別宮の棚田&逆さ氷ノ山

ハチ高原スキー場に行く途中に見える棚田。
年々減ってきてしまっているようですが、田植えシーズンには、水を張った田に、兵庫県最高峰の氷ノ山が逆さに映ります。

鉢伏山の中腹に棚田が広がり、初夏の夜にはホタルが飛びます。

そばには県指定天然記念物で幹回り約15メートルの大カツラがある。

伝承として、弘法大師・空海が諸国巡歴の途中にこの地に立ち寄り、教海寺を開いて別宮を発足させ、このカツラを水の神木であると告げたという伝承があるそうですが、そうすると樹齢は1200年以上。

約130枚の田んぼがあり、2001年度からオーナー制度を行っている

地名が「別宮(べっくう)」なので「別宮の棚田」と呼ばれている。
国道9号線から地方道を通ってすぐそばまで行くことができる。

多くのカツラの例に漏れず、大カツラの背後からは湧水が流れ出ており、眼下に広がる棚田を潤していました。

ちょうど田植えも終わったところ、静かな里の風景がありました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

別宮の棚田へのアクセス、行き方歩き方

兵庫県養父市別宮中畑1324
TEL 079-667-3113 やぶ市観光協会氷ノ山鉢伏支部

八鹿駅からバスで35分全但バス鉢伏行「出合バスターミナル」下車 出合バスターミナルからバスで20分せきのみやふれあいバスハチ高原行「別宮上」下車 徒歩で30分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">