風の教会 ミーツ・アート芸術散歩


風の教会は、兵庫県神戸市灘区の六甲山上にある教会堂。

所在地から六甲の教会とも呼ばれる。
竣工は1986年、設計は後年(1996年)国際教会建築賞を受賞する安藤忠雄が手掛けた。

南仏プロヴァンスの「セナンク修道院」から影響を受けたとされコンクリート打ち放しの躯体に直方体の塔が載り柱廊はすりガラスの半透過の空間が特徴的。

当初は六甲山中腹の六甲オリエンタルホテルの庭園内に位置していた。

素材を生かした簡素な建物で、礼拝堂へ続くコロネードにはガラスが、堂内の十字架はRCフレームが用いられている。

教会を肉体に見立てて描かれた天井画のアニメーションは、本展のために制作された貴重な作品。

「天井画はその空間を延長する役割を持つ」との本人の言葉通り、天井から拡張した映像がこちら側へ迫力を伴って向かってくる。

天井のシミや傷も作品の一部のようだ。
一切の装飾がない風の教会だからこそ、より際立つ個性。

映像を観ながら、自分の身体に湧き上がってきたものをじっくりと感じてみよう。

礼拝堂内の一番後ろには小さなオルガンがある。
コンクリート打ちっぱなしの小さな礼拝堂内であることもあり、非常に強い音の反響がある。

以前は自由に見学できたが、六甲オリエンタルホテルが2007年6月15日限りで営業を終了したため、当分見学は出来なくなった。

2015年秋に六甲山上の観光施設を会場として開催された現代アートの祭典「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015」では、風の教会内に作品が展示され、内部を見学できた。

この催しはその後も定期的に行われているので、この催しが一般人が風の教会を見学できる最も手軽な方法である。

3年前の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の記事。
風の教会
兵庫県神戸市の六甲山の頂き近くに立てられた教会堂、通称・風の教会。 大阪府茨木市 … 続きを読む →


六甲スカイヴィラ迎賓館

六甲スカイヴィラは瀬戸内海国立公園内の「六甲山 標高931m」にある山岳リゾートホテル。

『天空の楽園』をコンセプトに1000万ドルの夜景や、四季折々の自然など神戸の「海」「山」「空」を思う存分楽しめる。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」で展示作品、個性的な作品が・・・・

少し不気味でもある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!