秘密にしておきたい紅葉の名所 旧秀隣寺庭園


道元が越前下向のおり当地の地形の様子が宇治興聖寺のそれに似ているのに驚き、建立する寺の名を同じにしたといわれる関西花の寺二十五霊場14番。

訪れた日は紅葉の真っ盛り。
風にハラハラ鳩落ち葉が舞っていた。

享禄元年(1528年)、足利義晴は細川晴元・三好元長らの反乱の難を避け、朽木稙綱を頼って享禄4年(1531年)まで朽木谷に滞在していた間、朽木氏一族を始め、京極高秀や浅井亮政、朝倉孝景らの協力のもと、管領細川高国が義晴を慰めるためにこの庭園を贈ったといわれる。

ここに樹齢500年近くの歴史をもつ藪椿(右奥の緑の低い木)があります。

見頃は4月中旬から5月上旬にかけて。千利休が訪れた際、一期一会の心を表す花だと賞賛したという。

散りモミジも見事。

この広い庭園にいるのは私一人、1時間半くらいいたが誰も訪れる人なし、誠にもったいない時間を過ごした。

興聖寺の略年譜

嘉禎 3年(1237年):朽木村の領主佐々木信綱が、承久の乱で戦死した一族の供養を願い、道元を招く。
寛元元年(1243年):招きに応じた道元が、越前下向のおり朽木村に立ち寄り、寺の建立が始まる。
享禄元年(1528年):室町幕府12代将軍足利義晴が、細川晴元・三好元長の追撃から逃れるため3年間滞在。
元亀元年(1570年) :4月、浅井長政の裏切りに合い、絶体絶命の危機に見舞われた織田信長を救う。
享保14年(1729年):上柏村指月谷から岩神村秀隣寺の地に移す。
文政11年(1828年):本堂が焼失。
安政 4年(1857年)3月:朽木大綱の寄進で25世仙英和尚の代に再建。

朽木は近江守護の佐々木一族(朽木氏)に代々治められてきた場所で。

興聖寺の開基となる宇多天皇の直系の佐々木信綱、その曾孫にあたる義綱より氏を『朽木』と改め、明治時代になり廃藩置県が行われるまで統治していた。

その朽木の地に興聖寺が建立されるのが鎌倉時代。

嘉禎3年(1237)、近江守護佐々木信綱が宋から京都に帰洛していた曹洞宗開祖・道元禅師に、承久の乱で戦死した一族の供養を願い出た。

朽木の里を訪れた禅師は付近の山野の風景が伏見深草の興聖寺に似て絶景だと喜び、山号を高巌山興聖寺とする一寺の創建を奨めた。

3年がたち仁治元年(1240)には七堂伽藍が完成し、遷仏式には永平二世・孤雲懐奘禅師を迎え盛大に行われた。
それ以来、興聖寺は曹洞宗第三の古道場といわれてきた。

秀隣寺は、朽木宣綱が、慶長11年(1606)に正室の菩提を弔うために、かつての岩神館のあった地に建立した寺院であることから、この庭園は、正しくは「岩神館庭園」と呼ぶべきかもしれません。

庭園は、安曇川が形成した段丘の縁にあり、安曇川の清流、そしてその背後に横たわる蛇谷ヶ峰を借景としています。

池泉鑑賞式の庭園で、左手の築山に組まれた「鼓の滝」から流れ出た水は池に注ぎます。

曲水で造り上げた池泉には石組みの亀島、鶴島を浮かべ、中央付近には見事な自然石の石橋を架けます。

随所に豪快な石組を配する、全国屈指の武家の庭です。

元亀元年(1570)4月、浅井長政の裏切りに合い、絶体絶命の危機に見舞われた織田信長。

信長は京に逃げ帰る道として朽木街道を選択します。

この時、浅井長政の勢力下にあったはずの朽木元綱は、長政を裏切って信長に味方し、信長が朽木谷を通過することを許します。

この時、もし元綱が長政に義理立てしていたら、信長はこの段階で歴史の舞台から姿を消していたでしょう。

この間の様子を『信長公記』は「4月晦日、朽木越えをさせられ、朽木信濃守馳走を申し、京都に至って御人数打ち納められ・・」
と、簡潔に記しています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

朽木散策

浅井長政の裏切りに合い、絶体絶命の危機に見舞われた織田信長。
京に逃げ帰る道として朽木街道を選択した。

その雰囲気を見ようと紅葉期の朽木を訪れた。

スタートは朽木新本陣。

旧領主・朽木氏の陣屋機能を現代風に復元し、1987年に誕生。
1993年、「道の駅」に指定され、毎週日曜・祝日に開かれる朝市が人気で、多くの観光客で賑わっている。

道の駅朽木本陣の隣りは鯖街道交流館、観光案内などを行っている。

信長に関する情報を得ようとしたが、いまいち熱意が感じられない。

国道367号、前方が小浜方面、工法が京都、私は右手の安曇川から来た。

北川、熊川宿から小浜城のそばを流れるあの北川だ。

前方に見えるのが安曇川。

山神神社。

朽木陣屋跡

関ヶ原の戦い以後、徳川幕府の譜代大名格の待遇を受けた朽木氏が領地内に設けた館舎で、当時は9万3000平方メートルの敷地に本丸・二の丸・三の丸をはじめ、御殿・侍所・剣術道場・馬場・倉庫など戦陣拠点としての諸施設が建っていたといわれています。

残念ながら、明治維新とともにすべての建物が取り壊され、現在は、堀・土居・石垣の一部と2ヵ所の井戸がわずかに残っているだけ。

しかし、近年になって、植物・樹木が植えられ、わら葺きの民家が移築されて史跡公園となっている。

残り柿がポツリと一つ、静かな秋の風情です。

吹く風は結構冷たい、ススキの穂が揺れる、なぜか物悲しい風景。

マンホールのふた、旧村の花「ヤマユリ」、旧村の木「杉」、旧村の鳥「ウグイス」(中央)「くつき」名称入り。

次回はいよいよ朽木氏の庭園跡へと案内します。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

水に浮かぶ美術館


1998年(平成10年)、佐川急便創立40周年を記念して開館した。
収蔵作品は、日本画家・平山郁夫と彫刻家・佐藤忠良の作品が中心となっている。

美術館の敷地は大部分が水庭(人工池)になっており、水の上に浮かぶように見える2棟の切妻屋根の展示館(竹中工務店設計・施工)は、そのデザインが高く評価されている。

夏季の夜間はライトアップされる。

佐藤忠良の作品が至る所に展示されている。

水はひたひたに満たされ、木々の陰影とあいまって美しい。

風に吹かれて僅かに波立つ水面に、キラキラと光が反射し、周りの樹木が映されています。

そのシルエットは、敷地の大部分を占める水庭の美しさとあいまって、「光と影」の「空間」を際だたせ、周辺の風景との一体感を演出しています。

こちらも佐藤忠良作品。

「水に浮かぶ美術館」称される贅沢な空間の中に、日本画家の平山郁夫(1930-2009)、彫刻家の佐藤忠良(1912-2011)、陶芸家の樂吉左衞門の展示館を設け、3巨匠の作品をゆっくりと鑑賞。

佐藤忠良の「蝦夷鹿」と題する作品。

館内は広々として車いすも楽々。

エントランスの像。

池の中に立つ佐藤忠良作品。

別館(2007年竣工)では、陶芸家 樂吉左衞門氏とのコラボレーションにより現代の茶室と非日常的展示室を創出。

葦の茂る水庭に浮かぶ現代の茶室と水面下に埋没された樂茶碗の展示室により構成されている。

正面の明るいところは、その上だけ天井にガラスがはめられ、その上を水が流れています。

その光が、(多分)コンクリート打ちっ放しの壁に差込み、終始微妙な光の動きを作っている。

エントランス室内には、どこから持ってきたのかと思うほどの、巨大な古木のベンチがおかれています。

室内に入った瞬間、何が起こっているのか?とあせるほどです。

そして左手扉奥が展示室、室内は暗く、ライトが多用された中に作品が浮かび上がっています。

佐藤忠良の作品で有名なのは、「帽子シリーズ」。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

高原リゾートの花園

琵琶湖テラスは霧で台無しだったが、頂上付近の花園は楽しませてもらった。

ジギタリスは別名をキツネノテブクロ(英名のfoxgloveの直訳である)という。
ヨーロッパ原産であるが、観賞用あるいは薬用に世界中で栽培される。

本種の学名はラテン語で「ゆび」を表すdigitusに由来する。これは花の形が指サックに似ているためである。

西洋では暗く寂れた場所に繁茂し不吉な植物としてのイメージがある植物とされる。

いけにえの儀式が行われる夏に花を咲かせることからドルイド達に好まれると言われる。

「魔女の指抜き」「血の付いた男の指」などと呼ばれていた地域もある。
メーテルリンクは、「憂鬱なロケットのように空に突き出ている」と形容している。

ヘメロカリスは初夏から夏にかけて次々と花を咲かせる多年草で、日本にはニッコウキスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウが自生し、古くから親しまれています。

ユリ科で分類される場合もあります。

「ギボウシ」は擬宝珠(ぎぼうしゅ)の転訛であるが、これはこの植物のつぼみ、または包葉に包まれた若い花序が擬宝珠に似ることに由来する。

ジャノメエリカ、名前は花の中心の黒い部分(葯)が蛇の目模様に見えることから。

花ではなく、葉が何段にもつくことから「九蓋草」または「九段草」。

キリン草、茎の先端が平らな集散花序となり、マンネングサに似た多数の黄色い花を付ける。

別名は「キジンソウ」「キジグサ」ともいい、和名は「傷薬の草」を意味し、これが転訛して「キリンソウ」となったとする説がある。

また、中国の古書に登場する伝説上の動物麒麟に由来するという説もある。

ダリア

ヨーロッパでは、1789年にスペインのマドリード王立植物園に導入され、翌1790年に開花したのが始まり。

1842年(天保13年)にオランダから長崎に持ち込まれたのが、日本への最初の到来となった。

ストケシア、日本に渡来してきたのは大正の初めで、昭和に初期に人気が出て広く普及したと言われています。

ストケシアの名前はイギリスの植物学者ストークスにちなんで名付けられた。

ツマグロヒョウモン(オス) Argyreus hyperbius タテハチョウ科

シモツケソウに似ているんだけど・・・・・

名前不詳。

あざ夜間花色で人目を惹く、水滴が輝いてきれいです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

霧のテラス


「びわ湖バレイ」の山頂エリアの「びわ湖テラス」、琵琶湖の絶景を一望できるということで人気を集めている。

しかし、今日は一面ガスが立ち込め視界不良、右手に琵琶湖大橋も霞んで見える。

自慢のテラスもご覧の通り、視界ゼロ、押しかけた観光客も足早に下山。

本来であればこういう景色が楽しめるはず。

「スカイウォーカー」も人影なし。

これはもう下山するしかない。
散々な琵琶湖テラス訪問でした。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新緑の西教寺


山門は坂本城のものを移築。

信長による比叡山焼き討ちの後、近江国滋賀郡は明智光秀に与えられ、光秀はこの地に坂本城を築いた。

光秀は坂本城と地理的にも近かった西教寺との関係が深く、寺の復興にも光秀の援助があったと推定されている。

光秀が戦死した部下の供養のため、西教寺に供養米を寄進した際の寄進状が寺に現存している。
また、境内には光秀の供養塔が立っている。

参道は緑にあふれる。

フジの実も見事に成長。

最後の坂を登り切り本堂へ向かう。

本堂前方西側の納骨堂の裏側の一段高い石垣の上に、阿弥陀如来を中心に、不動・天部など計27体の石仏が並んでいる。

阿弥陀如来に随行し、笙や横笛・琵琶・琴などを奏でる二十五菩薩を軟質な青緑色の笏谷石の特色を生かして精緻に彫った秀作である。

天正12年(1584)に、近江栗田郡の富田民部進が、幼くして没した息女花清妙蓮童女のため、極楽浄土を願って、造立したもので、その旨を記した刻銘がある。

真盛上人廟に向かう。

地獄絵のような掛け軸。

茶の間。

手水、杓の形も美しい。

ちょうどこの日は明智光秀の命日(14日)にちなみ、光秀ゆかりの天台真盛宗の総本山、西教寺(大津市坂本)で追善法要が行われた。

全国の光秀ファンで作る「明智光秀公顕彰会」のメンバーら約100人が参加し、光秀に思いをはせた。

勅使門への石段、木漏れ日が美しい。

穴太積みの石垣はまるで城郭のよう。
石垣が西日を受けて輝く。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新緑の日吉大社


緑濃いこの参道、紅葉期には真っ赤に染まる。

全国に約2,000社ある日吉・日枝・山王神社の総本社。

通称として山王権現とも呼ばれる。
猿を神の使いとする。

西本宮と東本宮を中心とする400,000m2の境内は国の史跡に指定される。
社名の「日吉」はかつては「ひえ」と読んだが、第二次世界大戦後は「ひよし」を正式の読みとしている。

大宮川、大宮橋から木漏れ日の川を見る。

見上げれば陽に透かしたしたシダの葉が美しい。

山王鳥居の特徴は明神鳥居の上部に三角形の破風(屋根)が乗った形をしていて、仏教の胎臓界・金剛界と神道の合一を表しているとされる。

山王信仰の象徴であるため、山王鳥居と呼ばれている。

山王信仰とは、最澄が比叡山に天台宗を開いた折、唐の天台山の守護神「山王元弼真君(さんのうげんひつしんくん)」にちなみ、既に比叡山の守護神としてご鎮座されていた日吉大神を「山王権現」と称する、神仏習合の信仰。

独特の鳥居である事から、分霊社の中にはこの鳥居を模して建立する例も少なくない。

東本宮は、本来、牛尾山(八王子山)山頂の磐座を挟んだ2社(牛尾神社・三宮神社)のうち、牛尾神社の里宮として、崇神天皇7年に創祀されたものとも伝えられている。

一段上の宇佐宮を目指す。

白山宮の境内に祀られている神々。

そもそも猿は全国に生息しているが、何故か古来より日吉といえば猿といわれ、いつの頃からか魔除けの象徴として大切に扱われるようになった。

「まさる」は「魔が去る」「勝る」に通じ、大変縁起のよいお猿。

元亀2年(1571年)、織田信長の比叡山焼き討ちにより日吉大社も灰燼に帰した。

現在見られる建造物は安土桃山時代以降、天正14年(1586年)から再建されたもの。

信長の死後、豊臣秀吉と徳川家康は山王信仰が篤く、特に秀吉は、当社の復興に尽力した。

これは、秀吉の幼名を「日吉丸」といい、あだ名が「猿」であることから、当社を特別な神社と考えたため。

西本宮 本殿(国宝)

西本宮の祭神・大己貴神については、近江京遷都の翌年である天智天皇7年、大津京鎮護のため大神神社の神が勧請されたという。

以降、元々の神である大山咋神よりも大己貴神の方が上位とみなされるようになり、「大宮」と呼ばれた。

今日のお昼は創業三百余年の鶴喜そば。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日吉大社と神猿(まさる)伝説


全国に約2,000社ある日吉・日枝・山王神社の総本社。
通称として山王権現とも呼ばれる。猿を神の使いとする。

山王鳥居の特徴は明神鳥居の上部に三角形の破風(屋根)が乗った形をしていて、仏教の胎臓界・金剛界と神道の合一を表しているとされる。

山王信仰の象徴であるため、山王鳥居と呼ばれている。

西本宮の楼門の軒下四隅には、それぞれ違ったポーズの神猿さんがお参りに訪れる方々を見守っています。

神猿さんは魔除けの象徴

そもそも猿は全国に生息しておりますが、何故か古来より日吉といえば猿といわれ、いつの頃からか魔除けの象徴として大切に扱われるようになりました。

「まさる」は「魔が去る」「勝る」に通じ、大変縁起のよいお猿さんです。

猿は古く境内で飼われており、既に室町時代の記録にも登場する。

江戸時代の絵図等には「猿飼所」「猿厩」が記されている。

『日吉山王権現知新記』の記録では、神猿さんの食費として「一石(いっこく)」(大人一人が一年に食べる米の量)の予算(俸禄??)が当てられています。
小さい体でも、一人前のお給料を貰っていたのですね。

京都御所の鬼門にあたる猿が辻にある、魔除けの神猿 延暦13年(794)、都が平安京に遷都された。

このとき、京都の東北の鬼門に比叡山があり、鬼門の山があるのは地相が悪いと反対の声が上がりました。
しかし、鬼門である比叡山にはすでに日吉大社と延暦寺があり、日吉大社の大神によって守られていることからこの問題は解決し、京都が都に選ばれた。

山王七猿の和歌 「七猿歌」は天禄4年(973)、第18代座主の慈恵大師良源が日吉山王権現に願文を捧げられたとき、権現の使いである猿に因んで「さる」を詠みこんで作られた7種の歌の処世訓。

天台教学の要諦である【諸法実相】、【三諦円融】内蔵した御歌といわれ、〈宇宙の道理の相〉を心を鎮めて観得することを念じて詠みこまれたものといえるでしょう。

一、つらつらと うき世の中を思うには
   まじらざるこそまさるなりけれ

二、見聞かでも いわでもかなわざるものを
   うき世の中にもまじるならいは

三、つれもなく いとわざるこそうかりけれ
   定めなき世を夢と見ながら

四、何事も 見ればこそげにむつかしや
   見ざるにまさることはあらじな

五、きけばこそ 望みもおこれはらもたて 聞かざるぞけにまさるなりけり

六、こころには なにわのことを思うとも 人のあしきにはいわざるぞよき

七、見ず聞かず いわざる三つのさるよりも 思わざるこそまさるなりけり

東本宮参道の脇に霊石がある。

正面から見た凹凸(おうとつ)が、しゃがみこむお猿さんの形にそっくりなので、「猿の霊石」と呼ばれている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

日吉大社へのアクセス、行き方歩き方

日吉大社公式サイト

滋賀県大津市坂本5丁目1-1

JR湖西線 比叡山坂本駅(徒歩20分)
京阪石山坂本線 坂本駅(徒歩10分)

明智一族の眠る西教寺

比叡山(848.3m)の南東山麓に大きな寺域を持つ。
全国に450以上の末寺を持つ天台真盛宗(てんだいしんせいしゅう)の総本山。

寺伝では、聖徳太子(574-622)が創建し、のちに天智天皇(626-671)から西教寺の勅願(ちょくがん)を賜わり、平安時代に延暦寺中興の祖良源(りょうげん)(913-985)が、続いて横川の源信(げんしん)(942-1017)が庵を結んで修行道場としたと伝えられる。

先ず念仏小僧と羅漢像がお出迎え。

坂本城主明智日向守光秀とその一族の墓。

忠義が重んじられた時代、逆賊である光秀を堂々と弔うことができず、一見、誰の墓かわからない形で伝えられてきたという。

元亀2年(157D織田信長の比叡山焼き計ちの際、西教寺も災禍をこおむった。

その直後に築かれた坂本城の城主となったのが光秀でした。
光秀は西教寺の檀徒となるに及び、復興に大きく力を注ぎました。

天正年間には大本坊が再建されました。

その時の「天正年中明智公所造古木」が今も残されています。

総門は城門を移築したもので、鐘楼堂の鐘は陣鐘です。

また、湖を渡った時の鞍、経筒及寄進状なども寺宝として残されています。
天正10年にこの世を去った光秀は6年前に亡くなった内室煕才や一族の基とともにまつられている。

明智光秀公辞世句

順逆無二門
大道徹心源
五十五年夢
覚来帰一元

明智軍記】に見える。

熙子の墓。

光秀が諸国を放浪していて貧乏だった頃。

戦国武士たちは持ち回りで仲間を家に招き接待する習わしがあった。

光秀の番が回ってきた時、お金がなくて困っていましたが、当日熙子は見事な酒肴を用意して客をもてなし、光秀の面目をほどこした。

客たちが帰った後、いったいどうやって工面したのか尋ねたところ、熙子はかぶりものを髪からとってみせました。

すると美しかった熙子の髪は短く切られた断髪姿となっていた。

熙子は自分の髪を売ってお金を工面したのでした。
…という話が「名将言行録」などに載っているのですが、これも真実だったのかどうか確かめるすべはない。

この黒髪の話に感銘を受けた松尾芭蕉が「月さびよ 明智が妻の咄(はなし)せむ」という句を詠み、貧しく出世できないでいた弟子に贈り励ましたという。

石段を登り切ったところに真盛上人の墓所がある。

本尊阿弥陀如来坐像。

寄木造りの定印を結び結跏趺坐する丈六の阿弥陀如来。
肩幅が広く、目鼻立ちや体躯の肉取りには穏やかな中にも硬さが見られ、衣文は装飾性が強くなっている。

定朝様に近いが形式化が見られ、平安時代後期の作と考えられる。

「手白のましら(猿)伝説」

明応2年(1493)坂本にて、馬借[ばしゃく]などが主体となって起こった土一揆は、徳政令[とくせいれい]の発布を要求して日吉社に籠り、山門側がそれを武力でもって弾圧に乗り出したことにより、日吉社の建物はことごとく焼かれ、消滅。

西教寺の僧侶はこれを哀れみ、敵味方関係なく一カ所にあつめて念仏回向[ねんぶつえこう](供養)をして葬りました。

ところが、このことが山門の怒りに触れ、さらに一揆の首謀者を真盛上人と誤解したため、山門の僧兵が西教寺に攻め入ったといいます。

しかしそのとき境内には人影がなく、ただ不断念仏の鉦の音だけが響くばかり。

どっと中に踏み込んだ僧兵たちが見たのは、上人の身代わりに猿が念仏の鉦をついている光景でした。

日吉山王の使者である猿までもが上人の不断念仏の教化を受け、念仏を唱えている、そう受け取った僧兵はその場を立ち去ったといわれます。

このときの猿の手が白かったことから「手白のましら(猿)伝説」といい、上人の御徳は鳥獣にも及ぶほどであった証として語り継がれている。

こうして寺を護る猿として「護猿[ござる]」となり、縁がござる、福がござるといって親しまれ、ごえんと呼んで「五猿」と書き、五匹の猿がお念仏を唱えている姿にして、西教寺では商売繁盛のお守りとしている。

西教寺には、合計4つの庭園がある。
庫裏南側・客殿西側・書院南側・書院北側の庭です。

それぞれに趣が異なる庭園で見ごたえがあります。

本堂の前に苔むした梅の老木が一本、見事な花を咲かせています。

宗祖大師殿からの眺めは格別。

春霞で霞んでいるが正面に近江富士が見える。
紅葉期には絶景となる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

西教寺へのアクセス、行き方歩き方

西教寺公式サイト

滋賀県大津市坂本5丁目13番1号
TEL:077-578-0013

JR湖西線『比叡山坂本』駅 下車、江若バス約7分(西教寺下車)、又は徒歩30分 ◎京阪電車『坂本』駅下車、江和バス約4分(西教寺下車)、又は徒歩25分

ビエリ守山にて


雨風が激しいので近くのビエリ守山に避難、昼食と休憩です。
明るい廃墟で有名なピエリ守山。今は立派に営業している。

早速店内でズームダウン左ふり回転、作品作りに取り掛かる。


美女を発見。

こちらにも魅力的な人が。

屋外ははあいにくの天候、近江富士が近くに見える。

琵琶湖大橋とエリ。

ビエリ守山港と比叡。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ビエリ守山へのアクセス、行き方歩き方

滋賀県守山市今浜町2520-5

琵琶湖線(東海道本線) 守山駅より近江鉄道バス「守山ラフォーレ線」(木の浜線)で約30分「ピエリ守山」停留所下車。
湖西線 堅田駅より近江鉄道バス、江若交通バス「堅田ラフォーレ線」(堅田駅 – ピエリ守山線)で約15分「ピエリ守山」停留所下車。