帆船EXPO 帆船「みらいへ」入港

本日のしんがりは帆船「みらいへ」、もと大阪市が所有していた「あこがれ」です。

大関門通過は11時41分。

帆船「みらいへ」(もと「あこがれ」)
・総トン数:230トン
・全長:52.16メートル
・全幅:8.60メートル
・定員:旅客40名(1日コースの場合60名)船員13名 合計53名
・所属:一般社団法人グローバル人材育成推進機構

海王丸にくっつくように入港。

1993年に「あこがれ」として就航、大阪市が保有して大阪南港の「ATCオズ岸壁」を定係地として「セイル・トレーニング事業」に使用していた。
一般市民が航海を体験できた日本で唯一の帆船(スクーナー)であった。船名は一般公募で選ばれた。

売却された「あこがれ」は2014年7月5日から、船名を「みらいへ」に変え、神戸港を母港に体験航海事業を再開している。

3本マストのトップスルスクーナーで、船型は全通平甲板型。
帆装は横帆3枚(約215m2)、縦帆10枚(約568m2)、総帆13枚(約783m2)で、メインマスト高さは上甲板上約30m。

本日も体験航海の人たちを乗せ、セイルドリル(展帆訓練)をじっし、真っ白な帆を広げての入港。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">