咲くやこの花館 高山植物室

高山植物室、この時期ずっと居続けたくなる、室温が25゜C いかに保たれているのです。

ハエトリグサ(蠅捕草、Dionaea muscipula)は、北アメリカ原産の食虫植物。別名、ハエトリソウ、ハエジゴク。

葉を素早く閉じて獲物を捕食する姿が特徴的で、ウツボカズラと並ぶ有名な食虫植物。

サスマタモウセンゴケは細かな毛に覆われた細い葉の先が二股に分かれ、防犯グッズのサスマタ(刺又、刺股、刺叉)にそっくりな形をしています。

サクラソウ科 (Primulaceae) は北半球の暖帯から寒帯を中心に広く分布する被子植物の科。
世界に28属約1000種があり、日本には9属 には9属。

サクラソウの仲間

ヤマシャクヤク

和名の由来は、山地帯に生え全体がシャクヤクに似ていることによる。

レンゲショウマ

花が蓮に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられた。

花茎の下部に茎葉と根出葉がある。葉は二-四回三出複葉で、小葉は卵形、あらい鋸歯を持つ。

コマクサ

美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような厳しい環境に生育することから「高山植物の女王」と呼ばれている。

和名はその花の形が馬(駒)の顔に似ていることに由来する。

ミヤマオダマキ

和名の由来は、苧環(おだまき)という紡いだカラムシ(苧)や麻糸を丸く巻く道具が花の形に似ていて、深山に咲くことから付けられた。

マツムラソウ

日本では、西表島と石垣島に分布し、常緑広葉樹林中の川沿いの水がしたたり落ちるような湿った崖面にまれに生育する。

自生地は、西表島の3河川で数か所、石垣島では1か所知られているが、各地とも個体数が極めて少ない。

減少の要因として、園芸用の採集があげられるが、そもそも自生する場所と個体数が少ない。

世界では、中国大陸南部、台湾に分布する。

クロユリ

日本の中部地方以北・北海道、千島列島、ロシア連邦のサハリン州、カムチャツカ半島、ウスリー地方、北アメリカ北西部に分布。高山帯の草地に生える。

本州では、東北地方の月山、飯豊山、中部地方に分布し、分布の西限地は白山で、室堂周辺などに大量に群生しているのが見られる。

石川県の「郷土の花」である(「県花」ではない。)。

花言葉は「恋」「呪い」。

武将の佐々成政にシェイクスピアの『オセロ』に似た、側室の早百合姫の「黒百合伝説」が富山にあり、明治になり金沢出身の作家泉鏡花が『黒百合』という小説を書いている。

川端康成は小説『山の音』の「春の鐘」の章の中で、黒百合の匂いを「いやな女の、生臭い匂いだな」と表現してい。

チシマルリオダマキ

色合いも姿もミヤマオダマキに良く似ている

千島を原産とする花と思われるが間違いなく姉妹種であろう。

コウライウスユキソウ(高麗薄雪草)は、朝鮮半島の雪岳山に産するという高山植物。

日本に自生するウスユキソウの仲間。

見たところ、エーデルワイスに似ていますが、微妙に違います。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ヒマラヤの青いケシを咲くやこの花館に見る

日本においては幾つかの植物園で本属の花(主にベトニキフォリアとグランディス)を見ることができ、特に大阪市にある咲くやこの花館では、2007年現在一年を通していつでも花を見ることができる。

ヒマラヤ等の高山で可憐な花を咲かす“ヒマラヤの青いケシ”メコノプシス。青空の如きヒマラヤンブルー、天上の妖精と謳われるこの幻の花、属名のメコノプシスMeconopsis は「ケシに似た」という意味のギリシャ語で、直訳すればさしづめ「ケシモドキ」である。

この属名がそのまま園芸名としても通用するので、特に和名は定められていないが、本属代表種 M. betonicifolia の俗称「ヒマラヤの青いケシ」にちなんだアオイケシというカナ表記がされることがある(岩波生物学辞典など)。

もっとも本属自体が登山家や園芸愛好家以外にあまり知られていないこともあり全く使われていない。
なお中国名は緑絨蒿である。

一般にヒマラヤの青いケシといえば本種を指し、英名もそうなっているが主産地は中国雲南省北西部の高山地帯である。

多年生であるため、一度根付けば種から育てる必要は無く、その点栽培の難しい本属の中では栽培しやすいといえる。

ただし低地で栽培した場合は紫外線の影響もあり、花色の青は薄らぐ傾向にある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ちいさい秋見つけた

誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた
ちいさい秋 ちいさい秋・・・・

立秋は過ぎたと言え盛夏の真っ只中、秋恋いしと思ってしまう。

メタセコイヤの実を見つけた。

常緑樹であるセコイアに似た木の化石としてメタセコイアは発見された。

そこで発見者は、ギリシャ語で「後の・変わった(meta)」と「セコイア(Sequoia)」を合わせて名付けた。

冠雪したメタセコイヤ並木
このところの寒波で冠雪したマキノのメタセコイヤ並木。 マキノピックランドを縦貫す … 続きを読む →


クリがもうこんなに育っている。

日本において、クリは縄文時代初期から食用に利用されていた。

長野県上松町のお宮の裏森遺跡の竪穴式住居跡からは1万2900年前~1万2700年前のクリが出土し、乾燥用の可能性がある穴が開けられた実もあった。

縄文時代のクリは静岡県沼津市の遺跡でも見つかっているほか、青森県の三内丸山遺跡から出土したクリの実のDNA分析により、縄文時代には既にクリが栽培されていたことがわかっている。

桃栗三年、柿八年(梨の馬鹿めが十八年、もしくはユズの馬鹿野郎十八年、梅はすいすい十六年) – 種を植えてから実を収穫できるまでの期間を指すことわざ。

瓜食めば子等思ほゆ栗食めば況して偲ばゆいずくより来たりしものそ目交ひにもとな懸かりて安眠しなさぬ
         山上憶良  5・802 (子等を思ふ歌)

日本から1789年にヨーロッパへ、1870年に北アメリカへ伝わったことから学名にも kaki の名が使われている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

盛夏 夏の終わり


立秋が過ぎ、処暑をむかえようとしている。

外は熱さの盛りだが時折りふと秋近しを感じる。

一時ヘチマ水作りが流行ったことがある、秋に実が完熟した頃、地上30cmほどの所で蔓を切り、根側の切り口を容器に差し込んでおくとたまる液体が「へちま水」。

フウセンカズラ(風船葛、学名:Cardiospermum halicacabum)とはムクロジ科の植物の一種。

属名は「ハートの種子」の意。
花を観賞するためよりむしろ、風船状の果実を観て楽しむために栽培される。

熱帯・亜熱帯のアジア・アフリカ原産。

初秋に緑色の風船形の実がなる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

水遊び


お盆休み真っ最中、今年は一般的なお盆休みは、11日(土)~16日(木)までの6連休!と言えそうです。

交通渋滞のニュースを横目に優雅に?水遊び。

今年はセミの鳴き声が聞こえないですね。

どうも、セミが鳴かない理由としては、猛暑が原因ということが一般的のようです。
蚊も35度を超えると活動が極端に鈍りますから。

地震の前兆だという怖い説も・・・・

ただ、セミと地震の関係でいえば、ここ300年ほどの間に2回の大地震との関係性を指摘されると、過日の大阪府北部地震や西日本の豪雨災害のこともあって、簡単に一笑に付すわけにもいかない気が・・・。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪の海の玄関口大阪港 

木津川と並んで大阪湾から大坂市中へ遡る二大航路のひとつであった安治川は、当時は淀川の本流にあたり、淀川が運ぶ大量の土砂を浚渫する必要が生じた。

洪水防止と市中への大型船の入港をしやすくする目的で、1831年(天保2年)から約2年間、安治川では「天保の大川浚」とよばれる浚渫工事が行われた。

天保山ハーバービレッジ西側の“サンセット広場”に「マーメイド像」を移設、平成29年12 月9 日(土)より一般公開。

新たな観光名所として美しい景観とモニュメントによる記念撮影スポットとして、賑わいを創出している。

サンセット広場は大阪港の水平線を一望できる景観の美しい場所で、古くから「夕陽の名所」として知られています。

デンマークのコペンハーゲン港と大阪港の文化交流のしるしとして寄贈された「マーメイド像」、早くも記念撮影スポットとして人気を博している。

西暦1492年、コロンブスが新大陸に到達したときに乗っていた船「サンタマリア号」をモチーフにして、約2倍の大きさで造られた新生サンタマリア号は現在、天保山より出発し大阪ベイエリアを周遊する観光クルーズ船として活躍。

桟橋にはちょうど、スーパースター・ヴァーゴが停泊中。

最近では中国からの観光客を乗せて頻繁に来航。

対岸のクレーンと六甲の山並み、それに焼ける空、いい眺めです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大阪南港(咲洲)の玄関口 シーサイド・コスモ


シーサイド・コスモは大阪南港(咲洲)の玄関口、コスモスクエア駅のすぐ北側のシーサイドコスモと呼ばれる全長1.4kmにも及ぶ海辺の遊歩道。

駅の後方は府庁咲洲庁舎、

そしてここは夕日のメッカ。

シーサイドコスモでブルーモーメントを楽しむ
陽が沈みブルーモーメントの始まりだ。 陽が沈んだ西の空には白い雲がポッカリと浮か … 続きを読む →

シーサイドコスモで夕日を
舞洲からバスで約20分、どうやら日没に間に合ったようです。 シーサイドコスモ駅か … 続きを読む→


向かいは海遊館などのある天保山。
教務大型クルーズ船が停泊しているようです。

運河の向こうは舞洲、舞洲大橋やクレーン、彼方には六甲の山並みが見えます。

またこの運河は手に宝山へ入るクルーズ船などの通路にあたります。

帆船EXPO 「太平洋の白鳥」日本丸
帆船EXPO、帆船はの入港パレードをお送りしています、2隻目は「太平洋の白鳥」日本丸 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

静かな巨人 大阪府咲洲庁舎


高さは256.0mで、あべのハルカス(大阪市阿倍野区、300.0m)、横浜ランドマークタワー(横浜市西区、296.3m)、りんくうゲートタワービル(大阪府泉佐野市、256.1m)に次ぐ日本第4位。

ミズノクリスタ(ミズノ大阪本社)
地上31階、地下3階 最高部147m

大阪南港が新都心になることを見込んで一番最初に完成した超高層ビル。
しかしバブルが崩壊し周辺にに企業が進出せず、地下鉄中央線の延伸も大幅に遅・・・・・・

着工時には地上252mで計画されていたが、同時期に大阪府が建設したりんくうゲートタワービルの高さが256mであったことなどから、高さを4m増やしてりんくうゲートタワービルと同じ256mとした。

しかしりんくうゲートタワービルの高さが厳密には256.1mとなったことから、僅差での4位となっている。

東京では新しい高層ビルが次々と立っている。

8月31日には三菱地所が記者会見を開き、東京駅の北側、常盤橋街区に地上61階、高さ390メートルのビルを建設することを発表した。

大阪の「あべのハルカス」(高さ300メートル)を抜いて日本一になるのだという。
完成は2027年度の予定だ。

「大阪府20世紀美術コレクション」として、咲洲庁舎、1階及び2階のオープンスペースを活用して大型の立体作品を常設展示。

展示作品は、国際現代造形コンクール「大阪トリエンナーレ」の受賞作品や、1960年代から1970年代に関西を中心に活躍した彫刻家、森口宏一、清水九兵衛の立体作品の中から選んだ40点を展示。

しかし、なんせ人がいない。

しかし、この空間、被写体としては魅力があります。

一組のアベックが撮影をしていますが思いつきとしてはいい。

大阪府は2017年8月9日に、7階から17階までの全フロアのホテルの入居が決まったと発表。

ホテルの名称は「さきしまコスモスタワーホテル」(仮称)で2018年8月に一部開業、2020年には全面開業する予定。

堺市の自動車販売業でホテル事業に進出しているリコジャパンと和泉市の不動産会社の西辻工務店の共同事業で、両社が100%出資する新会社がホテルを運営するだとか。

のんびり散策するにはいい環境だが経済的には・・・・・

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ATCの夏休み


立秋を過ぎて心なしか木陰は涼しさを感じる。

全長450mの海と空に開けたリラックススペース「ウミエール広場」の木陰でくつろぐ家族づれ。
傍では水遊び王国でチビッ子がはしゃいている。

ATM棟で人気を集めているのは「めんたいパーク」大人も子供も楽しんでいる。

ウィークデーは閑散としていることの多いATCだが、さすが夏休み、人出が多い。

ここはフェリーターミナルもあり観光客でごったがえしている。

別府観光港行き、志布志(鹿児島)行きのフェリーが発着している。
フェリーのりばの最寄駅は、ニュートラムの「トレードセンター前駅」。
「フェリーターミナル駅」とは別の駅です、時々混同されている人もいる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

盛夏 梅北


今年の猛暑はどうなっているんだろう、撮影に出かけられない日々がくやしい。

グランフロントの辺りも屋外にいる人は少ない、皆足早に通り過ぎる。

それにしても今日は立秋。
暦の上では夏が極まり秋の気配が立ち始める日とされるが今年の夏は特に暑い。

立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。
暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく1年で最も気温が高くなる時期。

二十四節気が成立した中国内陸部は大陸性気候のためこの時期は気温が下がり始めているが、海に囲まれた日本列島ではピークがずれ込み猛暑の時期となることが多い。

翌日からの暑さを「残暑」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられる。
また、翌日から暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになる。

藤原敏行は「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」(古今和歌集)と詠んだ。

とてもそのような気になれぬこの頃です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!