昭和レトロの残る街美章園高架下


近鉄電車「河堀口(こぼれぐち)駅」下車、JR阪和線沿いにぶらぶら歩きます。

こぼれぐち駅という読み、今初めて知りました。

和気清麻呂が、788年(延暦7年)に上町台地開削工事を行った際、掘りかけた堀川にちなむ。

堀川は河堀(こぼり)といい、なまって「こぼれ」となり、その掘り始めた場所であることから河堀口(こぼれぐち)となった。

駅の東側は古くからの商店や住宅が所狭しと軒を連ねている。

駅周辺や高架下などは、まさに時代が止まったように昭和そのもの。

高架下住宅が当時のままの姿で残るのも大阪ではここだけでしょう!

駅名の由来は、大阪の財界人である山岡美章が大正年間に設立した美章土地株式会社がこの駅の付近の土地を住宅地として開発したことに由来する。

ただし、開発したときの美章土地の経営者は大阪商工会議所第8代会頭、大阪商船(現在の商船三井)や日本電力(現在は解散)の社長などを務めた息子の山岡順太郎である。

1945年(昭和20年)2月14日[8]午後8時過ぎ、アメリカ軍による空襲で、B29が阿倍野区内だけに3発の爆弾を投下した。

そのうち1トン爆弾1発が当駅構内に落下し阪和線の鉄筋コンクリート橋脚を粉砕、付近の民家20件ほどを破壊し死傷者30余名を出した。

運悪く和歌山行きの電車が発車した直後でホームに多くの人がいたため、多くの死者が出た。

1951年(昭和26年)8月24日、駅東側に当時の駅職員によって「遭難供養之碑」が建てられた。

当時のままの姿を残しているバラック建て商店兼住宅の2階建てといった感じで、鉄骨を組んでるこの上は駅のホームなんです。

日本を代表する喜劇人であり、今は亡きミヤコ蝶々さんは、若かりし頃の終戦後の一時期、この高架下で生活していたそうである。

トタンの壁に木製のベランダ・・・・
高架下でお店は特に珍しくない・・・・けど、住居スペースは珍しいかと。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新春の大和川


奈良県桜井市の北東部、貝ヶ平山(かいがひらやま、標高822m)近辺を源流としており、上流部では初瀬川と称される。

奈良盆地を西に向かって流れつつ、佐保川、曽我川、葛城川、高田川、竜田川、富雄川など盆地内の大半の河川を生駒山系の手前までに合わせる。

生駒山系と葛城山系の間を抜けて、大阪平野にでると柏原市で南河内を流れてきた石川と合流してまっすぐ西へと流れ、大阪市と堺市の間で大阪湾に流れ込んでいる。

大和川は天井川です。

大和川の水面の標高は18メートル、一方、上町台地の東側に広がる河内の地域はゼロメートル地帯です。
「河内」という地名も、「河の内」と書きますよね。

ですから、もし大和川の右岸が決壊したら、一気に水は河内平野に流れ込みます。

奈良県から大阪府へ抜ける峡谷は、「亀の瀬」と呼ばれる地滑り多発地帯。
同区間を走る関西本線(大和路線)や国道25号も過去に度々被害を受け、関西本線は路線を付け替えている。

度重なる被害の大きさに、河内の大和川流域の村々から付け替えの機運が起こり、現在の東大阪市にあった今米村の庄屋、中甚兵衛らが河内の農村をとりまとめ何度も幕府に請願し続けた。

新しい川の流路となる村々からも付け替え反対の請願が起こったが、1703年(元禄16年)10月、幕府はついに公儀普請を決定する。

また流域の奈良県などで下水道普及が遅れているなどの原因で水質の悪い一級河川の一つであり、2009年の調査では関東の綾瀬川に次いでワースト2位であった。

現在は以前と比べて水質が大幅に改善されており、2010年調査ではワースト3位まで改善して環境省の水質基準も満たしている。

2007年11月には、アユの産卵も確認された。

なお、水質が悪くなる前より、古くからシラスウナギ(ウナギの稚魚)が採れることでも知られている。

加賀屋甚兵衛は延宝8年(1680)河内国石川郡喜志村(現在の大阪府富田林市喜志町)で生まれ、11歳のとき、大坂淡路町の両替商加賀屋嘉右衛門の店に奉公人として入った。

加賀屋は天王寺屋、鍵屋、鴻池など十人両替と呼ばれる大店に次ぐランクの店であった。

甚兵衛は35歳で暖簾分けを許され、加賀屋甚兵衛として新たに自分の店を持つ。

甚兵衛は商用で堺に行く途次、紀州街道の西に広がる大和川の浅瀬が新田開発に適していることを知り、新たな事業に投資すべく45歳の年に初めて新田開発に手を染めた。

宝永元 … その前年には「加賀屋新田会所」(現在の大阪市住之江区南加賀屋)を建てており、甚兵衛はここを終(つい)の棲家(すみか)としたのである。 ….

本殿の屋根は大和 川堤防の遊歩道から眼下に見え、大和川が天井川であることを改めて知らされる。

アマゾン堺フルフィルメントセンター(FC)は、西日本最大級の規模をもつ拠点で、西日本の各FCをまとめる基幹の役割を担っています。

その延べ床面積は、東京ドームの約1.5個分。

沖に見えるのは大阪から韓国・釜山への旅をワンナイトクルーズで、パンスタークルーズは瀬戸内海を定期運航する唯一無二の国際船籍のフェリー。

南港の国際ターミナルへ向かうところ。

豪商の気風を映す新田会所跡。

260年むかしの豪商の暮らしがよみがえる 加賀屋新田会所跡
加賀屋新田を開発した加賀屋甚兵衛は大阪淡路町の両替商であり、享保13年(1728 … 続きを読む →


のんびりと釣りを楽しむ人を見かけた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

真冬の住之江公園

真冬を迎えた住之江公園、この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言う。

暦の上では冬の寒さが一番厳しい時期となる。
この日から寒中見舞いを出し始める。

大池にはゆりかもめが渡来し群舞する姿が見えます。

全長40cm。
冬鳥として、全国の河、河口、湖沼、海岸に至る水辺に来ます。

赤いくちばしと足がきれいな小型のカモメの仲間で、水上に群がる姿は白い花が一面に咲いたようです。
在原業平や和泉式部の古歌に登場する都鳥(みやこどり)はこの鳥。

主にカムチャッカ半島から渡って来ることが、標識調査の結果からわかっています。
対岸にはサギも見えています。

カモの親子がのんびりと。

「花と緑のスクエア」はイングリッシュガーデン風の「サンクンガーデン」(沈床花壇…周囲から眺められるように、真ん中を一段低く設計された花壇)、 スクエアの周りには20数種のバラが生育し、毎年顔を見せてくれる宿根草や多年草が何十種類も植わっていて四季おりおり楽しませてくれています。

春と秋には一年草を植え替えて、新しい表情を見せてくれます。

時期を過ぎたガーベラが寒そうに震えている。

草地を散策していると昼寝中のノラ猫が驚いて飛び出してきました。

サザンカは住之江区の区花。

秋の終わりから、初冬にかけての寒い時期に、5枚の花弁の花を咲かせる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ゆく年くる年


大みそかの夕日。

2019年は令和時代の始まりという明るいニュースはありましたが、総じて災害等の暗いニュースの多い年ではなかっただろうか。

沖縄県の首里城が火災で全焼、東日本における大雨、台風の被害、京都アニメーション放火殺人事件、締めくくりがゴーン被告の国外逃亡。

開けて元旦の日の出。
横着をしてベランダからの撮影。

今年はいい年になってほしいと願っています。

住吉大社へ初詣、今年はどうも気のせいか人出が少ないようだ。

第一本宮の様子。

御田に新しい年の光が射し込む、いい年でありますよう。

近年は時間差の初詣です、早朝8時ごろが一番空いているようだ。

護国神社、此方もパラパラと人が参拝している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

冬日


住之江公園でも寒い日が続いています。

公園のベンチを見ている寒々とした感じがします。

しかし、例年と比べるとどちらかというと暖冬のようです。

冬日というタイトルをつけてしまいましたが、厳密にいうと冬日・・・最低気温が0℃未満の日  真冬日・・・最高気温が0℃未満の日を言うのだそうです。

景色だけていると寒さを感じます。

今年もあと3日!12月29日(日)の天気 高気圧圏内も西日本は天気下り坂。

大晦日から元日には寒気が南下し、寒い年越しとなりそうだという予報です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

空堀界隈


大阪市内でレトロな街並みが残るエリアと言えば「中崎町」が有名。
しかし、実はもう1箇所ある。

その話題のスポットは、心斎橋にほど近いエリアにある「空堀商店街」。
中崎町に負けないくらいレトロな町屋がしっかりと残り、おしゃれなレストラン・カフェ・雑貨屋さんがたくさんある。

二重うだつの町家(御祓筋)珍しいうだつで、黒西酒店の建物です。

また朝日神明宮旧跡の南に樹齢六百年と推定される榎があり、榎木大明神の神祠(正一位稲荷大明神また巳(みい)さんで白蛇を祀る)が置かれている。

当地を坂口王子時跡とされる有力な説がある。
一里塚だとする説もある。
なお、この木は榎ではなく槐(えんじゅ)だそうだ。

古い蔵が改装されてデイケアの拠点に、その際に水琴窟がつくられた、屋上の雨水利用桶とともにユニーク。

空堀地区の、残すべき外観を持つ建物や、HOPEゾーン助成金により整備された建物に、からほり推奨建物プレート(画面右上の瓦風陶板)が取り付けられています。

この大大阪芸術劇場という建物は、その昔は蝋燭をつくる商売をされてたそうだ。

まわりには蝋作り職人が住んでいた。
また、となりは魚屋さんだったそうで、しかも兄弟で、うちお一人さんはすでにお亡くなりになられたんだそうだが、もうお一人さんは、時々、大大阪芸術劇場におとづれては、昔話をされるとか。

また、近所の空堀商店街には、昔、沢井亭という寄席小屋があったと。
この魚屋のおやじさんは、仕事がおわって、ちょっと一杯飲んで、この寄席に行っては、寄席芸を楽しんだそうだ。

エンタツアチャコの漫才もこの寄席の舞台にたったことがあったそうだ。


路地の奥に延命地蔵尊

谷町筋の近代的なビルの隣に、空堀の長屋と路地の町並みが描かれています。

共同の井戸(善安筋路地)

石積み(善安筋)空堀の跡かも知れません。

上町台地の西側斜面に位置する。江戸時代には、商店街の南西は御用瓦師の寺島宗左衛門(寺島家2代目)による南瓦屋町(現・瓦屋町)で、商店街の南北一帯には寺島藤右衛門(寺島家4代目)による瓦土取場(瓦屋藤右衛門請地)が広がっていた。

そのため、現在も起伏に富んだ地形となっている。

豊臣秀吉が大坂城を築いた当時は、城下町が広がっていました。

現在は、昔懐かしいまち並みの中、町屋を利用したおしゃれなお店などがあります。


明治初期に武家屋敷は破却されて畑地が拡大した。

しかし、明治20年代以降のスプロール現象によって、畑地と瓦土取場は凸凹の地形もそのままに家屋が密集するようになった。

1945年(昭和20年)の大阪大空襲では奇跡的に焼失を免れ、昔ながらの長屋などが残り、狭い路地が複雑にめぐっている。



関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

晩秋の長居植物園


街はクリスマスムードもはや年末だ、この時期の植物園をのぞいてみた。

コガネノウゼン、目の覚めるような鮮やかな黄色の花が目立つ木です。
この時期、葉っぱもユニークです。

ところどころ鮮やかな赤が目立つ。

そろそろヒマラヤザクラの時期を迎えています。

枯れ葉がもの悲しさを誘います、今回色々な枯れ葉を見た。

ハスの葉も終末を伝えています。


フウ、最後まで鮮やかさを見せています。

池のほとりで見かけたリナリアグッピー、かわいい花色です。

ビデンス、ウインターコスモスです。
ビデンスは、200種以上が世界に広く分布しているキク科の植物で、特にメキシコに多くの種が自生しています。

誰もいない公園、寂しさが漂います。

「生きた化石」と呼ばれるメタセコイアが、レンガ色に色づいています。

天に向かってそびえる姿は迫力満点。
太古の世界にタイムスリップしたような情景。

小径には落ち葉が。

大池も彩鮮やか、まさに秋色満開。

タテ構図にしてみました。

反対側に回って眺めてみました、池の周りを何度も行き来しています。

大池のほとりのアジサイ園にひときわ鮮やかなモミジを見つけました。

こちらもみごとなもみじが残っています。

そして枯れ葉・・・・・・


ジュウガツザクラが今を盛りに咲いています。

カラスが一羽枯れ木に・・・・

ヤツデは、冬の寒い時期に白い花を咲かせる植物です。

冬でも落葉せずに大きな葉を茂らせ、目隠し用の庭木に利用されたり、「先客万来」など縁起を担いで玄関先や門の脇に植えられたりすることもあります。

ポインセチア、この時期には欠かせない花です。

ツクバネガキが飾ってありました、かわいいね。

秋から冬にかけてモミジのように葉が紅葉するモミジバゼラニウム。

こちらにも枯れ葉。

最後に紅葉のアップを。
人もまばらな楽しい晩秋の公園の散策でした。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

今日の日の出


季節は24節季の大雪を過ぎ本格的な冬の到来で、動物たちも冬ごもりを始める時期です。

空気は澄み、きれいな日の出が見られました。
12月11日の空でした。


12月12日は曇りです。
雲の下方に差す薄明光線(天使の梯子)が見られました。

12月13日は快晴の夜明けでした。
二上山の東から火が昇ってきました。

12月14日は曇りの夜明けです。
薄明光線(天使の梯子)が美しい。

「薄明光線」のほか、別名が多数ある。気象現象としては「薄明光線」、その他業種や地域環境によって様々な呼び名がある。
光芒とも呼ぶ。
天使の梯子、天使のはしご(てんしのはしご、angel’s ladder)
天使の階段(angel’s stairs, angel’s stairway)
ゴッドレイ(God Ray)
ヤコブの梯子、ヤコブのはしご(Jacob’s ladder)
レンブラント光線

晩年の開高健は、しばしばテレビなどで好んで「レンブラント光線」という言葉を口にした。

毎日夜明けを楽しむ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪市立大学植物園 冬枯れの野で


草木の葉が枯れて、咲く花が少なく、もの寂しい景色をそういったりしますが、よく見ると色々な花が咲いているし、枯れ枝に実った実もそれなりに美しい。

ユリノキ

葉は薄くて硬く淡緑色平滑で、浅く掌状に2~4裂。
Tシャツに見立てられるような特徴的な葉形で、簡単にユリノキであると知れる。
秋の黄葉が見事。

果実はローソクの炎のような形状をした集合果で、個々の果実は細長い「へら型」の翼果で、晩秋から冬にかけて散布される。

クモの巣に落ち葉が・・・

クチナシ

果実が熟しても割れないため、「口無し」という和名の由来となっている説もある。

10月から11月ごろに赤黄色の果実をつける。

果実の先端に萼片のなごりが6本、針状についていることが特徴である。
また、側面にははっきりした稜が突き出る

トキワサンザシ

ヨーロッパ南部~西アジア原産。
花期は4~5月頃、11月頃に果実が赤く熟し、翌年1月頃まで果実がついている。
単に「ピラカンサ」というと本種のことが多い。

セイヨウサンザシ

セイヨウサンザシとは、サンザシ属の一部の種の総称。
アカバナサンザシ(Crataegus laevigata)、もしくはヒトシベサンザシ(C.monogyna)のことで、別名ホーソン(英語:Hawthorn)。

ツクバネガキ

小さくて尖った柿の実が、綺麗に色付いている。
この季節、花の少ない植物園で良く目立つ実である。

実が小さく(3-5cm)形がよいので、盆栽に仕立てるとなかなか美しいが、渋くて食用にはならない。

アメリカテマリシモツケ

日本で栽培されるのは、北アメリカ原産で、コデマリに似た花を多数咲かせるアメリカテマリシモツケで、育てやすく、花つきもよいことから、ガーデニング花木として近年普及した。

カマキリの卵

カマキリの卵全体を卵鞘(らんしょう)と言います。
固形化した泡状物質の中に、オオカマキリでは5mm前後の縦長の卵が、200~300個入っています。

外見は味噌汁に入れる焼フの様です。
沢山の空気を含んでいて断熱効果があり、急激な外気温度の変化に影響されない構造になっています。

またスポンジ構造なので、外力による衝撃にも強く、中の卵を守る作用があるそうです。

子供の頃カマキリの卵を見てカラスの金玉と言っていたが、ネットで調べてみるとそういう呼び方もあるようだが、何故そういうかはわからない。

ガマズミ

花期は5-6月。
白い小さい花の花序を作る。
晩夏から秋にかけて3-5mm程度の果実をつけ、食用となる。

果実は赤く熟し、最終的に晩秋の頃に表面に白っぽい粉をふき、この時期がもっとも美味になる。

ロウバイ

早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて半透明でにぶいツヤのある黄色く香り高い花がやや下を向いて咲く。
果実は痩果で一見すると種子に見え、花床が発達した壺状の偽果に数個~10個程度見られる。

蝋梅の名は、本草綱目によれば、半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで蝋細工のようであり、かつ臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くことにちなむという。

日本においては晩冬(小寒〔1月6日頃〕から立春の前日〔2月3日頃〕までの間)の季語とされる

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪市立大学付属植物園 紅葉終盤


植物園出入り口の橋を渡ったところにキダチダリアが植えられており見頃を迎えています。

朝の光を浴びてススキがきれい。

お目当てのメタセコイヤの林にやってきました。

見頃を少し過ぎていますが赤茶色に色づいた紅葉は見事です。

林の中ではメタセコイヤの落葉が降り注いでいます。
池の中はメタセコイヤの葉っぱが浮かび、朝日を浴びてきれいです。

メタセコイアは1941年に元園長である三木茂博士が化石植物として命名したもので、日本で二番目に古い苗木が現存しています。






カエデ山に向かいます、まだまだ紅葉は見事です。

もみじの紅葉は残っていますが、カエデ山は台風21号で大木がいくつも倒れていて、敷地の半分は立ち入り禁止になっていて残念です。




エノキの紅葉。


日本産樹木見本園では多くの枯れ木を見ることができました、別途紹介します。

ヤシ園からタケ・ササ園を望む。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!