夜の植物園を光や音で彩る大阪初の常設展-2


「長居の里山」と呼ばれる森の入り口にある作品。

具象と抽象 – 二次林の入口

人々が作品の中に入り、止まってしばらくすると、新たな線の集合が生まれて広がっていく。

森に描かれる空書 – ワンストローク、二次林

森の中に描いた、連続した一筆の「空書」。
「空書」は、森の中で幾層にも重なり合い、交差し、回転しながら、やがて消えていく。

「空書」とは、チームラボが設立以来書き続けている空間に書く書のこと。

書の墨跡が持つ、深さや速さ、力強さのようなものを、新たな解釈で空間に立体的に再構築。

チームラボの「超主観空間」の論理構造によって2次元化している。

書は平面と立体との間を行き来する。

何ともわかりかねる理論だが、その芸術性は面白い。

森に憑依する炎 – 二次林

森の中で燃え続ける炎は、闇の絶対的な存在によって、形が変化していく。

炎は、燃焼することによって発生する光や熱の現象であり、流れの中にある気化した物質や分解された物質でもあり、現象と物質の狭間を見る時の私たちの感覚的な経験である。

チームラボは、「Distributed Art」という概念を模索している。

《Distributed Fire》のアプリを持って作品の炎に近づくと、スマートフォンに炎がともり、作品を持ち帰ることができる。

その持ち帰った炎を、他の人のスマートフォンに近づけると、同じように炎がともる。

炎を誰かにつなげ、その炎がまた他の誰かにつながっていくことで、炎は、世界中に広がっていく。

広がっていく炎群全体は、炎地図に描かれていく。

暗闇を次のターゲットへ向かって進む、上空には三ヶ月が美しい。

光色の草原 – カピラリス

カピラリスが光り輝く。

カピラリスの光は、人々が近くで立ち止まると、さらに強く輝き、音色を響かせる。

そして、その光は、周辺のカピラリスへ伝播し、音色を響かせながら、連続していく。

向こうの方から光が押し寄せてくれば、向こうに人がいることを意味する。

人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

大池に浮遊する呼応するランプ

大池に浮かぶランプは、それぞれ自律し浮遊している。

人がランプの近くで立ち止まっていると、もしくは風に吹かれて傾くと、強く輝き音色を響かせる。

その周辺のランプも次々に呼応し、光を輝かせ音色を響かせ池の中央に浮かぶ小島の木々にまで連続していく。

人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を感じるだろう。

ランプは、風が静かで人々が近くにいない時、ゆっくりと明滅をはじめる。

ひまわり畑からのショートカット、真っ暗で地理が頭に入っていないとどこに行くかわからない。

午後10時の植物園周回路、この時間にこれだけの人が動いているのはすごいことだ。

11月1日から3月末までリニューアルのため休園になります。
春の開園を待ちます。
10月31日にしばらくのお別れに行きました。
段々秋らしく 長居植物園
定点観測の場としている所です、ハナミズキやカツラの紅葉が始まり秋らしくなってきま … 続きを読む →

首を長くして待った再開園日早速駆け付けました。
再オープンした長居植物園
5ヶ月ぶりに再オープンした長居植物園を歩いてみた。 主な変更点をホームページの表 … 続きを読む →

再開園に引き続き新しい施設がオープン
夕景撮影 長居公園
長居公園(大阪府大阪市)では、野菜や米などの素材にこだわったヤンマー直営レストラン「YANMAR … 続きを読む →

TTArtisan 35mm F1.4の試写に訪れて「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」の準備中のものが見え期待が膨らむ
TTArtisan 35mm F1.4 長居植物園
今日もTTArtisan 35mm F1.4 で遊んで … 続きを読む →

長居植物園へのアクセス

バスの場合

「長居東」停留所からのアクセス
大阪シティバス4号系統「住之江公園発~出戸ターミナル行」、「長居東」 停留所より北へ徒歩約5分

電車の場合

電車の場合、降りてから会場までの距離が一番近いのは地下鉄御堂筋線「長居駅」です。
それでも歩いて10分なので、歩きやすい・動きやすい服装で行くのがオススメ。
地下鉄御堂筋線「長居駅」、3号出口より東へ徒歩約10分
JR阪和線「長居駅」、東口より東へ徒歩約12分
JR阪和線「鶴ヶ丘駅」、東口より東南へ徒歩約15分
近鉄南大阪線「針中野駅」、西口より西へ徒歩約20分

車の場合

大阪北部方面からは「阪神高速14号松原線・駒川出口」を使い、南港通を西へ。
西田辺交差点を南(あびこ筋)へ、長居公園西口交差点を左折すれば到着です。
大阪南部方面からは「阪神高速14号松原線 文の里出口」をあびこ筋を南へ。長居公園西口交差点を左折します。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">