日本庭園 夏宵 夕涼み演奏会

大仙公園 日本庭園 夏宵 夕涼み演奏会、今年も来ました。

演奏が始まる頃にはちょうど良い夕暮れ。

大海に見たてた池泉の対岸は、中国大陸をなぞらえたもの。

最初は民謡メドレー。

この中腰のスタイル、相当の体力が必要と思われる。

マサとノブ、息の合った演奏が続きます。

太鼓と篠笛のアンサンブル、武骨な風貌と繊細な篠笛の対比がいい。

宴たけなわ、総檜づくり銅板葺きの休憩舎は、15世紀の納屋衆と呼ばれた豪商たちの集会所を想起して建てられています。

樹齢約250年の大木で作られたくり抜き大太鼓(3尺3寸 胴直径1m26cm)、鍛え抜かれた筋肉のたくましさ。

ノブは今年結婚だそうだ、おめでとう。

二人の熱演に酔いしれた夏の宵でした。

本日のプログラム

寄せ囃子

民謡メドレー

PARADISE

渦uzu

休憩~15分~

貝殻節

津軽じょんがら節 合奏

竹田の子守唄

風紋

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">