神戸トリックアート不思議な領事館

ヨーロッパで「だまし絵」として生まれたトリックアート。
「観る異人館」と「体験型」のビジュアルコミュニケーションが楽しめます。

入り口からして既にトリックの世界。

元パナマ領事の住居で執務室もそのままの洋館です。
また、ダイニング、ベッドルーム、ライブラリー、サンルーム等も公開しています。

マヤと中央アンデスで発掘された土器や土偶がたくさんあり、随所に展示されています。

神戸ビーフが!神戸スイーツが!トリックアートに大変身!

しかし、一人では何も面白くありません、家族、アベックで絵と絡んで初めて面白い画像になります。

バームクーヘン

ここではどんな絵が撮れそうかな、想像してみてください。

南京町、龍舞。


鏡の部屋、でも鏡ではないのです・・・・・


シロイルカ

オダリスクとはトルコ後宮に仕える女性のこと。額から飛び出した足を見ながら、左右へと大きく移動すると・・・
プロポーションが大きく変化します。

右から見ると・・・足が長くてほっそり!

そして、左からは・・・あらら!!

座れないサターンの椅子。

ドラキュラ

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

神戸トリックアート不思議な領事館へのアクセス、行き方歩き方

神戸市中央区北野町2-10-7
078-271-5537

新神戸駅から西へ徒歩10分 / 各線 三宮駅から北野坂を北へ徒歩15分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">