大社
高良山(こうらさん)は福岡県久留米市の山。 高牟礼山(たかむれやま)、不濡山(ぬ … 続きを読む →

大和朝廷が七世紀に造った国防城塞 大野城
斉明天皇6年(西暦660)、朝鮮半島では日本の友好国百済(くだら)が唐(とう)・ … 続きを読む →

古代の迎賓館 「鴻臚館」
「鴻臚館」とは、平安時代に築かれた外交のための迎賓館。 平安京(京都)、難波(大 … 続きを読む →

甦る古代吉備の国 謎の鬼ノ城
鬼ノ城は、吉備高原の最南端、鬼城山(きのじょうざん 標高397メートル)に遺る神 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

能古島へのアクセス、行き方歩き方

能古島へはフェリー「レインボーのこ」「フラワーのこ」が合わせて1日23便(日・祝21便)運航しています。便数も多く朝早くから夜遅くまで船があるので日帰り観光もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">