ラグビーの街東花園


東花園駅から東大阪市花園ラグビー場までの道のりは、ラグビー用品専門店が並ぶなど、ラグビータウンの様相を呈している。

2010年8月には東大阪市の公募により、駅からラグビー場までの道筋に、「スクラムロード花園」と名付けられた。

ラグビー場までの道はまさにラグビー一色。

花園ラグビー場は大阪府東大阪市の花園中央公園隣接地に1929年に開場した日本初のラグビー専用スタジアム。

国内有数のラグビー専用球技場であり、全国高等学校ラグビーフットボール大会の会場としても知られ、同大会は「花園」との通称で呼ばれている。

また、社会人ラグビーリーグであるジャパンラグビートップリーグに所属する近鉄のラグビーチーム(近鉄ライナーズ)のホームグラウンドとしても使用される。

「対話」と題したモニュメント

「ラグビーの町東大阪」に因み、ラグビー発祥の国であるイギリスの「ストーンヘンジ」をモチーフにしているとあります

スタジアムに隣接する公園もラグビーにまつわる物だらけ!W杯を記念して設置された”鉄のボール”というオブジェがあったり…

花園中央公園にもラグビーボールのモニュメント。

公園入り口付近にある「ラグビーの森」と名付けられた空間。

ドリーム21

アスレチックやプラネタリウム、自然科学などが体験できるお出かけスポット・学習施設として、毎年30万人前後が来館します。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">