住まい


「済州島(韓国)の民家

済州島は風が強いため、石垣をひさし近くまで積み上げ、低く作ったカヤぶきの屋根も縄で縛っている。

門屋を入ると、ウシ小屋などに使われている側屋があり、その前には農作業の場となる中庭がある。
この中庭をはさんで内屋と外屋がむかいあって建っている。

済州島ではこのような配置がよく見られる。
内屋の間取りは、板の間を中心に、西側に部屋を置く基本的な型である。

半島部と違い、オンドルの焚口が台所になく、別に取り付けられている

タシュケントの民家

築100年以上の民家で、ぶどう棚などのある中庭を囲んで家屋が建てられ、その外壁は街路に面している。

こうした家屋はウズベク語でハウリと呼ばれる。
今では高層マンションに暮らす人も多いが、ハウリでの暮らしも受け継がれている。

アイヌの伝統的家屋チセ。

大和棟。

合掌造り。

曲屋。

竹富島 二棟造り

伝統的な建物の配置は門を正面にすると、右手にフーヤと呼ぶ田の字四部屋型の主屋があり、左手はフーヤより少し小さいトーラと呼ぶ土間の台所部分がある二棟造りだ。

現在では台所がフーヤに移されていることが多く、トーラは物置などに利用されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

「民博」へのアクセス、行き方歩き方

電車でお越しの方
大阪モノレール「万博記念公園駅」・「公園東口駅」下車徒歩15分

車でお越しの方
万博記念公園「日本庭園前駐車場」徒歩5分、「東駐車場」徒歩15分、「中央駐車場」徒歩20分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">