嵐の六甲ガーテンテラス


あまりの寒さにガーテンテラスへ移動。

標高890mに位置する複数の展望テラスを中心とする複合施設。

それまで敷地内にあったホテルや展望施設を撤去し、2003年4月にリニューアルオープンした。

園内のいたるところから神戸市街や大阪湾を見渡すことができる。

リニューアルで誕生した西側の施設群は英国調に統一されている。

雲が出て強い風が吹きつける。

右上に見えるのはガス、嵐の予感。

強風にススキが煽られ異様な雰囲気になってきた。

ススキが気になりススキばかり激写。

雲の下は光る海・・・・画像をクリックすると拡大出ます。

吹き付ける風に雨が混じりだした、六甲ビューパレスへ避難しよう。

画像は六甲枝垂れ

1957年開業の十国展望台が2002年に老朽化したために閉鎖になった跡地に、経営する「山の上に立つ一本の大きな樹」がコンセプト。

テラス内の東側にある「見晴らしのデッキ」からの眺め。

一面ガスに埋まってしまった。

本来なら神戸から大阪にかけてを一望できるのだが、一面白い世界。

静止画像で良く分からないかもしれないが、ガスが激しく流れています。

先ほどまでいた見晴らしのテラスが霞んでいます。

激しい雨嵐を凌ぐこと小1時間、少しずつ晴れ間が見えてきました。


それでもまだガスは激しく流れています。

まだ激しくガスが流れていますが、青空が見えてきました。

雨が小止みになり、デッキには人影が・・・・

ここから先、雲の形が激しく変わります、面白くて撮っているときりがないくらい。

そろそろ次に行くことを考えなきゃ。

神戸空港がよく見えています、拡大して見てください、右手、海の中に誘導灯が伸びています。

拡大して見てください、関空が見えています、連絡橋の先に空港島が見えます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">