万博公園 ヒガンバナが見頃を迎えています


西大路、石畳の道の両側に約360m、260本のプラタナスが西洋の並木道の景観を醸し出しています。

写真愛好者の方々の被写体となる魅力あるスポット。
青空がきれいです。

森のトレインも元気に走り回っています。

台風一過、池の映り込みもきれいです。

この間までのあつさがそのよう、季節は秋を迎えています、タカノハススキ(矢羽ススキ・ヤハズススキ・鷹の羽ススキ)、いい雰囲気です。

秋空にはすすきが似合う。

ススキの穂は、それを動物の尾に見立てて尾花(おばな)と呼ぶことがあり、ススキ自体もそのように呼ばれることがある。

この「尾花」はススキおよびススキの穂を意味する古名であり、奈良時代初期の歌人・山上憶良が『万葉集』(巻八 1538)にて「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また 藤袴 朝顔の花」と詠んだように、古来、秋の七草の一つに数えられている。

実際に植えられているのはムラサキシキブではなく小型のコムラサキが多いんです。

秋の彼岸の頃に咲く「彼岸花」は、田んぼのあぜ道や土手を赤く染めて、日本の秋を彩ります。

別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」などとも呼ばれ、サンスクリット語で「天上に咲く赤い花」という意味です。

万博公園では自然文化園 森の舞台、もみじ川周辺/日本庭園 竹林地、花しょうぶ田周辺あたりに群生しています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">