日本有数のクラシックホテル 万平ホテル

万平ホテルの創業は明治27年、外国人専用ホテルとしてオープン。
当時軽井沢を訪れる避暑客の半数以上が外国人で、別荘もほとんどが外国人所有という時代でした。

アクセスはかなりいい、軽井沢駅から、旧軽銀座に向かって走り、手前を右に折れて進む。
ホテル音羽ノ森を右に見て、まっすぐ行くと、万平ホテルは道の突き当たりにある。

現在、ホテルの正面の建物は一見、スイスの山小屋を思わせますが、実は長野県佐久地方の養蚕農家をイメージしてデザインされたもの。
完成は昭和11年(1936)。

1893年(明治26年)には碓氷峠を越える区間も開通し、東京と直結した。

その後、ショーと一緒に訪れた帝国大学教師ディクソン夫妻が「亀屋旅館」の佐藤万平に洋食を教え、1894年(明治27年)に軽井沢で最初の洋式ホテル「亀屋ホテル」(後の万平ホテル)ができた。

その後、1899年(明治32年)には「軽井沢ホテル」、1906年(明治39年)には「三笠ホテル」も開業して宣教師・知識人・文化人の間で人気を博し、日本三大外国人避暑地の1つに数えられるようになった。

柔らかな木漏れ日がさすロビーの一角。

描かれているのは、旅人、駕籠や飛脚、馬が行き交うかつての追分宿の茶屋と噴煙をたなびかせる浅間山です。

本館1階から2階へ上がる階段の大窓にある「青海波に亀」のステンドグラス。
前身の亀屋旅館にちなんで図案が描かれている。

1972年に当時日本の首相であった田中角栄と、アメリカ・国家安全保障担当大統領補佐官のヘンリー・キッシンジャーが会談。

以前、使用されていた万平ホテルオリジナルの法被。

ヤマハアップライトピアノ。
かつてダイニングルームで演奏されていた。

ジョン・レノンがつま弾いたこともある。

大正時代のロビーで使われていたロビーソファ。

ジョン・レノン、万平ホテルに彼が初めて宿泊したのは1970年(昭和45年)。
故郷リバプールに似た雰囲気を気に入り、1979年まで、毎年、夏の一時期を過ごしていた。

カフェテラスの名物メニューとして真っ先にその名が挙がるのは、やはりロイヤルミルクティー。

ジョン・レノンが滞在していたころ、当初はメニューになかったロイヤルミルクティーをみずから手ほどきをして作り方を伝え、のちにホテルの定番メニューになったという逸話が残っています。

平成14年まで、ホテルを守ってきた金庫。
前扉の内側には耐火材として砂が入っている。

緩やかな曲線が優美なの猫足のバスタブ。

クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら!

万平ホテルの予約はこちらから

万平ホテルへのアクセス、行き方歩き方

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
電話 0267-42-1234

軽井沢駅よりタクシーにて約5分。
上信越道 碓氷軽井沢ICより約20分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">