豊臣秀次菩提寺 瑞泉寺

悲劇の人豊臣秀次の墓所「瑞泉寺」は鴨川の西、三条小橋東詰南、高瀬川沿いに建つ。

慈舟山と号し浄土宗西山禅林寺派に属す。
太閤秀吉の甥・豊臣秀次とその一族を弔うために慶長16年(1611年)この場所に建立された。

秀次は秀吉の養子となって関白の位と豊臣家の家督を継ぐが、太閤の愛妾「淀君」に秀頼が誕生したことから秀吉には次第に疎んぜられ、さらには石田光成らの策謀もあって、ついに文禄4年(1595年)7月、謀反の疑いを理由に高野山へ追放され、同月15日(現暦8月20日)に切腹させられてしまう。

次いで同年8月2日(現暦9月5日)、秀次の子供と側室などの女性一族39人が、三条大橋西南の当時はまだ鴨川の河原であった此の地で無残にも公開処刑され、遺骸はその場に掘られた大きな穴にひとつに投げ込まれた。

そして、その上に世に「殺生塚」(摂政関白の塚よりの転意)と呼ばれる大きな塚が築かれ、その存在は当時の「洛中洛外図」(舟本本他)にも印象深く描かれることとなる。

それから16年後、高瀬川の開削と「木屋町筋」の整備を開始した豪商角倉了以は、洪水などで荒廃したその「塚」を拝み、縁浅からぬ豊臣秀次一族を弔うための墓地と一寺をこの地に建立した。

秀次の法名「瑞泉寺殿高厳一峰道意」に因んで名づけられた瑞泉寺は、「太閤記」に秘められた大きな謎の「秀次事件」と一族の子女30余人の「悲劇」を今になお語り伝えるものである。

中央の墓塔の左右に石の塔が49並んでいます。39人の御一族と後を追った10人の御塔です。

極楽浄土に導く「引導地蔵尊」
この堂の中央に安置された地蔵菩薩像は、秀次公一族の処刑の際、四条大雲院の僧「貞安上人」が刑場の一隅にその木像を運び込み、次々と打たれる子女達に引導を授け続けた、と伝わる尊像です。
極楽浄土へ死者を導く「引導地蔵尊」として京洛の人々に今日なお崇敬されている。

クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら!

瑞泉寺へのアクセス、行き方・歩き方
京都市中京区木屋町通三条下る石屋町114-1
連絡先075-221-5741
拝観時間:日中自由
拝観料:無料

京阪電車 「 三条 」 (徒歩約 2 分)
市バス 「 三条京阪前 」 (徒歩約 3 分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">