心合寺山古墳の桐の花が満開!


心合寺山古墳 (しおんじやまこふん)に向かう途中、レンゲ畑を見つけた。

昔はどこでも見られる春の風物詩だったが・・・

レンゲソウは、根っこのところどころにある「根粒」というこぶに「根粒菌」という細菌をすまわせ、根粒菌から養分をもらっている。
根粒菌には、空気中の窒素を植物の使える形に変える特別な能力がある。

これを「緑肥(りょくひ)」として利用しているのだ。

非常に難しい字を書くが、飛鳥時代、この古墳の西側に心合寺(しんごうじ)とよばれる寺院ができた。

この古墳の名の由来といわれる。
しかし、この寺はいつしか無くなり、また、名前の言い回しも訛ってしまい、「しおんじ」になってしまったと考えられている。

古墳時代の中期、5世紀初め頃に作られたといわれる。
当時このあたりを支配していた豪族の墓と考えられている。

また、生駒山地の麓に等高線に沿うように築かれて、周濠は南側と北側の2か所で堤を造って区切られているため、その東西で水位の異なる珍しいつくりとなっている。

キリ(桐、学名: Paulownia tomentosa)は、シソ目のキリ科 Paulowniaceae。

以前はゴマノハグサ科に分類していた(あるいはノウゼンカズラ科)。
キリ属の落葉広葉樹。漢語の別名として白桐、泡桐、榮。

昔、農家では女の子が生まれると庭に桐の苗木を二本植え、その子が成人してお嫁入りするときに桐を伐採し、その材料で桐タンスや長持を作ってもらい嫁いだと云います。
 
桐は家具材に適すると同時に成長が早く、15~20年経つと成木となり家具材として使えるように育つことから、こうした風習が根付いたようです

火事のときに桐タンスは黒焦げになったが、中の着物は無事だったという話が語り継がれています。

これには、桐がもつ二つの特性で実証することができます。
 
一つは、桐は熱伝導率が極めて低く着火点が高いので、表面が焦げても中まで火がまわるのに時間がかかるからである。

金庫の内部が桐で出来ているのはそのためで、外側の鉄板が炎で真っ赤に焼けても、 内部が桐で出来ていれば断熱効果にも優れるので重要書類や紙幣などが自然発火しにくいのである。
 
二つ目は、他の木材に比べ吸水性に優れるので消火の水を直に吸収してしまいます。

たくさんの水を含むと当然燃え難くなり、同時に木が膨張するので引出しや扉の隙間をふさぎ、 タンスの内部に消化の水が入るのを防ぎ、大切なモノを守ることが出来ます。
 
昔から、火事になったら桐タンスに水をかけろと云われたのもこうしたことからで、桐という素材を知り尽くした先人達の知恵が伝わります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ヤマボウシとかわいい子供の石像たち


新緑のきれいなな季節、河内長野の興禅寺を訪れた。

境内には大きな蓮池があり、千年以上前から咲き続けているという斑蓮が有名。
現在では全国に数箇所しかない珍しい種類のもの。

行基が開いたとされる曹洞宗の寺院。
蓮池の周りをぐるりと囲んで並ぶ多数の羅漢像も圧巻、静かにお顔を拝見していると、なにやら話し声が聴こえてきそうな気配。

門を入ると慈母観世音菩薩とかわいい子供の石像たちのお出迎え。


優しい光の中、かわいい子供の石像たち。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春爛漫 長居植物園


春の花としてはお馴染みのチューリップ、園内随所で見られます。

姿のきれいなものに狙いをつけて。

つつじも花さかり。

定点撮影の場所の一つ、ハナミズキが咲きました。

シロバナ。

ピンクもきれいです。

サトザクラがあでやか。

シャガもきれい。

ボタンも咲き始めました。

なんだかわかりますか?
メタセコイヤの新芽です。

ここも定点撮影の場所の一つ、季節を感じられる場所です。

ヤマブキもきれいに咲いています。

ロドレイア・ヘンリーというマンサク科の花です。

これも珍しい花です、キンカチャという黄色いツバキです。

ライラック、シロバナは珍しいですね。

ジャノメエリカもきれいです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

八戸ノ里界隈


彌榮神社(弥栄神社) いやさかじんじゃ
創建年代は不明で元は牛頭天王と呼ばれていた。
 
その名からもわかるように御祭神は、須佐之男命。
 
石山合戦で焼失し、1600年に再建。1872年、現社名。

木村重成、大坂城炎上の無念
重成が決死の覚悟をした場所か!

大坂夏の陣で木村重成は、大坂城の救援に向かう途中、この地で城の炎上を見、馬の上に立って城に別れを告げ、戦地へ引き返し戦死したことから、この地が馬立と呼ばれるようになったという。

舟に使っていた丈夫な木を外壁の仕上げ材に使った建物、不定形で釘の後などが残る板をランダムに張り合わせた壁は芸術性も感じさせる。

ものを大事にする当時の人々の気持ちがよくわかる素晴らしいエコな建物。

床寅、元村営の床屋(村床)だったという。
明治27年創業で、現在の建物は昭和9年のものだとか。


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

羅漢像に会える興禅寺


興禅寺は、行基が開いたとされる曹洞宗の寺院。
南海高野線美加の台駅を下車して、徒歩10分ほどの静かな場所にある。

伝承によれば行基により創建され、神護景雲元年(767年)に古稱陀洛山 神宮寺または大乗院と称し、上宮神(現在の赤坂上之山神社)を鎮守として完成した。

元禄12年(1699年)に曹洞宗に改め、伽藍を禅宗様式に増改築した。

興禅寺は白い蓮「斑蓮」が咲くお寺として知られる。
境内の蓮池では、毎年7月から8月にかけて白蓮華である「斑蓮」が白い大きな花を咲かせる。

また、池の周りには多数の羅漢像がある。

多数の羅漢像も圧巻です、静かにお顔を拝見していると、なにやら話し声が聴こえてきそうな気配。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

奥河内さくら公園の花見


奥河内さくら公園は河内長野駅より南東へ300m、市内5ヶ所ある長野公園の中でも河内長野駅から最も近いところにあります。

天見川の清流を見ながら落合橋を渡る。

清教学園への近道・通学路にもなっている「しらかしの径」。

緑の広場は夕雲揃っており子供たちの楽園。

展望台のあるアジサイ園は季節にはアジサイが見事。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

住吉大社界隈 桜は見頃


住吉大社幸寿門の前の枝垂れは美しさで定評。

住吉公園は大勢に花見客でにぎわっています。

菜の花、桜、待つのコラボレーションが見事。

社務所前の枝垂れもきれいです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ラグビーのまちの花見


東花園は東京の秩父宮ラグビー場とならぶ日本におけるラグビーの聖地、東花園駅は花園ラグビー場前の副駅名を持つ駅長配置駅。

東大阪市花園ラグビー場は、ラグビーワールドカップ2019日本大会成功に向け2017年2月から改修中。

近鉄東花園駅から北へ5分~10分。
ここは桜の名所として有名。

ドリーム21の東側は桜の多い広場で、花見客で賑わう、ラグビー場と市民美術センターにはさまれた広場の桜も見ごたえがある。

南側のメインゲートにある石モニュメントと噴水は公園のシンボル。

まちはラグビー一色。


関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

天下の名城の花見


友人の展示会を見に行ったついでに大阪城公園に立ち寄ってみた。

今年は開花が早くすでに満開。

西の丸庭園でのんびりとお花見。

花はいいが人の多さにうんざり。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

かおり風景100選 枚岡梅林


枚岡梅林はかおり風景100選の一つとされるが、ウメ輪紋ウイルスに感染した梅の木が多数確認されたことから、平成28年度中にすべての梅の木が伐採さた。

一の鳥居は神社からは線路の向こう側となる枚岡駅の西側にある。

駅から少し登ったところに二の鳥居がある。
二の鳥居脇の社名標は明治40年(1907年)に日露戦争戦勝を記念したもので、三条実美の書物から字を拾った。

とっても珍しい神事があるのが、この『揚巻結び(あげまきむすび)』の鳥居。

12月25日に新しい注連縄をかける時、鳥居の下でみんなで大声で笑うんです!
なんでも笑い声で、天岩戸に隠れてしまったアマテラスを誘い出す神事なんだとか。

鳥居から坂を上り、46段ほどの階段を登ると拝殿に着く。
嘉永6年(1853年)に駅前に建てられた社名標には「元春日平岡大社」とあり「平岡」の表記や大社号が使われていたとわかる。

史実としての創建時期はあきらかでないが、社伝によれば、初代神武天皇即位前3年、神武天皇の侍臣で中臣氏の祖の天種子命(あめのたねこのみこと)が、天皇の命で神津岳の頂に祖神の天児屋根神を祀ったのが創建とされる。

「平岡(枚岡)」の社名は神津岳の頂が平らだったのによる。
中臣氏の支流の平岡連(ひらおかのむらじ)の氏神とされた。

白雉2年(650年)、平岡連によって山頂から中腹の現在地に移された。
山頂には現在も奥宮がある。

梅の名所もウメ輪紋ウイルスには勝てなかった、本殿脇にわずか一本紅梅が咲いていました。

枚岡神社の「宮水」。

むかし、「宝基の森」の「白水井」と呼ばれる井戸には、白い湧水がたまっていたそうで、「お乳のでにくい母親が飲むとお乳がでやすくなる」「見えにくくなった目が見えるようになる」、と言い伝えられてきて、実際に昔、宮水がそそぎこんでる池のそばで、「悪い目が良くなりますように」と願掛けしていた年寄りが、池の鯉が跳ねたしずくが目にはいるや、「その日から目が見えるようになりました」と感謝して、神社に鯉を奉納したそうです。

枚岡神社の神域は、「枚岡山」なる森林です。
神津嶽からの二尾根すべて境内であり、枚岡神社の「神奈備」でありました。

この神奈備から湧き出る水は、ふるくより枯れることなく豊富で綺麗な湧泉となり、出雲井・豊浦を流れている川の水源となり枚岡の村々を潤おしてきました。

そしてこの湧水は、雨が激しく降ると「白く」濁る時がありました。

それは、雨により地中に多く含まれた「石灰質」が水の中に溶けて流れてきたためです。

その水で沸したお湯は無色透明で、霊験あらたかな「宮水」なので、近在の銭湯では「霊泉」として珍重していたとも伝え聞きます。

枚岡神社境内にある梅林は、約2ヘクタールの広さに「芳流閣(ぼうりゅうかく)」や「豊後(ぶんご)」など約30品種約320本の梅が植えられている。

このほど、農林水産省と府の調査でウメ輪紋ウイルスに感染した梅の木が多数確認されたことから、平成28年度中にすべての梅の木が伐採された。
伐採後は3年ほどの経過期間をおいて、梅林再整備の検討が行われる予定。

今回確認されたウイルスは、人や動物には感染せず、また、感染した果実を食べても健康への影響はまったくないという。
梅の名所もしばらくお預けです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!