習作

露光間ズーム回転、教えられてから3年以上になるが中々完成に至らず。
しかし、少しずつではあるが安定してきている、その技術で作品を作る日も近いかな。

目の前の絵、唇が気になる。
そのまま撮っても面白くないしな。

野性的でいいね。

ブルーの目はストロマの中のメラニンの量によって形成される。

ブルーの目は遺伝的に劣性であり、学者エイバーグとその研究者達は論文をヒューマン・ジェネティックスに発表し、OCA2遺伝子の触媒と考えられているHERC2遺伝子の8番目のイントロンがOCA2遺伝子の働きを抑えメラニン色素の形成を減らしているとした。

さらにエイバーグは6,000年から10,000年前に黒海周辺で一つの個体の突然変異によりブルーの目が誕生したとしている(ブラウンスポットのあるブルーの目はこれに属さない)。

ブルーの目はヨーロッパに見られる。
多少だが南ヨーロッパにも存在し、インド、中央アジア、中東にも見られる。

2002年の発表でアメリカで1936年から1951年にかけて生まれた人の33.8%が青であり、1899年から1905年に生まれた人のブルーの目の割合57.4%に比べると劇的に減っている。

黒い瞳は見慣れているせいもあり落ち着く。

ブラウンの目は多量のメラニン色素を虹彩のストロマに含んでおり、ダークブラウンは概して黒く見る場合が多い。

人類の中で最も多い色であり日本人の大半がブラウンに属す目の色を持つ。
尚、バルト海沿岸の国(フィンランドやエストニア)などでは最も少ない色でもある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">