梅林は花盛り 長居植物園

春告草(はるつげぐさ)、早春、葉に先だって前年枝の葉腋に、1 – 3個の花がつく。

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど  早春賦

長居植物園では、早咲き・中咲き・遅咲きと開花時期の異なる約30品種の梅の花が咲き継がれます。

緑萼枝垂

天平2年(730年)1月13日、大宰帥・大伴旅人の邸宅(現在の福岡県太宰府市・坂本八幡宮辺りとの説がある。)で開かれた宴会で、いわゆる筑紫歌壇の員により梅花を題材に32首の歌が詠まれた。

この宴会を「梅花の宴」と呼び、これら32首の歌は『万葉集』巻五に収録されている。

これを基に、元号『令和』が制定されている。

文扉

遠の朝廷と防人を訪ねて②
御笠団印出土地 701年の大宝令(たいほうりょう)に定められた軍団(軍隊)の印判 … 続きを読む →

大宰府展示館の中、天平2(730)年正月13日、大宰師大伴旅人の邸で梅花を題とする歌宴が開かれた。
その様子を博多人形で再現されている。

舞扇

「東風(こち)吹かば にほひおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ」菅原道真が大宰府に左遷される時、道真の愛した庭の梅の花に別れを惜しんで詠んだ歌。

後に庭の梅木が道真を追って大宰府に飛んできた、という「飛梅伝説」がある。

緑萼枝垂

遠の朝廷と防人を訪ねて④
太宰府天満宮・北野天満宮・防府天満宮を合わせて「三天神」と呼ぶ。 三天神には諸説 … 続きを読む →

飛梅が一輪寒風にさらされています。

雪月花

北野天満宮界隈
投稿日時: 2019年3月20日
旧称は北野神社。二十二社(下八社)の一社。 福岡県太宰府市の太宰府天満宮とともに … 続きを読む →

飛梅伝説の現実的経緯としては、一説に、道真に仕えて大宰府にも同行した味酒保行が株分けの苗木を植えたものとも

鶯宿

月影

八重唐梅

御所紅

浜千鳥

八重寒梅

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">