紅葉見頃 司馬遼太郎記念館


司馬遼太郎記念館の紅葉が見頃を迎えている。

この画像はコンデジで撮影したもの。

コンデジ画像でもレタッチソフトを使うとそれなりに奇麗に仕上がる。

記念館では玄関周りは日陰になる場所だけに紅葉は遅れているがその他の個所はほぼ見頃だ。

特にガラスの回廊からの眺めは素晴らしい。

映り込みがあるので見づらい部分もあるがご覧ください。




関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

秋真っ盛り 長居植物園


カツラの葉が陽を受けてきれいです、逆光で表現が難しい。

何処も紅葉、目に付いたものをとにかく撮る、撮った順番に並べるだけ。
何か主体性に欠けた撮影だがとにかくきれいなものを撮っていく。

ハナミズキの紅葉は独特の色合いだ。

風の葉も陽に透かす。。

積もった落ち葉と木立の紅葉のコラボ。

パンパスグラスがひときわ目立つ。

対岸の紅葉を愛でる。


小池の渓流に架かる橋、四季折々に絵になる。

アジサイ園の丘も紅葉がきれいです。


落ち葉もアップで撮ると絵になるかな。

真っ赤な紅葉がひときわ目を引く。

多くの人がそれぞれ紅葉を楽しんでいる。

野鳥観察の集団もいます。

何処にレンズを向けても紅葉が撮れる。



ギンヨウアカシア。

ミュウレンベルギアとパンパスグラス。


大池の対岸の紅葉。

逆光を受けて紅葉が輝く。


チームボルタニカの展示物も作品にならないかなといつも狙っているのだが・・・・

バラ園は人がまばら

エノキの大木が存在感を示す。


コスモスはフェアの最中い゛多くの人が集まっている。

風が強く中名か幕タイミングが合わない。

前ボケも風が吹いた時を狙って・・・・




展望塔の紅葉は特にきれいです。





関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

秋 使い慣れた標準ズームで・・・・


長居植物園の散策、ヤブラン、朝日を浴びてきれいです。

やはり使い慣れているだけに絵作りがスムース。

枯れたようになっていたスモークツリーも見事によみがえり。

そして再び紅葉。

園内の通路の落ち葉をローポジションで・・・・、それなりに奇麗です。

撮っていると楽しくなってきます。

陽を浴びた葉を透かして・・・

小池のあたりは木陰になっているので差し込んだ陽を浴びた葉がきれいです。

足元には大きな木の根、生き物みたいだ。

カメラで遊んでいると楽しい。

小池を長秒露光。

REVORING Vari ND3-ND1000 CPLを使用して30秒で撮影。

REVORINGとは、H&Y社が開発した「可変式ステップアップリング」のことで、レンズのフィルターネジが絞り羽根のように開閉します。

REVORINGに「可変式NDフィルター」と「CPLフィルター」が一体化したのが「REVORING Vari ND CPL」です。

サッと脱着でき、NDとCPLフィルターが可変式で使いやすい。

様々なハーフNDが用意されている、金がいくらあっても足りない。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

超広角でダイナミックに秋を探る


雨が止んだので早速長居植物園へ。

今日のお供はシグマ 8-16mm F4.5-5.6、消失点は噴水。

少し寄るとパースが聞いて花が大きくなる。

紅葉期にはいつも注目の場所。

カツラの黄、ハナミズキの赤がきれいです。

カツラとハナミズキを見上げる。

いつもは取らない場所、超広角を生かして撮る。

ちっちゃい子が話しかけてくれた、まさかと思ったがやはりうれしいね。

カツラはハート形をしたかわいい葉っぱが特徴。

ハナミズキの赤が青空に映える。

空はスジ雲で秋の雲です。

ケヤキを見上げる。

ムクゲが黄色く紅葉していてます、花びらがひょっこり飛び出してかわいい。

セイヨウトチノキが目立っています。

大池のダイナミックな姿。

この蓮のがく(花托)は夏に音づけた時に一輪だけぽつんと咲いていたハス。

TTArtisan 35mm F1.4 長居植物園
今日もTTArtisan 35mm F1.4 で遊んでいます。ムクゲもなかなかいいね。 … 続きを読む →


アサザが大繁殖しています。

セイタカアワダチソウも秋色、遠景にパンパスグラス。

パンパスグラスがきれいです。

コキアが紅葉しています、ちっちゃい子とお母さんがカクレンボしています。


この場所は「ボタニカルガーデン」で「光の草原」の演出に使われています。

夜の植物園を光や音で彩る大阪初の常設展-2
「長居の里山」と呼ばれる森の入り口にある作品。 具象と抽象 – 二次 … 続きを読む →


小池に架かるはし、この辺りも紅葉が進んでいます。

車いすの夫婦連れが紅葉を楽しんでいます、ほほえましい姿。

小池もすっかり秋色。

ダイナミックな姿についシャッターを切ってしまいます。

小池の畔はラクショウやメタセコイヤの高木が目立ちます。

池の奥に架かる橋が先ほどの橋です。

青空のもと散策を楽しむ人々、左手のバラ園は秋葉バラが咲き始めています。

帰路、空には一筋飛行雲。

こんな場所は通常絵にならない場所、超広角の功徳です。

いつもとは違った撮影が楽しめたようです。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

ヒガンバナ群生地 桂浜園地


OB会の撮影会で桂浜園地訪問。

秋の彼岸頃に咲くことからその名がついたというヒガンバナ(別名:マンジュシャゲ)は、高島市内でも湖岸や田のあぜ道などで見ることが出来ます。

中でも、広範囲にわたり群生している場所が今津町の桂浜園地。

様々な色の花が楽しめると聞いていたので楽しみにしていたが、白花が一カ所あったのみでがっかり。

湖岸ならではのポイントが、琵琶湖から昇った朝日が遮られることなく彼岸花を照らす神秘的な風景!

日の出前から多くの人がカメラを片手に待ち構える撮影ポイントにもなっています。

と、いううたい文句だが大阪からではホテルでもとらない限り無理。

今日は近江今津からタクシーに分乗。

色々と事前に想定したことはほとんど果たさず、定番の撮り方に終始。

背景に色々と選択、楽しめた。





湖岸での玉ボケとヒガンバナのコラボを期待していたが、湖岸にヒガンバナは無く残念。

波間の玉ボケを利用した多重露光に挑戦。

想定した域に達せず。

帰りは徒歩で駅までと決定。

ルートでの撮影を楽しみながら歩く。

松に寄生したススキを発見。



湖岸では多くの人がキャンプを楽しんでいます。

コロナが終息し、やっと日常を取り戻せた喜びが伝わってきます。

沖では若者が水上バイクに興じています。

石田川に群舞するサギ。

こちらの喫茶で今日の反省と来月の予定を打ち合わせ。

近江今津と言えば思い出深い土地です。
ここを起点に日本海方面の旅を楽しみました。

沢山ある中から一部を紹介。

竹生島
竹生島は葛籠尾崎(つづらおざき)の南約2kmに位置し、琵琶湖では沖島に次いで大き … 続きを読む →


とらふぐ養殖北限の地で食す若狭フグ
『若狭ふぐ』とは、日本で最北の養殖生産地、若狭湾での養殖されたトラフグのことで、 … 続きを読む →

名水百選 瓜割の滝
天徳寺縁起によれば、今からおよそ1300年前の養老年間、加賀・白山を開いた泰澄大 … 続きを読む →

鯖街道の宿場町 熊川宿
若狭ではいつの頃からか小浜を中心に「京は遠ても十八里」と言われており、与謝蕪村( … 続きを読む →

春先取り 火と水が織りなす荘厳の世界 お水送り
天平勝宝 4年(752)インドの渡来僧・実忠が二月堂の建立の時、修二会を催して全 … 続きを読む →

朽木に信長遁走の跡を訪ねる
興聖寺はもともと現在の位置とは安曇川を挟んで反対側の上柏村指月谷にあったが、江戸 … 続きを読む →

秘密にしておきたい紅葉の名所 旧秀隣寺庭園
道元が越前下向のおり当地の地形の様子が宇治興聖寺のそれに似ているのに驚き、建立す … 続きを読む →

春を告げるザゼンソウ
今津町は座禅草群生地としては日本の南限とされています。 饗庭野(あいばの)の伏流 … 続きを読む →

冠雪したメタセコイヤ並木
このところの寒波で冠雪したマキノのメタセコイヤ並木。 マキノピックランドを縦貫す … 続きを読む →

アクセス
●JR近江今津駅より予約乗合タクシー「あいあいタウン線」に乗車
ー「北仰東(きとげひがし)」下車後、徒歩約10分
●JR近江今津駅より徒歩約42分

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

秋の訪れを告げる彼岸花 


気をもました台風14号もわが地域にはさしたる被害もなく終わりました。

気持ちよく晴れ上がり、早速カメラを持って近くの住之江公園に出かけました。

花期は秋の彼岸の頃(9月中旬)で、土中の花芽は温度の変化だけを感じて季節を知り、葉よりも先に地上から花茎を出して、散形花序で真っ赤な6弁の花を放射状(輪状)に数個つけて咲く。

彼岸花が咲く気温は、約20~25度とされています、まだまだ30度を超える日があり、やっと咲きかけたところでこれから最盛期を迎える。

公園には数名のカメラマンがやってきています、狙いは同じでしょう。

『万葉集』に見える「いちしの花」を彼岸花とする説も有る(「路のべの壱師の花の灼然く人皆知りぬ我が恋妻は」)。

花言葉は「悲しい思い出」とのことで、別名も「マンジュシャゲ」のほか、「ユウレイバナ」とか「シビトバナ」、「ハカバナ」、「カジバナ」など、全国各地の地方名をあわせれば1000種類ほどあるそうです。

様々な地方名を集めるだけでも、面白いかも知れませんね。

また、撮り方もは馬鹿の一つ覚えでなくもう少し変化のある撮り方をと考えている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

秋を見つけに


まだまだ暑い日は続きそうです、でもどこかに秋を感じるニュースはないかと長居公園にやってきた。

ハナミズキが色づき始めました、これは秋の気配ですね。

コムラサキも色づきだしました。

公園のベンチに落ち葉を見つけたりするとうれしくなります。

暑い中カンナも頑張っています。

アメリカキササゲも紅葉が進んでいます。

彼岸花もやっと咲き始めです。

ニラの花は元気です。

クリも実を付けています。

サルスベリがまだまだ頑張っています、この花を見るとどっと暑さを感じます。

しかし、自然はすこしづつ秋の様相を呈して来ています、ま、暑い暑いといってもそう永くは続くまい。

頑張ろう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

置き忘れた三脚が戻ってきた話 長居植物園


8月23日(火)から、二十四節気の「処暑(しょしょ)」に入ります。

「処」はさまざまな意味を持つ漢字ですが、この場合は「収まる」という意味で使われています。
ですから処暑は「暑さが収まるころ、落ち着くころ」という意味になります。

暦の上ではすでに秋に入っていますが、残暑はなかなか収まっていません。
この処暑こそ、涼しい日々になることを期待したいものです。

朝晩は涼しい日が訪れていますが、日中は猛暑です。

アジサイ園の木陰はさすがに涼しく、サギもゆっくりとエサ取りです。

小池の木陰も涼しそうな雰囲気。



里山の木陰には落ち葉が、何となくふと秋を感じる。

里山に分け入ると木漏れ日がきれいです。

今日は久しぶりに三脚を持ち出し、オニバスやスイレンを撮影、葉の表面のテカリは抑えられ、本来の緑を楽しんでいます。

しかし、他の植物はほとんど見頃過ぎ、9月過ぎまで待たねばならないようです。

方針転換で入道雲の撮影・・・

暑い中元気のいい入道雲を追っかけています。

暑いので木陰で休みながらの撮影です。

しかし、トラブルです。

撮影を終えて植物園の外へ出てから、三脚がないことに気づき、おおよその記憶を頼りに探しに行くも見つからず。

受付で紛失届を提出・・・・・

翌日は月曜日で植物園は休み、最短月曜日まで待たないと・・・・

今、当日の記事を書いていますが、書き始めた時に植物園から電話、どうやら親切な人が届けてくれたようだ。

連日色々な事件はあるが置き忘れたものが手元に帰ってくるなんてそうある話ではないだろう、さすが日本、ちゃんと出てきました。

早速受け取りに行き、今また記事の続きを書いています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

TTArtisan 35mm F1.4 長居植物園


今、売れている人気の宿泊プランをランキング形式で見る
参考になった本シルバーエイジの健康読本

今日もTTArtisan 35mm F1.4 で遊んでいます。
ムクゲもなかなかいいね。

スモークツリーもなかなかの写りです。

入り口で見つけたツルラン。

この安いが素晴らしいレンズの扱い方が少しづつ分かりかけてきた感じです。

それと同時に新しい発見もいろいろと・・・・楽しみが増えました。
Amazonでポケットマネーで買える手頃なレンズをゲットしょう

【ニコンZ】10万円台で手に入るF0.95レンズが楽しすぎる!Noct代わりに楽しむお手頃レンズ!


サルスベリの季節がやってきました。

色とりどりのサルスベリが咲いています、これから長期間楽しめます。

ラクショウも実を付けています。

ハナミズキの実、かわいいね。

夏の定番、キョウチクトウが咲き始めました。

ハスが一輪、向うにスイレン、そしてその向こうの正体不明の物体。

これから始まるBotanical Gardenk の準備中のものです。

いつも話題の中心にある橋、袂にはまだアジサイが咲いています。

小池の水の流れだしの部分、何時か作品にしたいなと思いつつ果たせずにいます。

暑い中、キキョウが咲いています。

こちらにもBotanical Gardenk の準備中のものが見えています、何を見せてくれるのかな、もうすぐopen だが少し落ち着いてから見に行こうかなと思っている。

青空が爽やか。

ロシアンセージが咲いています、涼やかでいいね。

タイワンモクゲンジを見つけました。

2年前に難波宮跡公園で見つけて以来観察を怠っています。
タイワンモクゲンジの花を初めてみた
ネットでオオモクゲンジの花の存在を知った。 それは難波宮跡公園の北西側にあります … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

観蓮会(かんれんかい)法金剛院


今、売れている人気の宿泊プランをランキング形式で見る
参考になった本シルバーエイジの健康読本

法金剛院は、通称「蓮の寺」とも呼ばれ、関西花の寺第一三番霊場となっております。

蓮の見頃となる真夏の早朝に「観蓮会」が行われます。

今年は2022年7月9日(土)~31日(日) 7:00~15:00(受付終了)

極楽浄土には、青、黄、赤、白色の大きな蓮の花が咲いているということに因み、4色の蓮の花が法金剛院に集められました。

名勝に指定されている回遊式庭園には大賀ハスや即非蓮(そくひれん)、王子蓮など約90品種もの蓮が色とりどりに次々と咲き競います。

天長7年(830年)頃、この地に右大臣清原夏野(782年 – 837年)が山荘を構えたが、夏野の死後にその山荘を寺院に改め、名称を双丘寺としたのが当寺の始まりであるという。

天安2年(858年)、文徳天皇の発願で伽藍が建立されて定額寺に列し、名を天安寺と改めた。

その後、寺運は衰えたようだが、3世紀ほど経た平安時代末期の大治5年(1130年)、待賢門院(1101年 – 1145年)により再興され、名称を法金剛院と改めている。

待賢門院は藤原氏の出身で、鳥羽天皇の中宮であり、崇徳天皇、後白河天皇の母である。

境内に現存する浄土式庭園の一隅にある青女の瀧は日本最古の人工の滝とされており、国の特別名勝に指定されている。

法金剛院は、古くから名勝の地として知られる双ヶ丘の東麓にある。付近には妙心寺、仁和寺などの著名寺院や史跡も多い。

日本での古名「はちす」は、花托の形状を蜂の巣に見立てたとするのが通説である。「はす」はその転訛。

原産地はインド亜大陸とその周辺。
地中の地下茎から茎を伸ばし水面に葉を出す。

花期は7~8月で白またはピンク色の花を咲かせる。
早朝に咲き昼には閉じる。

ハスの花、すなわち蓮華は、清らかさや聖性の象徴として称えられることが多い。

「蓮は泥より出でて泥に染まらず」という日本人にも馴染みの深い中国の成句が、その理由を端的に表している。

この蓮の葉が水を弾くことを「ロータス効果」と呼び、これによって生育環境が泥の中であるにも関わらず、蓮の葉は常に綺麗な状態が維持されています。

蓮の花が美しく咲くタイミングとは

満開の花を鑑賞するベストなタイミングは、以下の3つがあります。

時期は梅雨明け後(※地域によって多少前後ありますが7月中旬〜下旬頃です)
時間は午前中
開花してから2日目の蓮が一番美しくおすすめ

満開かつ美しく咲く蓮の花を鑑賞するには、開花2日目の朝7〜9時頃がおすすめ。

3日間咲いたりしぼんだりを繰り返し、4日目には花びらをパラパラと落としてしまう、とても儚い蓮の花。

8月に入ってからも、最盛期よりは少なくても、開花している花を見ることができます。

境内にはアジサイもまだ健在で、美しい姿を見せてくれています。

法金剛院は6年ぶりの訪問です。
法金剛院のハス
この寺の起こりは平安時代の初めに右大臣清原夏野(なつの)が山荘を寺に改めたこと。 … 続きを読む →

朝に訪ねる蓮の花咲く 法金剛院
法金剛院は平安時代の初め、右大臣清原夏野の山荘を没後寺とした。 1130年(大治 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!