霧の中瀬戸内を西へ

今回は対馬への旅、天気予報は芳しくない、雨を気にしながらの旅立ちだ。

南港出航時には日の入りは見られず、ただ今の時間は4時40分、新門司へ向かう名門大洋フェリー「フェリーふくおかⅡ」、伊予灘、岩国沖にさしかかっている。

東の空に赤みが増し、希望を抱かせる。

5時10分、どうやら霧に包まれそうな雰囲気。

どうやら霧に包まれてしまったようだ、この霧、天気とどう関係するだろう、気になる。

雲間からのぞく太陽光が水面の一部を明るく照らす、光の輪は現れては消え、まるで影絵を見ているようだ。
幻想的な島影を見ながら船は進む、門司港入港は8時30分、しばらく休憩だ。

門司から1時間強で福岡へ、そこからまたジェットフォイルで2時間の船旅だ。
対馬「厳原」着は12時45分の予定、長い旅路です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">