芸術の秋 ルーブル彫刻美術館でパリを満喫

寶珠山大観音寺の境内にある。B級スポット扱いされることがあるが、ルーブル美術館から公式に許可を得て運営している。

まずセンターフォーカスで柔らかく。

館内の作品はルーブル美術館にある、彫刻作品約1300点を本物から直接型をとり作成したレプリカを展示している。

建物は黒川紀章が設計したもので、1987年(昭和62年)に開館した。

水晶玉を通して作品を見る、これも中々面白い。

ズームアップ回転。

光と影の魅力。

ナポレオンのデスマスク。



千手観音像。、これはルーブル彫刻美術館オリジナル。



関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ルーブル彫刻美術館へのアクセス、行き方歩き方

ルーブル彫刻美術館公式サイト

三重県津市白山町佐田1957
059-262-1111

近鉄大阪線「榊原温泉口駅」より徒歩約5分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">