帆船EXPO 「海の貴婦人」海王丸

3隻目の入港は「海の貴婦人」海王丸。

海王丸が大関門に姿を現したのは日本丸通貨から大幅に遅れ、待っている人たちもイライラ。

・総トン数:2556トン
・全長:110.09メートル
・全幅:13.8メートル
・最大搭載人員:199名
・所属:公益社団法人海技教育財団

初代海王丸は、初代日本丸と共に1930年(昭和5年)に進水。二代目の就航に伴い、用途廃止され、現在は富山県射水市の海王丸パークに係留展示されている。

二代目は1989年(平成元年)に就航。

2004年(平成16年)10月20日、防波堤に座礁する事故が発生。
2006年(平成18年)1月5日、修繕を終え再就役した。

海王丸においては財団法人海技教育財団から一般人も体験航海として乗船することができる。
海王丸は「海の貴婦人」と呼ばれる。

海王丸II世は国有ではなく、民間の寄付により建造された。

現在は独立行政法人航海訓練所に用船契約される形で運航されている。

一般社会人向けの体験航海・遠洋航海コースも実施しているが、海事教育機関の練習船であるため、実習生の参加人数により一般募集枠が少なくなる場合もある。

日本丸II世との外見の違いは「船首像」「船体のライン数」「救命艇の形状」「後部フード(舵輪の屋根)の形状」。

日本丸II世で培われた建造技術をさらに進歩させ、帆走時には抵抗となるプロペラの迎え角を水流に平行とすることにより抵抗を減少させる、フェザリング機能を有する可変ピッチプロペラの採用などにより日本丸II世をしのぐ帆走性能を得た。

その年で最速の帆船に贈られる「ボストン・ティーポットトロフィー」を1990年、1991年、1994年、1995年と4回受賞(日本丸II世は3回受賞)している。

なかでも1995年には124時間で1394マイルを帆走する記録を打ち立てている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

帆船EXPO 「太平洋の白鳥」日本丸

帆船EXPO、反戦の入港パレードを大臣しています、2隻目は「太平洋の白鳥」日本丸。

日本丸の大関門通過は10時44分。

日本丸 (2代) – 二代目は1984年(昭和59年)に就航。
帆を広げたときの姿から、「太平洋の白鳥」と呼ばれる。

「太平洋の白鳥」日本丸
・総トン数:2570トン
・全長:110.09メートル
・全福:13.8メートル
・最大搭載人員:190名
・所属:独立行政法人海技教育機構

1984年、日本丸は50余年にわたって海の若人を育ててきた初代日本丸の代替船として建造された。

初代日本丸は鹿児島商船水産学校の練習船「霧島丸」の遭難を契機として、1930年に建造され、当時の田中隆三文部大臣の「日本の海の王者にふさわしい船にしたい」という我が国の海運に寄せる期待を込めて「日本丸」と命名された。

初代日本丸は 引退までの54年余りにわたって、実習訓練を行って来た。

正確な記録の残る昭和27年(1952年)4月1日以降でも162次の航海を行い、6,509名の実習生を育て、約127万kmの航海を完遂。

米国建国二百年祭(1976年)に参加するなど、華々しい航海を続けてきた初代日本丸ですが老朽化には勝てず、1974年以降は遠洋航海の規模を縮小するなどの応急的な航海を続けていました。

二代目の就航に伴い、用途廃止され、現在は神奈川県横浜市西区の日本丸メモリアルパークに係留展示されている。

日本丸の帆走性能は初代日本丸のそれをはるかにしのぎ、世界でも有数の高速帆船として世界の帆船の仲間入りをした。
その年で最も帆走速力の出した帆船に贈られるボストン・ティーポットを受賞。

天保山へと向かう日本丸、右は先に入港の大成丸。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

帆船EXPO 大成丸入港

大阪港開港150年を記念し、海や船に親しめるさまざまな企画が盛りだくさんの「帆船EXPO」が開催される。

26日10時30分からの入港パレードでは、「日本丸」「海王丸」「大成丸」「みらいへ」の4隻の帆船や汽船が、大関門を通過して順次入港し、消防艇による歓迎放水が実施されました。

9時54分、大関門に現れたのは中国の客船「蘇州号」、上海と大阪南港を週一回往復。

九州の旅ではよく見かける船だ。
雨の船出
今年の最終記事は九州からの船旅です。 新門司出航は雨の中、気分を入れ替えようとレ … 続きを読む →


歓迎放水をおこなう消防艇「ゆうなぎ」

放水砲を自在に操り、あらゆる角度へ色水放水を行う「孔雀放水」を実施します。

救助艇「ゆめしま1号」も参加です。

10時30分きっかりに「大成丸」が大関門に現れました。

「大関門(だいかんもん) :明治38年大阪港建設時に天保山の西南西約3kmの沖合に築かれた防波堤の切れ目で、大阪港への入港航路となっており、通称「大関門」として市民に知られる。

北側に白灯台、南側に赤灯台が設置されている。

大成丸
・総トン数:3990トン
・全長:91.28メートル
・全幅:15.5メートル
・最大搭載人員:176名
・所属:独立行政法人海技教育機構

消防艇「ゆうなぎ」による歓迎の放水。

空からヘリも歓迎。

大成丸は世界的にも数少ない蒸気タービン推進の練習船。
ディーゼル船に比べ速くて振動が少ないタービン船は、かつては客船向きとされていました。

しかし燃費が悪く、航空機や新方式の高速船が普及した現在は軍艦やLNG船に残るのみ。

大成丸という名前の練習船は過去に2隻ありました。
 
初代大成丸は1904年就航の帆船でした。
長さ84.14m、幅13.33m、総トン数2423.68tの4檣バーク型で、現在横浜で保存されている初代日本丸に近い規模の船だったようです。

終戦直後の1945年10月に神戸港で触雷して沈没。
 
2代目大成丸は、日本郵船の貨客船小樽丸(1948年就航)を改造した船でした。
船体を10m延長する大改造が行われ、1954年に練習船大成丸として就航。1981年に引退。
 
この船の丸窓が2つ、現在の大成丸の船内に保存されています。

3代目大成丸は1981年就航。
航海訓練所の練習船では最年長。

フォクスルデッキ(船首部分のデッキ)が一段高く、ドッキングブリッジ(後部デッキ上の左右に長い構造物)があり、後部マストも煙突から独立しているなど、他の練習船と比較するとやや古い様式の外観。
 
排気音はゴーッ‥‥と言う感じの連続音で、ディーゼル船と異なる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

長居植物園の秋


ハナミズキ、コナラも色づいています。

すっかり秋の気配。

センダンもしっかり実をつけている、これから木枯らしの季節まで見られる姿。

南方熊楠が死の直前に「紫の花が見える」と言ったのはセンダンのことと言われている。

中国原産のヌマミズキ科カンレンボク Camptotheca acuminataは、強い生命力と多くの実をつけることから、子孫繁栄にたとえられる喜びの木として喜樹(キジュ)と呼ばれています。

小池のあたり、少しうら寂しく感じる、もう秋です。

竹の小径へと歩む、先日の台風でたくさんの木の実が散乱しています。

ダリア園、和名は、花の形がボタンに似ているため、テンジクボタン(天竺牡丹)。

ヨーロッパでは、1789年にスペインのマドリード王立植物園に導入され、翌1790年に開花したのが始まり。

1842年(天保13年)にオランダから長崎に持ち込まれたのが、日本への最初の到来。

赤色・オレンジ色・黄色・白色・ピンク色・藤色・ボタン色・紫色など、バラやチューリップと並び、最も縹色のバラエティーに富んだ植物。

《ダリア 花言葉の由来》

「華麗」「優雅」・・・大輪の花の印象から。
「移り気」・・・ナポレオンの妃・ジョゼフィーヌの故事にちなむ。
「威厳」・・・フランスの上流階級で好まれた花とされ、王室や貴族の特権階級のイメージを託したもの。
「不安定」・・・フランス革命期の情勢不安を象徴。
「裏切り」・・・ジョゼフィーヌの庭園からダリアの球根を持ち出し、手元で見事に咲かせた侍女(または庭師)の行為を「裏切り」と、とらえたことから。

エンブレム

四季咲き、直立性のバラで、大輪が咲きます。

フウセントウワタ(風船唐綿)は、ハリセンボンのようなとげのある果実がユニークな観賞用のトウワタ(唐綿)。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

秋風にコスモス揺れる 長居植物園


異常気象?の長雨でコスモスの季節到来というのにイライラ。
台風一過のこの日待ちかねて長居植物園へ。

清楚な感じのシロ、花言葉「乙女の真心」「乙女の愛情」にふさわしいかな。

茎をほっそり見せる多重露光に挑戦、微調整が難しく悪戦苦闘。

ボツ画像の山の中から今日一番の出来栄え。

最後はふんわりとしたボケ味を狙った多重。
じらされた分大いに楽しんだ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日本一破天荒な公園 養老天命反転地

1995年開園。荒川修作とマドリン・ギンズ (en) のプロジェクトを実現させたもので、作品は『極限で似るものの家』と『楕円形のフィールド』から成る。

『極限で似るものの家』と『楕円形のフィールド』を結ぶ溝状の道には、彼らのメインテーマであった〈死なないため〉と言う言葉を取り、『死なないための道』と名付けられている。

時折小雨のぱらつく天候、養老天命反転地にとっては最悪のコンディションだ。

青空と極彩色の建物との対比を期待していたのだ。

養老天命反転地記念館、養老天命反転地オフィスの建物、十二単の羽衣を着た天女が空から舞い降りたかのような色鮮やかな建物。

外壁の24色はすべて内部にも反映され、不規則に注ぐ自然光の効果とあいまって、不思議な空間を作り出している。

カラフルな内装で、高さのバラバラないくつもの塀が配されています。ポイントは床と天井が鏡写しのようになっていて、上下がひっくり返ったような写真が撮れること!

男性用トイレ、ここにも不思議な仕掛けがあった。

天国への井戸、「昆虫山脈」。

なぜか頂上に水引きと釜がある。

ただし実際に水を引く事は出来ない。
「昆虫山脈」は登る場所によって傾斜が急な所もある。

極限で似るものの家、岐阜県の形をした屋根が特徴の建物。

なかは迷路のようになっていて、どこからでも出入りができます。

建物のなかを巡るだけでなく、茶色に塗られた天井部分にも目を向けてみましょう。

そこには1階部分をそのまま反転した世界が広がっています。

「極限で似るものの家」は、建物内の机や壁・天井が上下左右を全く無視した場所に配置されており、一歩中に足を踏み入れた瞬間から、人間の感覚の不安定さ、不確実さを体感することができます。

しかも以下のように「使用法」なるものが提案されています。

極限で似るものの家
・何度か家を出たり入ったりし、その都度違った入り口を通ること。
・中に入ってバランスを失うような気がしたら、自分の名前を叫んでみること。他の人の名前でもよい。
(一部抜粋)

前方の建物は精緻の棟。

宿命の家
小さな子どもでも越えられるほど低い壁が巡らされています。廃墟のようなところです。

足もとを見るとキッチンなどの「生活の場」が閉じ込められています。
ここは日常と非日常が混じり合った、不思議な「家」なのです。

楕円形のフィールド」には、「極限で似るものの家」を分割した9つのパビリオンが点在し、さらに、対をなす丘とくぼみ、148もの曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島などがつくられています。

オープンした当日からすでにけが人がでていたそうで、ミュージアムショップに救急箱が準備してあるそうです。

「運動路」と模様のある外壁。

外壁の模様が何を意味するのか。
そもそも意味があるのかも判らない。

茶色い建物はおそらく「想像のへそ」。

楕円状に広がるところには「死なないための道」を通っていきましょう。

とっても細い道となっていて、前から人が来たらすれ違えるか不安になってしまいます。

「昆虫山脈」の横には「不死門」がある。養老天命反転地のゲートを意味するらしい。

「楕円形のフィールド」の尾根状の部分を歩いてみる。

ここは世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体験できるアート作品です。

隣接地にはパターゴルフ場などの施設がある。

荒川修作氏のもう一つの作品、奈義町現代美術館の訪問記。

青春18切符旅行記 奈義町現代美術館
今回の青春18切符旅行記は岡山県の奈義町にある奈義町現代美術館。 美術館という枠 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

アメリカ村界隈


通りには道頓堀出身のイラストレーター黒田征太郎と、阿倍野出身のグラフィックデザイナー長友啓典が、1983年に制作した大きな壁画がお出迎え。

今、まさに羽ばたこうとしている翼を広げた鳥人と“地球に平和を(PEARTH ON EARTH)”という言葉が壁一面に描かれていて、アメリカ村の自由でアートな雰囲気とぴったり。

三角公園周辺は若者の人だかり、群衆の中に目ざとくカメラを見つけたやつがいるようだ。

アートなのか宣伝なのかよくわからない雑然とした中にアメリカ村オリジナルの人型の街路灯も見える。

近くのビルにはスパイダーマンも。

付近は江戸時代、大阪湾から道頓堀を遡って炭が集められたことから「炭屋町」と呼ばれていた。

1970年代になって倉庫を改装した店舗で古着やジーンズが売られ始め、アメリカ西海岸で仕入れた中古レコードや雑貨なども販売され話題になった。

「アメリカ村」という名前は百貨店で開かれた「アメリカ村夏の陣」というイベントから命名されたもの。

この名にふさわしく、この街に行けば、いつでもアメリカ西海岸の文化に接することができると言われていた。

1990年代中頃から来訪者の低年齢化、大音量の音楽による騒音、粗悪な商品を押し売りに近い形で売りつける悪質な店舗の増加、建物や公共物への落書きなど街の荒廃が問題になり始めた。

2000年前後から北隣の南船場、西隣の堀江、さらには阪急梅田駅東側の茶屋町などへ若者が流れてしまい、1998年に約7万人だった休日1日あたりの来訪者数は2005年には半減してしまった。

しかし2014年2月頃から再び落書き被害が急増するようになっており、中には地蔵を保護するための防犯用ボックスにまで落書きするケースもあったとされ、大阪府警は事態が深刻化しているとして、パトロールを強化するなどしている。

アメリカ村オリジナルの人型の街路にもこんなに監視カメラ、2006年から東京・歌舞伎町より面積が広い事もあり50台を上回る77台の監視カメラ(24時間稼動)が設置され、治安回復を目指している。

外は小雨のぱらつく寒い日でした。

傘を差したまま両手を使える「肩ブレラ」
今日は雨の日の撮影の強力助っ人 肩ブレラの紹介です。 折りたたみ傘の持ち手とつけ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

雨の日はクリスタ長堀


船場と島之内の境目を流れた長堀川。

大坂最古の堀川・東横堀川の末吉橋から西に分流して木津川の伯楽橋に注ぎ、その長さは約2.4キロ、幅は約50メートルでした。

水都大坂の水運の要として機能しましたが、現在は埋め立てられ、長堀通になっています。

現在、長堀川が埋め立てられた長堀通の下は、レストランやファッションブティックが並ぶ「クリスタ長堀」という地下街に変貌している。

長堀通の四つ橋筋から堺筋までの全長730mの部分の地下にある心斎橋周辺地下街で、延床面積は81,765m²とてもアートな地下空間です。

雨の日は最適な散策空間に早変わり。

長堀川北岸には石工の工房が軒を並べる「石屋の浜」という場所があった。

『摂津名所図会』によると、「長堀の石浜は山海の名石あるは、御影石、立山、和泉石などの諸国の名産をあつめ、その好みに従って石の鳥居、石の駒犬、燈爐、水鉢、石臼、地蔵……までこしらえ、商うなり」とある。

心斎が拓いた河川のおかげで、大坂の産業がいかに隆盛を極めていたかがわかる。

みおつくし(澪標)というのは、古歌にもよまれているように、昔、 難波江の浅瀬に立てられていた水路の標識。

摂津名所図会にはクイの上部に板をX型に打ちつけたものだけが見られますが、 天保年間の絵図には今の市章と同じ形をしたものが描かれています。

大阪の繁栄は昔から水運と出船入船に負うところが多く、人々に親しまれ、 港にもゆかりの深いみおつくしが、明治27年4月、大阪市の市章となりました。

江戸時代末期の大阪の名所を描いた「浪花百景」

前の台座に乗ると「にゃ~」と鳴くまねきゃっとは、小さなお子さんたちも大好き。

ガラスアートも素敵です。

こんな愉快な絵も・・・・

今日も外は雨です。

傘を差したまま両手を使える「肩ブレラ」
今日は雨の日の撮影の強力助っ人 肩ブレラの紹介です。 折りたたみ傘の持ち手とつけ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

フラワーアートミュージアム2017


大阪駅上の「時空(とき)の広場」が、お花でいっぱいになる「フラワーアートミュージアム」は、建築家・安藤忠雄氏の発案により2012年から開催しており、今回で6回目。

約2万ポットの色とりどりのお花で彩られた花壇により、時空の広場は普段とは一味違った雰囲気となります。

秋の季節を代表するお花「ダリア」、「マリーゴールド」、「ジニア」や、人気のあるお花「アジサイ」、「リーガスベゴニア」、「フランネルフラワー」、そして珍しい色の「チョコレートコスモス」、「トウガラシ」などで彩られた色鮮やかなお花畑が登場。

時空の広場が約2万ポットのお花で彩られています。

これはフォックスフェース。

吾亦紅かな。

小さなかわいいユリ。

松ぼっくりの細工も・・・・

「クリスマスフラワー」とも呼ばれるポインセチア。

日本では11月から12月ごろに茎の上にある葉が赤や桃色や乳白色に美しく色付く。

初めてお目にかかったアジサイ、見事です。

今日も外は雨です。

傘を差したまま両手を使える「肩ブレラ」
今日は雨の日の撮影の強力助っ人 肩ブレラの紹介です。 折りたたみ傘の持ち手とつけ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

雨の日に


このところ異常気象、雨が続く。

やっとコスモスの季節になったと喜んでいたが、これではとても撮影には行けない。

ごろごろしているのもうっとうしい、雨に濡れないところをうろうろ、この親子もひょっとしたらそうかな。

でも、普段気が付かないものも見つけられたし、それなりに雨もいいのかな。

傘を差したまま両手を使える「肩ブレラ」
今日は雨の日の撮影の強力助っ人 肩ブレラの紹介です。 折りたたみ傘の持ち手とつけ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!