暮れなずむ街角で

講習会が終わり暮れかかった街でふらりと撮り歩いた。

夕暮れ時は皆家路を急ぐ。
いや、待ち合わせの場所へ急いでいるのかな。

題名を暮れなずむと付けてはたと考え込んだ。

辞書で調べると、暮れなずむとは日没どき、日が暮れかけてから暗くなるまでの間の様子。
「暮れ泥む」と書く。

多くは春の夕暮れを表す。
「泥む」とは物事が停滞すること、とある。

やはりこの時期の使用はまづいかな、ま、いいか。

若い二人が西日を浴びながら話し込んでいます。

やはりこの時期「つるべ(釣瓶)落とし」を使うべきだったかな。
ビルの壁に映った夕日がきれいです。

暮れなずむ、といえば、往年の人気テレビドラマ「3年B組金八先生」の主題歌「贈る言葉」を思い出す人が多いに違いない。

歌い出しのフレーズが「暮れなずむ町の 光と影の中 去りゆくあなたへ 贈る言葉……」だ。

ビルの夕景を写すビルの壁。

いつの間にかいつも立ち寄る本屋さんへ向かっていた。

エスカレーターを登りながら沈む夕日を楽しんだ。

少し歩いてみよう、この辺り、ビルの灯りがきれいだ。

とうとう堂島まで歩いてしまった、もう夕日もおしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">