姫路市書写の里・美術工芸館


1994年に開館。本館は書写山圓教寺をイメージさせる大屋根、瓦葺の外観。

展示室は6室あり、「展示室A」では郷土出身の元東大寺管長・清水公照の作品や愛蔵品を常設展示する。

はりこの絵付けなど体験コーナーもある。

左の階段スペースには 約300体の泥仏。 

これは 清水公照が 瀬戸、九谷、信楽、清水、備前、萩、唐津、有田など 全国の著名な窯元で 制作した泥仏。

備前焼などの大型焼き物も展示。

土鈴の展示コーナーにユニークな作品が。

太宰府天満宮 うそ鈴/太宰府市
 
鷽(うそ)鳥は頭と翼・尾が黒く腰のあたりが白、腹部や背は灰色ですが、オスの胸は美しい赤いバラ色をしてきれいな声で鳴くので有名。

「木うそ」はこの鳥が木にとまっている形を表したもので、天満宮の1月7日「うそかえ」神事に用いられ、幸運の守り神としての信仰がある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

姫路市書写の里・美術工芸館へのアクセス、行き方歩き方゜

兵庫県姫路市書写1223
079-267-0301

姫路駅からバスで25分(神姫バス)
書写駅から徒歩で3分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">