夜と朝 藤沢・江の島散策

夜景
カレンダー
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

今回の泊りは「ホテル法華倶楽部藤沢」連泊です。

今日は雨模様、夜の江の島はあきらめ、藤沢の街をブラブラ。

街はクリスマスへ向けての装い。
ただ客引きが多いのには驚きました。

翌朝、5時33分、始発の小田急で江の島へ向かう、日の出を撮る積り。

小田急片瀬江ノ島駅舎、なんだか竜宮城みたい。

向かいの三浦半島上空はほんのり紅くなっているのだが、このあとどんどん黒雲に覆われ日の出は拝めず。

反対側では相模湾越しに富士の姿。

一日の観光を終え、夜、再び江の島へやって来ました。
シーキャンドルがライトアップされています。

辺りは予想外に暗く、今回は三脚も持参していないのでこれ以上の撮影は断念。
風が冷たい。

翌朝、再び江の島を訪問、今回は晴れです、日の出が期待できそうです。
しかし、外気は予想外に冷たく、駅前まで引き換えし、コンビニでホカロンを調達。

対岸が紅くなってきました、いよいよ始まりです。

日の出前になると鳥たちが騒ぎ始めます。

海岸をワンちゃんが走っていますがこの犬、昨日もあいました。

いよいよ日の出です、空が真っ赤です。

寒さを忘れてただ日の出を見つめていました。
この日は不思議な体験をしました。

じっと日の出を待っていたのですが、ふと気が付くと橋のたもとにバイオリンを抱えた少女が佇んでおり、そのうちケースからバイオリンを取りだし弾きはじめました。
思わずシャッターを押してしまったのですが、肖像権の問題もあり掲載できないのが残念。

反対側は相模湾越しに紅く焼けた富士。
すっかり時間を過ごしてしまいました、ホテルではもう朝食が始まっている時間です。
バスの出発は8時、急ごう。

お馴染み、マンホールの図柄、市の木「クロマツ」

雨水用の蓋に描かれているのは市の花「フジ」

マンホールだと思ったら、違うみたいです。
中央に「FUZISAWA CULTURE ZONE」と描れています。

ミズキ・コナラ・ムラサキシキブ・エゴノキ

クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら!