冬日 民博


森の洋食 グリルみんぱく

フォーや、タイカレーなど、民族博物館らしい品揃えのエスニック料理が楽しめます。
もちろん単品で日本のカレーやうどんなどもあり。

値段はランチにしてはちょっと高いなと感じます。

ここはいつも斜光が射していてカメラ心をくすぐります。

一階ホールは照明が一段落としてあって光の雰囲気が感じられる場所です。

ここから外を眺めるのもいい。

二階の展示フロアも照明は暗く、

差し込む光を感じます。

展示室も薄暗く、撮影には難儀します。

倶楽部でもここはよく利用します、暗い照明のもとでの困難な状況の中でいかに作品に仕上げるか、腕の見せどころです。

よく勉強さてもらっていますが、いまだ課題は山ほどあります。

今日も挑戦ですが後程ゆっくりとご披露できたらと思っています。

きれいな雲と斜光、モノクロ作品にはうってつけの舞台です。

冬の日の刈田のはてに暮れんとす 正岡子規

光りのグラデーションと芝生の柔らかそうな質感いい感じ。

アスファルトへの光は固い感じのグラデーション。

歩いているといくらでも素材はあります。

モノレールのレールに光が当たっています。
時間待ちの間の1ショット。

今日も楽しく撮影できました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">