松島の名庭園 円通院

円通院は、宮城県宮城郡松島町(日本三景・松島)にある臨済宗妙心寺派の寺院。
本尊は聖観音(しょうかんのん)。
瑞巌寺の南側に隣接してある。
通称「バラ寺」「薔薇寺」。

飛び切りの美人副住職がおられると聞いていたのでお目にかかりたかったがかなえられませんでした。

山門は豪壮質朴な切妻造茅葺の薬医門で、本堂とともに松島町の文化財に指定されています。

山門を内側から見たところ。

約350年前に造られた心字池と観音菩薩が住む補陀落山を中心にした庭園があります。
庭園は枯れ山水が美しく、四季折々の植物が楽しめる。

緑にむせ返るような参道を三慧殿へ向かいます。

三慧殿です。
光宗公の霊廟です。

本堂からさらに奥まったところにある光宗公の霊廟三慧殿は、技術の粋をつくした伊達家屈指の建築物で国の重要文化財に指定されています。

その厨子には支倉常長が西洋から持ち帰ったと伝わるバラの絵が描かれており、円通院はこのバラを題材にした庭のある「バラ寺」として知られています。

伊達宗高(政宗の7男)に関わる殉死者の供養塔が並びます。

支倉常長がローマから日本へ初めて洋バラを持ち帰った偉業の象徴として造成されたバラ園。
日本最古といわれる洋バラもあり、初夏に満開を迎えるそうです。

クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら!

円通院へのアクセス、行き方歩き方

円通院公式サイト

住所:宮城県松島町松島字町内67
電話:022-354-3206

JR松島海岸駅→徒歩5分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">