戸隠の中でも特にパワースポットといわれる中社

その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。

鳥居からは戸隠連峰が望まれる。

垂れ幕の奥に、独特の社紋・鎌卍(かままんじ)が見える。

戸隠神社本殿、周りにはまだ残雪が見られます。

神域感満点の参道階段。
左には女坂。

御神木・三本杉。
樹齢800年、やはり戸隠は杉がよく似合う。

この時期まだ桜が見られます。

新そばが入りましたという目印の「そば玉」。
ここ戸隠そばどころです。

この時期カラマツの新芽が美しい時期です。

今、安曇野を通過中、飛騨山脈が見える。
光芒が美しい。

光芒は薄明光線または反薄明光線のこと。
天使の梯子、レンブラント光線などの別名もある。

琵琶湖に沈む太陽、やっと近畿圏に帰ってきたと感じる。

クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら!

戸隠神社中社へのアクセス、行き方歩き方

長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」に乗車。(約1時間)

宝光社:宝光社宮前下車
中  社:中社宮前下車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">