日本最大の山城 高取城

奈良県
カレンダー
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

「巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城」と謡われた高取城。
日本国内では最大規模の山城で、備中松山城(岡山県)・岩村城(岐阜県)とともに日本三大山城の一つに数えられる。

関連記事:高取・土佐街道 「町家の雛めぐり」  苔むす石垣に名城の面影を偲ぶ 高取城

高取城の入り口壺阪口門跡はこのすぐ先。

壺坂口中門跡の石垣。

右の虎口より本丸部へ向かう。

奈良産業大学プロジェクトによるCG再現図。

本丸部分の大きさは東西に75メートル×南北に60メートル、高さは約8メートルの石垣に囲まれている。
南西には3重3階の「小天守」があり、大きさは東西12メートル×南北13メートルある。

また東側には2重3階の「硝煙御櫓」があり、虎口付近、「具足櫓」対岸には平櫓の「鉛御櫓」がある。

このように本丸は、1基の天守と1基の小天守、3基の櫓が多門櫓で連結された連立式天守の縄張りであった。

非常に見づらい画像だが明治20年頃の御城門(大手門)から太鼓御櫓を仰ぐアングル。

この写真の最も奥に太鼓御櫓が写っており、重箱造で天守と同じ白漆喰総塗籠、方形の格子窓2つ、上部の入母屋破風が確認できる。

この写真には一部「十五間多門」も写りこんでいる。

当時は城の石垣を組みなおす場合でも、江戸幕府に報告し許可が必要であったが、高取城に関しては3代将軍家光より直々に、植村氏は三河国居城時の松平氏の古参譜代であり、山上にあることから年々破損も多いと思われるということで「一々言上に及ばず」と特別に許されていたようである。

現状を維持にする分には、容易に改修ができたと思われている。

二の丸より本丸の高石垣を望む。

直下から本丸石垣を望む。

周囲をぐるりと高石垣で囲まれた本丸は圧巻。

本丸からの太鼓御櫓台と新御櫓台を望む。

5基の櫓で囲まれた本丸部分には、「本丸大広間」という場所に礎石が数カ所あり1棟の御殿があったと考えられている。

また、この御殿跡周辺には東西約5メートル×南北約3メートルの「楠井戸」がある。
高取城の井戸は多数見受けられるがその大半は、雨水や湧水を集水したもので、地下の水脈まで到達した井戸はほとんどない。

本丸から大台ケ原、大峰山方面が見える。

太鼓御櫓台と新御櫓台。

本丸への虎口。

天守台。

千早門跡。

猿石、七曲りを経て高取市街へ。

クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら!

高取城へのアクセス、行き方歩き方

近鉄吉野線「壺阪山」駅から奈良交通バス「壺阪寺行き」で「壺阪寺前」下車、 そこから徒歩40分程度の山登り