散歩


暑さ寒さも彼岸までと言われますが、昨日が彼岸明けになります。

暦のうえでは立秋から立冬の前日までが秋で、秋分はその中間にあたります。

秋分の日には昼と夜の長さがほぼ同じになり、それ以降は秋の夜長に向かいます。

厳しかった残暑に目処がつくため、「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。

秋の趣がひとしおとなり夜も長くなっていきますから、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、物思う秋、食欲の秋……それぞれの秋の愉しみがあります。

とは言っても日中はまだまだ暑い日が続きます。

散歩も日差しを避けて木立の中を歩くことが多くなります。

木立の中は皆が歩く場所が小径となって続きます。

斜光を受けて歩く・・・

カメラマンにとってはまたとないシャッターチャンスが生まれる場です。



朝日の降り注ぐ坂道、逆光でとらえると素晴らしいシルエットが生まれます。

順光側からお年寄りの散歩をとらえました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">