神の座

いよいよ年も押し迫った、たまには遠い昔のことを思い出してみるのもいいだろう。

都会暮らしが長くなり正月だからといって神棚の事なぞ考えることもなくなってしまった。
昨今は神棚さえない家が多いだろう。

アイヌのヌササン(祭壇)、二風谷では家の南東にあるのが上座の窓でその窓の外にヌササンを設ける。

カムイはこの窓から出入りし、儀式にもちいるものなどもこの窓から出し入れするが、この窓から家の中を覗くことはタブーとされる。

年に一度くらい子供のころのことを思い出してみるのもいい。

人々は祭りや行事のたびに、神を迎え神を送る。

正月棚 (埼玉県1970年代)

それらは、仏壇や神棚が整う以前の古い祭壇の姿をとどめている。

正月棚 (愛知県1978製作)

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">