「白百合の君」 山川登美子

北陸
カレンダー
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


登美子の実家である当館は、彼女の父である第二十五国立銀行の頭取山川禎蔵が建てた邸宅。

本名・とみ。1879年(明治12年)7月19日:福井県遠敷郡竹原村(現小浜市)に生まれる。
生家は小浜市の上級藩士の旧家筋。

1909年(明治42年):夫の駐七郎から感染した結核が元で、生家で死去。
29歳の若さだった。

与謝野鉄幹により、「白百合の君」と称される。

与謝野鉄幹、与謝野晶子とともに、明治時代の詩歌誌「明星」を代表する歌人として知られる山川登美子を記念する施設で、彼女の実家を館施設として2007年4月21日に開館した。

館内には短歌集、与謝野鉄幹から朱で添削を受けた歌稿、生前の身回品、琴、与謝野晶子と一緒に撮影された写真パネル、鉄幹・晶子との三角関係の資料、直筆の辞世の句などを展示する。

主屋のほか、離れ、土蔵、表門、中門が国の登録有形文化財に登録されている。

奥座敷「登美子の間」は、彼女が息を引き取った部屋。

館内は撮影禁止であり、奥座敷の前の廊下から撮影、登美子はこの庭に頭を向けて寝ていたという。

記念館の庭にあるにある辞世の歌碑「父君に召されていなむとこしへの夢あたたかき蓬莱のしま

小浜公園の入口付近(湾の反対側)にあり、女性の腰のようにくびれた白い石に、『恋衣』の「白百合」巻頭歌が刻まれています。

 髪長き少女(おとめ)とうまれ しろ百合に
 額(ぬか)は伏せつつ君をこそ思へ

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

山川登美子記念館へのアクセス、行き方歩き方

山川登美子記念館オフィシャルウェブサイト

福井県小浜市千種一丁目10-7

小浜線 小浜駅 徒歩10分