芦生の森原生林 関西最後の秘境

原生の森と呼べる場所は関西には少ない。
京都府の北東部、南丹市美山町にある芦生の森は京都大学の研究林として、その原始の姿が守られてきた。

研究林事務所に入山申請書を出してスタート。
本来は入山林禁止のところを、申請者に限り許可されているのだということを知っておこう。
現在、芦生研究林に入るには事務所前を通る方法しか認められていない。

入林者増大によるオーバーユースの問題や、万一の時に入山者を把握できないと対処ができないこと(遭難事故は毎年のように発生している)などの理由からだ。
10人未満のパーティなら当日の申請でOK。

入山申請書は研究林事務所か、研究林入口の仮入林受付所(ボックス)に提出する。
10人以上の場合は1週間前までに事前申請し、許可審査を受けることになる。

ハイカーが歩けるのは、林道と歩道。
それ以外に入ることはできない。
その他のルールは、一般的な山でのマナーと変わらない。

歩くのは入門コースのトロッコ道だ。
由良川に架かる軌道橋を渡って芦生の森へ。

木漏れ日を浴びながら枕木を踏みしめて歩く。

芦生の森は京都府の北東端、滋賀県と福井県に接する場所にあり、日本海にそそぐ由良川の源流域にあたる。

日本海型と太平洋型の気候が混ざり合う地域で、植生の区分も寒温帯と暖温帯が入り混じる移行帯にあたる。

標高は353~959mで、600~800mの部分が全体の三分の二を占めている。
京都市内と比べると、平均気温は3~4℃低く、平均降水量は約1.5倍となっている。

長冶谷(標高640m)の積雪深は2m近くにも及び、12月半ばから4月初めまで根雪に閉ざされる。

この地を京都大学が大正10年(1921年)から学術研究と実地演習のために99年間の契約で借り受けており、薬4200haを芦生研究林として利用している。

現在、研究林内で確認されているのは、木本植物が243種、草本植物が532種、シダ植物が85種となっている。
植物分類学者の中井猛之進博士(1882~1952年)が「植物を学ぶものは一度は芦生演習林を見るべし」と残しているように、芦生の森はまさに植物の宝庫である。

スギ林の中に石垣が現れた。
昭和35年に廃村になった灰野の最後の集落跡だ。
大きなトチノキが出迎えてくれる。

奥へ進むと、動物が何者かに食い散らかされた後とか、崖が崩落して迂回路が設けられている場所とか、普段目にすることのない風景に出くわした。

昼食時に見かけた可憐な草花、家に帰り調べたがわからないので長居植物園に聞きに行くと「ハナニガナ」という名の草花で山野でよく見かけるものと判明。

クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら!

芦生の森への行き方・歩き方

京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション 芦生研究林公式サイト

〒601-0703 京都府南丹市美山町芦生 
TEL.0771-77-0321 
FAX.0771-77-0323

公共交通機関
JR京都駅からJRバスで周山。南丹市営バスを乗り継いで約4時間~6時間。
京阪出町柳駅から京都バスで広河原(約2時間)。さらに徒歩約3.5時間。

自動車
京都大学から鞍馬経由で約2時間 (約60km 冬期通行止)。
【芦生の森】入り口に無料駐車場あり

芦生の森原生林 関西最後の秘境” への2件のコメント

  1. 今年の7月ごろ芦生の森に行きたいのですが、トロッコ道、ブナの木コースへは、単独での入山は可能でしょうか?教えてください。登山道は整備されていますでしょうか?また地図等はどこでいただけますか?よろしくお願いいたします。

    • ブログ訪問有難うございます。
      お尋ねの件非常に魅力のある場所ですので魅力を感じると思いますが単独入山はお勧めしません。
      通信等も携帯電波は届きません、衛星携帯電話が必要になります。
      ブログにあります、京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション 芦生研究林公式サイトに案内がありますので従ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">