秋真っ盛り 長居植物園


カツラの葉が陽を受けてきれいです、逆光で表現が難しい。

何処も紅葉、目に付いたものをとにかく撮る、撮った順番に並べるだけ。
何か主体性に欠けた撮影だがとにかくきれいなものを撮っていく。

ハナミズキの紅葉は独特の色合いだ。

風の葉も陽に透かす。。

積もった落ち葉と木立の紅葉のコラボ。

パンパスグラスがひときわ目立つ。

対岸の紅葉を愛でる。


小池の渓流に架かる橋、四季折々に絵になる。

アジサイ園の丘も紅葉がきれいです。


落ち葉もアップで撮ると絵になるかな。

真っ赤な紅葉がひときわ目を引く。

多くの人がそれぞれ紅葉を楽しんでいる。

野鳥観察の集団もいます。

何処にレンズを向けても紅葉が撮れる。



ギンヨウアカシア。

ミュウレンベルギアとパンパスグラス。


大池の対岸の紅葉。

逆光を受けて紅葉が輝く。


チームボルタニカの展示物も作品にならないかなといつも狙っているのだが・・・・

バラ園は人がまばら

エノキの大木が存在感を示す。


コスモスはフェアの最中い゛多くの人が集まっている。

風が強く中名か幕タイミングが合わない。

前ボケも風が吹いた時を狙って・・・・




展望塔の紅葉は特にきれいです。





関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

秋 使い慣れた標準ズームで・・・・


長居植物園の散策、ヤブラン、朝日を浴びてきれいです。

やはり使い慣れているだけに絵作りがスムース。

枯れたようになっていたスモークツリーも見事によみがえり。

そして再び紅葉。

園内の通路の落ち葉をローポジションで・・・・、それなりに奇麗です。

撮っていると楽しくなってきます。

陽を浴びた葉を透かして・・・

小池のあたりは木陰になっているので差し込んだ陽を浴びた葉がきれいです。

足元には大きな木の根、生き物みたいだ。

カメラで遊んでいると楽しい。

小池を長秒露光。

REVORING Vari ND3-ND1000 CPLを使用して30秒で撮影。

REVORINGとは、H&Y社が開発した「可変式ステップアップリング」のことで、レンズのフィルターネジが絞り羽根のように開閉します。

REVORINGに「可変式NDフィルター」と「CPLフィルター」が一体化したのが「REVORING Vari ND CPL」です。

サッと脱着でき、NDとCPLフィルターが可変式で使いやすい。

様々なハーフNDが用意されている、金がいくらあっても足りない。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

超広角でダイナミックに秋を探る


雨が止んだので早速長居植物園へ。

今日のお供はシグマ 8-16mm F4.5-5.6、消失点は噴水。

少し寄るとパースが聞いて花が大きくなる。

紅葉期にはいつも注目の場所。

カツラの黄、ハナミズキの赤がきれいです。

カツラとハナミズキを見上げる。

いつもは取らない場所、超広角を生かして撮る。

ちっちゃい子が話しかけてくれた、まさかと思ったがやはりうれしいね。

カツラはハート形をしたかわいい葉っぱが特徴。

ハナミズキの赤が青空に映える。

空はスジ雲で秋の雲です。

ケヤキを見上げる。

ムクゲが黄色く紅葉していてます、花びらがひょっこり飛び出してかわいい。

セイヨウトチノキが目立っています。

大池のダイナミックな姿。

この蓮のがく(花托)は夏に音づけた時に一輪だけぽつんと咲いていたハス。

TTArtisan 35mm F1.4 長居植物園
今日もTTArtisan 35mm F1.4 で遊んでいます。ムクゲもなかなかいいね。 … 続きを読む →


アサザが大繁殖しています。

セイタカアワダチソウも秋色、遠景にパンパスグラス。

パンパスグラスがきれいです。

コキアが紅葉しています、ちっちゃい子とお母さんがカクレンボしています。


この場所は「ボタニカルガーデン」で「光の草原」の演出に使われています。

夜の植物園を光や音で彩る大阪初の常設展-2
「長居の里山」と呼ばれる森の入り口にある作品。 具象と抽象 – 二次 … 続きを読む →


小池に架かるはし、この辺りも紅葉が進んでいます。

車いすの夫婦連れが紅葉を楽しんでいます、ほほえましい姿。

小池もすっかり秋色。

ダイナミックな姿についシャッターを切ってしまいます。

小池の畔はラクショウやメタセコイヤの高木が目立ちます。

池の奥に架かる橋が先ほどの橋です。

青空のもと散策を楽しむ人々、左手のバラ園は秋葉バラが咲き始めています。

帰路、空には一筋飛行雲。

こんな場所は通常絵にならない場所、超広角の功徳です。

いつもとは違った撮影が楽しめたようです。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

秋を見つけに


まだまだ暑い日は続きそうです、でもどこかに秋を感じるニュースはないかと長居公園にやってきた。

ハナミズキが色づき始めました、これは秋の気配ですね。

コムラサキも色づきだしました。

公園のベンチに落ち葉を見つけたりするとうれしくなります。

暑い中カンナも頑張っています。

アメリカキササゲも紅葉が進んでいます。

彼岸花もやっと咲き始めです。

ニラの花は元気です。

クリも実を付けています。

サルスベリがまだまだ頑張っています、この花を見るとどっと暑さを感じます。

しかし、自然はすこしづつ秋の様相を呈して来ています、ま、暑い暑いといってもそう永くは続くまい。

頑張ろう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

置き忘れた三脚が戻ってきた話 長居植物園


8月23日(火)から、二十四節気の「処暑(しょしょ)」に入ります。

「処」はさまざまな意味を持つ漢字ですが、この場合は「収まる」という意味で使われています。
ですから処暑は「暑さが収まるころ、落ち着くころ」という意味になります。

暦の上ではすでに秋に入っていますが、残暑はなかなか収まっていません。
この処暑こそ、涼しい日々になることを期待したいものです。

朝晩は涼しい日が訪れていますが、日中は猛暑です。

アジサイ園の木陰はさすがに涼しく、サギもゆっくりとエサ取りです。

小池の木陰も涼しそうな雰囲気。



里山の木陰には落ち葉が、何となくふと秋を感じる。

里山に分け入ると木漏れ日がきれいです。

今日は久しぶりに三脚を持ち出し、オニバスやスイレンを撮影、葉の表面のテカリは抑えられ、本来の緑を楽しんでいます。

しかし、他の植物はほとんど見頃過ぎ、9月過ぎまで待たねばならないようです。

方針転換で入道雲の撮影・・・

暑い中元気のいい入道雲を追っかけています。

暑いので木陰で休みながらの撮影です。

しかし、トラブルです。

撮影を終えて植物園の外へ出てから、三脚がないことに気づき、おおよその記憶を頼りに探しに行くも見つからず。

受付で紛失届を提出・・・・・

翌日は月曜日で植物園は休み、最短月曜日まで待たないと・・・・

今、当日の記事を書いていますが、書き始めた時に植物園から電話、どうやら親切な人が届けてくれたようだ。

連日色々な事件はあるが置き忘れたものが手元に帰ってくるなんてそうある話ではないだろう、さすが日本、ちゃんと出てきました。

早速受け取りに行き、今また記事の続きを書いています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

TTArtisan 35mm F1.4 長居植物園


今、売れている人気の宿泊プランをランキング形式で見る
参考になった本シルバーエイジの健康読本

今日もTTArtisan 35mm F1.4 で遊んでいます。
ムクゲもなかなかいいね。

スモークツリーもなかなかの写りです。

入り口で見つけたツルラン。

この安いが素晴らしいレンズの扱い方が少しづつ分かりかけてきた感じです。

それと同時に新しい発見もいろいろと・・・・楽しみが増えました。
Amazonでポケットマネーで買える手頃なレンズをゲットしょう

【ニコンZ】10万円台で手に入るF0.95レンズが楽しすぎる!Noct代わりに楽しむお手頃レンズ!


サルスベリの季節がやってきました。

色とりどりのサルスベリが咲いています、これから長期間楽しめます。

ラクショウも実を付けています。

ハナミズキの実、かわいいね。

夏の定番、キョウチクトウが咲き始めました。

ハスが一輪、向うにスイレン、そしてその向こうの正体不明の物体。

これから始まるBotanical Gardenk の準備中のものです。

いつも話題の中心にある橋、袂にはまだアジサイが咲いています。

小池の水の流れだしの部分、何時か作品にしたいなと思いつつ果たせずにいます。

暑い中、キキョウが咲いています。

こちらにもBotanical Gardenk の準備中のものが見えています、何を見せてくれるのかな、もうすぐopen だが少し落ち着いてから見に行こうかなと思っている。

青空が爽やか。

ロシアンセージが咲いています、涼やかでいいね。

タイワンモクゲンジを見つけました。

2年前に難波宮跡公園で見つけて以来観察を怠っています。
タイワンモクゲンジの花を初めてみた
ネットでオオモクゲンジの花の存在を知った。 それは難波宮跡公園の北西側にあります … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

アジサイが最盛期 長居植物園


今、売れている人気の宿泊プランをランキング形式で見る

気象庁は14日、中国(山口県を除く)、近畿、東海、北陸地方が梅雨入りしたと見られると発表した。

雨に咲く花、アジサイを撮ろうと勇んで出かけたが到着した頃は陽が射し始める始末、

こうなったら予定を変更せざるを得ない。

105mmのマクロで目立った花をピックアップしていく。

緩やかな起伏のある山奥の谷をイメージしたアジサイ園。

約1万株の青、紫、赤色などのアジサイが見ごろを迎えている。

お昼に西宮から来たという二人連れのご婦人と一緒になった、広いですねーと感心しきり。

毎日新聞やテレビでニュースが流れるので誘い合わせてきたという。

マスコミも罪なものだ。

ダンスパーティーの仲間であるアジサイは、アジア、北アメリカに約73種が分布するアジサイ科アジサイ属の落葉性低木です。

ダンスパーティーは、日本に分布するガクアジサイとアメリカの園芸種を掛け合わせて作られた園芸品種です。

1994年頃に静岡県にある加茂花菖蒲園で作出され、近年鉢物のギフトが数多く流通するようになって一気にブレイクし、以来不動の人気を誇るアジサイです。

ダンスパーティーの花期は6月~7月。

花期になると分枝した枝の頂部に、径10~20㎝程度の花序を形成し、多数の花を咲かせます。

花のように見える部分は、ガクが大きく発達した「装飾花」と呼ばれる部分で、雄しべと雌しべが退化しています。

ダンスパーティーは、装飾花が非常に美しいアジサイです。

装飾花はシャープな萼片が八重に重なり、華麗な花姿を見せてくれます。

ガクアジサイに比べると装飾花の数が多く、華やかで優雅なアジサイです。

ジャカランダが最盛期を迎えている。

隣ではスモークツリーが華やかに咲いています。

初夏にふわふわとした花茎を伸ばして、木が煙っているようにも見えるスモークツリー。

花姿のユニークさもさることながら、黄系、青系、ブロンズ系の葉色が揃い、カラーリーフプランツとしても人気の高い落葉樹です。

ケムリノキ、カスミノキという別名も持っています。

ジャカランダは、ホウオウボクやカエンボクと並んで、世界三大花木に数えられる木です。

南米原産で、現高さ15m以上に成長し、現地では葉に先立って紫色の花を咲かせるので、紫の雲のようだとたとえられます。

暖かいところで育つ木ですが、大阪市内でもジャカランダが元気に育っています。

長居植物園の中だけでなく、長居公園にもジャカランダの木があります。

ジャカランダがあるエリアの中では、真っ赤な花が咲くアメリカデイゴやヒシバデイゴも見ることができます。

同時期に花が咲き、どちらも花が散った地面も美しく、紫と赤のコントラストは見事です。

ジャカランダとは南米に多く分布している樹木で、品種は約50種類。高さは15メートルぐらいで、中には30メートルに達する大きいものもあります。

春から初夏にかけて紫色の花を咲かせ、木を覆うほどたくさんの花が咲くので、世界三大花木の一つとされているとても美しい樹木です。

その美しさから街路樹などにも使われることも多く、一面が紫色で覆われた景色は絶景そのものです。

世界3大花木ジャカランダを見る
今回の宮崎訪問の目的の一つに「ジャカランダ」を見たいということがありました。 「 … 続きを読む →

今宮崎ではジャカランダ祭りの最中です。

薔薇も雨に濡れきれいです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

アジサイの季節 長居植物園


スモークツリー、冬季、枯れ木のようになっていたが季節になるとちゃんときれいな姿を見せてくれます。

スポットの当っている花、珍しい品種を狙う。

スポットの当っている花を狙うとどうしても画像が暗くなる。

よくダイジェストに登場するスポット。

雰囲気が気に入って撮ったが、少し暗いかな。

白い装飾花が1枚しかないイワガラミ(岩絡み、ユキノシタ科)

名前とは違って、木にからむのが一般的。

山地に生え、気根を多数出して木や岩に張り付いて高く這い上る。

白い装飾花のガク片は1枚しかないのが特徴。

花・・・丸く平たい花序の周りに、1枚の白い三角状卵形のガクをヒラヒラさせた装飾花をつける。

雄しべは10個。花柱は1個、柱頭は頭状で4~5裂する。


クロヒメアジサイはヤマアジサイの変種で、アジサイの仲間では比較的早く花をつける種です。

両性花(オシベ・メシベを持つ花)の周りを装飾花(飾りの花)が取り巻く額縁咲きのアジサイ。

名札が見つからずで名前不詳。

きれいな花です、ダンスパーティとは違うようだし、名前不詳。


ユニークな姿で咲くフェイジョアの花は観賞価値も高い。

虫の代わりに、長く伸びる柱頭へ受粉を促す。

「渡り」と言えば、ツバメやカモなどの野鳥を思い浮かべると思いますが蝶でも、新聞などで時々話題になるアサギマダラがいます。

秋になると、全てではないのですが特定の場所に寄りつつ、栄養補給をしながら、春とは逆に南方へと旅立つ。

僅か十数グラムの蝶がどうして千キロも2千キロにも及ぶ渡りができるのでしょう。
気流に乗ったとしても方角や目的地をどう判断しているのでしょう。

暑くても寒くても気に入らないようで、いつも適温の25度ぐらい(日中)の地域を求めて、移動しているようです。

チコリは、ヨーロッパ、西~中央アジア、北アフリカ原産のハーブ。
古来、魔力を持ったハーブと考えられていました。

チコリの属名は、このハーブが畑で作られることから、ギリシャ語で「畑」を意味するchorionに由来。

フランス語ではアンディーブ、日本ではキクニガナとも呼ばれます。

花言葉は「節約、待ちぼうけ」です。

ハナショウブが咲き誇っています。

系統を大別すると、品種数が豊富な江戸系、室内鑑賞向きに発展してきた伊勢系と肥後系、原種の特徴を強く残す長井古種の4系統に分類でき、古典園芸植物でもある。

第二次世界大戦後は系統間の交配も進んでいる。

他にも海外、特にアメリカでも育種が進んでいる外国系、キショウブとの交配によるキハナショウブ(アイシャドウアイリス)、原種ノハナショウブの自然変異タイプがある。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ゴールデンウィークの長居植物園


3年ぶりに縛りのない自由な休日です。
所用を済ませ午後から長居植物園へ散歩に。

すごい人出です、午後だというのに入園ゲートには長蛇の列。

皆さん待ってましたとばかりに繰り出しています、園内、木陰は空きスペースがないくらい人がいっぱいです。

何時もは時計回りに回るのだが今日は反対から回ります。

ネモフィラが見頃ですがものすごい人だかりです。

人込みを避けバラ園に、太陽は真上でピーカンです。

これでは写真にならない、影を探して若いバラを選ぶ。

木陰を求めて里山の林へ、陽を透かしたショット、若い緑がきれいです。

若葉がきれいです。

緑の中を渓流に向かう。

気持ちの良い5月の爽やかな風に吹かれながらせ・・・・・

小池の畔から渓流に架かる橋を望む、多くの人が通り過ぎます。

お気に入りの場所へ、小池に移り込む景色が好きです。

小池に移り込む景色はいつもいろいろな顔をしています。
深いグリーンがきれいです。

小枝でも落ちたのか水面にわだちが・・・・・・

トゲナシハリエンジュの花が咲いています。
高い木なので気づかず通り過ぎる人もいます。

途中でおやつをいただきながら散策を楽しみました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

霧のガーデンミュージアム比叡


今日はあいにくの雨です。
木々の緑が雨に洗われて生き生きとしています。

森の緑もきれいです。
一人で来たときはこの辺りも楽しみながらロープウェイの駅まで行くのだが、今日は団体行動です、あまりゆっくりしておれません。

まだ桜が残っているのではと期待していたがさすがにもう見当たりません。

いつもは晴れの日が多いのですが、初めての雨の日に当たりました。
ケーブルの車窓もはじめてみる雨の風景です。

叡山ケーブル・ロープウェイは、施設メンテナンスのため、冬季は運休、比叡山延暦寺へは、坂本ケーブル、比叡山ドライブウェイまたは奥比叡ドライブウェイをご利用となります。

かわらけ投げ広場からの遠景、雲海がきれいです。

今日は霧をどう表現するかなと興味つづ。

雲のグラデーションを表現したかったのですが、なかなか難しい。
モノクロの表現のほうが向いているかな。

雲の切れ間から東塔の景色が見えます。
この辺りまで来ると桜も見れます。

散り際の桜・・・・

雨に濡れたアセビに桜の花びらが・・・

藤の丘から霞む展望塔。

ガーデンは冬季休暇から昨日オープンしたばかりです。

花がどうかなと心配していたのだか、なかなかきれいだ。

何時もは花と絵画が目に付くのだが今回は霧に気を取られている。

気になってた睡蓮の庭へ。

モネたちが愛したモチーフです。

少しづつずらしながら・・・

彼らが思い描いた日本風の庭園・・・

何度も行きつ戻りつしながら霧にかすむ庭を楽しんでいます。

過去の訪問記

一足遅い初夏 ガーデンミュージアム比叡
標高840mの比叡山頂の庭園美術館。 1.7haの園内に1,500種10万株の花 … 続きを読む →

ガーデンミュージアム比叡 蓮池
1883年、モネは後に二人目の妻となるアリス・オシュデと子どもたち(自分の子ども … 続きを読む →

天空の画廊 ガーデンミュージアム比叡
標高840mの比叡山頂の庭園美術館。 1.7haの園内に1,500種10万株の花 … 続きを読む →

こもれびの庭
自然を愛する繊細な日本人が誇るべき「木漏れ日」という言葉。 英語には該当する言葉 … 続きを読む →

天空の花園
庭園は琵琶湖を見渡す位置にありまさに天空の花園。 ホタルブクロという名前の由来に … 続きを読む →


こもれびの庭も鮮やかな花々が・・

帰りも霧を楽しみます。

ちょっと霧が深すぎるかな。

ケーブルのすれ違い場所。

高知に世界で唯一、本家より「モネの庭」の名称を許可されたマルモッタン、青春18切符乗り継いで三泊三日で訪れた時の訪問記。

モネの庭マルモッタン 水の庭
念願のモネの庭に来ました。 青春18切符で列車を乗り継いで。 モネは生涯の祈り返 … 続きを読む →

モネの庭マルモッタン 光の庭
世界で唯一、本家より「モネの庭」の名称を許可された施設です。 この庭は本家フラン … 続きを読む →

モネの庭マルモッタン 花の庭
展望デッキから見下ろすと、左手に見えるのがバラアーチ。 その足元にはオレンジ色の … 続きを読む →

モネの庭マルモッタン ギャラリー・カフェ
エントランスブリッジ。 駐車場から続くエントランスブリッジでは、バラのアーチがお … 続きを読む →

モネの庭マルモッタンの庭で見かけた花々
モネの庭は花好きにはたまらないスペースです。 真夏にもかかわらず多くの花を見るこ … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!