道頓堀 夜景を超広角で


これまでの静寂は何処へやら、道頓堀はインバウンドで賑わっています。

今日もシグマ 8-16mm F4.5-5.6をお供に道頓堀散策。

東の端、日本橋からスタート、まだ日の入り前でやっと街に明かりが入ったとこ。

前方に相合橋が見えてきました、空も少し色目が見えてきました。

「あいあうばし」や「あいあいばし(通称)」と呼ばれています。

一見すると何てことない橋ですが、実は「縁切り橋」として遊里の人たちは橋を渡るのを避けていた橋でもあるのです。

ひっきりなしに観光船が通ります、今までになかったこと。

見えてきたのは太左衛門橋、橋の名は橋の東南角で歌舞伎の小屋を開いた興行師大坂太左衛門に由来するという。

織田作之助の作品に『女の橋』『船場の娘』『大阪の女』という三部作があるが、ストーリーの節目に太左衛門橋が、一場を構成する重要な役割を与えられている。

川面にネオンの明かりが・・・これは観光船ではないようだ。

この辺りは観光客が多く、賑わっている。


ドン・キホーテ前は太左衛門橋船着場。

やっと川面にネオンが映りミナミらしくなってきた。

前方に戎橋が見えてきた、空ももえてきた。

紅い灯青い灯が入り混じってきれいです。

さすが戎橋、超賑わっています。

聞こえるのは意味不明?の音声ばかり。


賑やかな船がやってきました。

約20分の道頓堀ミニ・クルーズ。

大阪ガイドクルーによる案内で、名所の裏話や気づかない見どころを楽しくご紹介しているそうだ。


戎橋を過ぎると急に寂しくなる。

「出世地蔵尊」まで来ました。


クルーズ船が大きな波紋を残して走り去ります。

料金はおとな(中学生以上) 1,000円 こども(小学生・おとな1名につき1名をこえる未就学児) 400円。

始発1時間前会場のチケット売り場で時間指定当日券を買う。



左の少し派手なホテル、ホテルローズリップス心斎橋店は、心斎橋の駅から徒歩10分ほどの場所にある、18歳以上の方が利用できるホテルです。

ホテル名のように、白壁にローズ柄が描かれたかわいらしい英国風の建物が目印となります。

道頓堀の西の入り口、道頓堀の名の由来は、安井道頓という人名からつけられたことは有名です。

また近年では、川面の遊歩道・とんぼりリバーウオークも人気を集めています。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

超広角で道頓堀を撮る


今日もお供はシグマ 8-16mm F4.5-5.6。

OCATムービングウォーク、写真をやる人なら知らない人はいないくらい有名。

OCATの外部階段。

奥にはライフがあり、その奥にはJR難波駅がある>

知る人ぞ知る、JR難波駅前のポンテ広場。

ここはストリートダンスのメッカ、 いつ行っても若者が集まっています。

ここも、写真をやる人なら知らない人はいない、配置換えをしたようです。

道頓堀ホテル、世界の4大民族の顔をモデルにしているそうです

大阪道頓堀のパワースポット「出世地蔵尊」。

インバウンド復活で賑わっています。

松竹座、テラコッタを使用したネオルネッサンス様式の正面大玄関の特徴あるアーチを持つ劇場建築は1923年(大正12年)に竣工する。

ミナミで最もにぎやかな場所。

ネオンが灯る頃、最もきれいになる。

1972年(昭和47年)には、この街の名を取り入れた歌謡曲「宗右衛門町ブルース」(歌:平和勝次とダークホース)が発売され、200万枚の大ヒットを記録した。

それ以前にも1967年発売の「大阪ブルース」(歌:奈美悦子)や1970年(昭和45年)発売の「大阪流し」(歌:フランク永井)などの歌詞に宗右衛門町が登場しているが、曲名に用いられた例は珍しかった。

宗右衛門町の幽霊ビル、半分は駐車場になったがあと半分残る。

なんばに向かう途中で、織田作之助・女三部作で名の知れた「太左衛門橋」。

橋の東南角で歌舞伎小屋を開いた興行師・大坂太左衛門に因んで「太左衛門橋」と名付けられた橋で、架橋年数は不明なれど橋の架かる道頓堀川の北が遊郭、南が芝居小屋と有ってそれを結ぶ橋と有っては恐らく興行師の太左衛門たちが掛けた橋なんでしょうね。

インバウンドの集中する場所、この東側の堺筋がバスの待機場所になっている。

大正から終戦まで楽器屋さんを営んでいたそうです。
それが戦後に「食べもの」を扱う商いがしたいと考えて始めたのがそもそもの始まりだそうです。
お店の目印となっている「宵待ち柳」は、恋人同士の待ち合わせスポットとして先々代が命名し、今では4代目!

「今井」の歴史は古い。200年前の江戸時代から、「稲竹」という名で芝居茶屋を営んできたが、大正期に楽器店に転業。第二次大戦時に店は全焼し、昭和21年にまた転業した。これが現在に続く「道頓堀今井」で、今井社長はうどん店としての三代目にあたる。

今井の脇の狭い路地を入ればかの有名な道頓堀の隠れスポット 浮世小路。

うどんの「今井」の前身「今井楽器店」があり、昭和初期・大大阪時代のモガ、モボが粋を気取ったカフェの店内風景も見え、吉本興業の昔の劇場「花月亭」の前を通ると出囃子が聞こえます。

「一寸法師大明神」のおみくじはよく当たると大人気、広い境内に本堂や不動さんがある昔々の法善寺・・・・・・、大正ロマンがあふれ、懐かしい昭和の匂いがにじむ「観光路地」、道頓堀に来られたらぜひ立ち寄ってください。

法善寺横丁の看板、西側:藤山寛美東側:桂春団治の筆。

月の法善寺横丁の石碑の向かい、正弁丹吾亭の入り口の隣には織田作之助の文学碑が残っています。

時代は流れ、「法善寺横丁」という名を全国に知らしめたのは、大正時代を生きた文豪たちがきっかけだそうです。

織田作之助の代表作「夫婦善哉(めおとぜんざい)」や長谷川幸延(こうえん)の代表作「法善寺横町(当時は横町と呼んでいた)」。

また、芝居や映画・歌謡曲などに次々と紹介され「法善寺」「法善寺横丁」の名前は広く日本中に知られることになりました。

南海電鉄の協力のもと、阪堺(はんかい)電車の路面の敷石に使っていた石を譲り受けて石畳にしました。

こうして、現在の風情ある法善寺横丁の雰囲気を生み出す石畳は完成しました。

つい先日、コケが剥がされた水かけ不動。

屋台が軒を並べ、雑然としていた場所もきれいに整理されていました。

日本橋の橋の下、観光船はここでUターン。

いよいよ街に明かりが灯りました。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

再び浜寺公園へ


前回工場夜景を撮るため浜寺を訪れたが調査が不十分だったためロケハンのため再度浜寺を訪問。

前回の記事
工場夜景 浜寺公園
工場夜景を撮って見たいという願望はあったが、運転免許は返納してしまっており車が使 … 続きを読む →


1873年に日本最古の公立公園として誕生した浜寺公園。

大正から昭和初期にかけては海水浴場を中心とした一大レジャースポットとなり、周辺には別荘地が形成されていきました。

戦後、対岸に臨海工業地帯の造成が開始されたことで海水浴場は姿を消し、松林の保存を目的に浜寺水路が建設され現在に至る。

浜寺水路に沿った道路は市民の格好のランニングコースになっており、ひっきりなしにランナーが走り去る。

水路に沿った通路に風車が設置されている、もうすでに見られなくなったが、オ ランダの風車をヒン トに大正期 に考案された”堺 の風車”は1935年 頃から1950年 代初 めまで大阪南部の泉南地域 にひ ろく普及 し、1965年 頃までは市内石津地 区を中心 とした海岸線 一帯 に400基 近 くが林立していた。

今では服部緑地の日本民家集落博物館で見られる。

青空の服部緑地公園
1941年(昭和16年)の防空緑地計画に由来する大阪四大緑地(服部・鶴見・久宝寺 … 続きを読む →


前回はこの辺りで撮影。

浜寺水路に架かる府道29号線の浜寺大橋は、浜寺公園の北の端にあります。

浜寺新大橋の下には煙突が並んでいるのが見えます。

橋に沿ってパイプラインが伸びる。
この辺りは釣りのポイントとして良いそうだ。

この橋の上から夜景が撮れると思うが、交通量が多いのでよく揺れる。

乗用車ぐらいなら大丈夫だけど、トラックが走ると橋の揺れによって写真もブレてしまう。

橋を渡ってみたがトラックの往来が多く、徒歩では危なくて通行不可能。

ネットで工場のフェンスの破れから撮ったという画像を見たが、おそらく車で行ったのだろう。

この北の石津漁港のあたりからも工場が見えそうだが駅から距離がありそう。

ここからの撮影はあきらめざるを得ないだろう。

そうこうしている内にいい時間になった。

ここで撮影してもいいのだけれど・・・・・

東燃ゼネラル石油の工場


遠景に三井化学大阪工場が見える。


浜寺新大橋の下から見える工場は石津漁港の方かな。

最終、前回の位置から撮影。

色々と歩き回ったけれど徒歩で簡単に行ける工場夜景の場所は今のところここが最適かな。

今回行った浜寺大橋は新浜寺大橋と絡めて夕日の撮影には面白そうだ。

リサーチを継続しよう。

関連記事


【最新】全国旅行支援(最大40%割引でお得に宿予約)

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

工場夜景 浜寺公園


工場夜景を撮って見たいという願望はあったが、運転免許は返納してしまっており車が使えない。

諦めかけていたが浜寺公園の北の水路から工場夜景が撮れることを知り出かける。

画像は浜寺公園駅の旧駅舎。

第1回近畿の駅百選選定駅 浜寺公園駅舎
「東京駅」や「中之島中央公会堂」など、数々の重要文化財を手掛けた辰野金吾の設計に … 続きを読む →


工場夜景スポットの宝庫である堺泉北臨海工業地帯。

その中でも、公共交通機関でのアクセスが良いのが浜寺公園。

西側が浜寺水路に面しており、この運河ごしに工場夜景が広がっています。

阪神高速4号湾岸線越しに夜景が撮影できるが距離があるので中望遠以上のレンズがあった方がいい。

今日の相棒は、NIKKOR Z 24-200mm 
撮影データ 絞りf6.3 シャッタースピード30秒 iso感度100

水路の西側、三井化学大阪工場。

煙突からの水蒸気が流れていい感じ。

水路には灯りが影を落とす。

水蒸気が大きく流れる。

東に目を転じると浜寺水路に架かる府道29号線の浜寺大橋、その上を阪神高速4号湾岸線が走る。

浜寺大橋を渡るとすぐに東燃ゼネラル石油の工場があります。

浜寺公園と泉北一区臨海埋立地とに挟まれた幅200mの水路。

大阪府立漕艇センターにおいて、浜寺大橋から高石漁港に至るまでのうち2,000mをボート競技用のコースとして利用。

コース全長2,000m(B級1,000m・C級2,000m公認)、コース巾90m、レーン数6となっています。

漕艇センターは昭和44年関西随一の理想的漕艇コースとして誕生、平成9年第52回国体開催を契機に艇庫の増築やコース整備など大改修が行われた。

アクセス 電車の方は南海「浜寺公園駅」、もしくは阪堺電車の「浜寺駅前駅」から徒歩で10分程度。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

ゴールデンアワーの梅田を撮り歩く


ネコちゃんのビルの地下で軽く食事。

今日もシグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMがお供。

ちょうどゴールデンアワーの時間帯、黄金色の街を歩く。




やはりここはお気に入りの場所、足が向いてしまいます。

狭い路地り隙間から目標をパチリ。


今日の目的の場所。


阪神前の陸橋が金色に輝く、まさにゴールデンブリッジだ。



新しいスタイルの乗り合いバスが展示されています。

土曜日だが人出はまばら。



JR大阪駅に巨大ヒョウが!
飛び出す3D広告に思わずスマホをかざす人々。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

姫路城 夜景


前項「坂越浦 レトロ散歩」の続編です、27日に強引な撮影を入れてしまって、続編が今です。

坂越では食事処も少ないので姫路まで移動、ついでにお城の夜景をとっておこうかといったところ。

ただ今19時前、桜門前、ほとんど人もいません。

以前、姫路城は何処からの眺望が一番いいかなと、ビューポイントを探して歩いたことがあったが・・・・

姫路城ビューポイント探訪
2015年3月27日再公開以来人出の多さを気にしながら訪問の機会をうかがっていた … 続きを読む →

喜斎門跡からの夜景、堀への映り込みがきれいだった記憶がある。

現在の桜門橋は発掘調査で出土した橋台の遺構を活かしながら、江戸時代の木橋をイメージして築いたもの。

平成19年2月17日に多くの関係者の出席のもと、テープがカットされ渡り初め式が行われた。

渡り初め式には、三世代夫婦、お殿様、お姫様、お城の女王、お城おどり保存会他多くの方も参加。

桜門橋からの眺望。

大手前通りは、JR山陽本線姫路駅から姫路城大手門(桜門)前の姫路城前交差点に至る、全長約840m・幅員50mの道路。

日本の道100選の一つに選ばれている。

姫路城城下町、中曲輪・外曲輪に当たる範囲にある。

多数のブロンズ像などが設置されており、様々なイベントの場、憩いの場として親しまれている。

裸婦像

夏帽子の少女

この辺りからの眺望が一番きれいかな。

眺望デッキ「キャッスルビュー」から多重露光を試みる。

やぁ、疲れました、今日の歩行は23,000歩、帰宅時間は11時30分、かなり無理をしました。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

参考になった本シルバーエイジの健康読本もどうぞ

大阪城夜景


その後大阪城に移動、大手前の陸橋から天守のが狙えるのではと考えていたが樹木に遮られてアウト。

8時前だが外堀がライトアップされている、お盆期間のサービスかな。

違う雰囲気で撮影できそう。

大手門もライトアップされている。

画面左端のおばちゃんが移動しない、じれてシャッターを切る、猫に餌をやっているようだがこれもありかな。




久し振りの外堀ライトアップ。


絞りf11、シャッタースピード15秒、水面も滑らかでそれなりの雰囲気。

しかし、6番櫓までしかライトアップされていない。

シグマ8-16mmに付け替え、超広角での画像を試す、ちょっと非現実だがこれも面白い。

久し振りの三脚使用で戸惑った場面もあったがそれなりの効果は捨てがたい、これを機に三脚の場面をもう少し増やそう。

楽しんでいるうちに時間を過ごしてしまった、ただいま9時30分、急いで帰ろう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

中之島夜景


上空にはうろこ雲、上空もう既に秋かな。

地上では残暑が厳しく、北日本では非常に激しい雨や雷雨になる所があり、さらなる大雨に警戒が必要だとされる。

今日は久しぶりに三脚を持ち出した。

天満橋から西を狙った、見えているのは天神橋、中之島公園の噴水。

昼は暑いのでもっぱら夜、撮り歩いているが表現がどうも限定されてしまう。

あいにく曇り空できれいなトワイライトはお預けだ。

レリーズは持って行かずセルフタイマーでの撮影。

シャッターを押すことに気を取られ、ピント合わせがなおざりになってしまった、反省点。

この後、大阪城に向かったが、同じような失敗をしている。

表現の多様性を求めるうえで避けて通れない道、少しづつ勘を取り戻していこう。

アクセス、大阪メトロ天満橋2号出口から徒歩すぐ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

夜景散策 グランフロント


今、売れている人気の宿泊プランをランキング形式で見る
参考になった本シルバーエイジの健康読本

この時期夜の撮影は快適だ、まず北館9階の展望広場から夜の街を撮影と、歩を進めたが9階広場への階段がクローズされている、夜間のみの措置のようだ。

画像は登山・アウトドア用品総合専門店 好日山荘が運営するボルダリングとリードクライミングが楽しめる、ボルダリングジム「グラビティリサーチ」。

単に力技で登るのではなく、登り方を頭で考えて、戦略を練り、バランスとテクニックで攻略する・・・・新しい自分を発見しませんか?。

近畿大学水産研究所 グランフロント大阪店、コロナを意識してか、客はまばら。

Studio Cafe ZooAdventure

どの店も客はまばら。

外は一雨あったようだ。

1階、うめきた広場

仕事を終えたサラリーマンでそこそこにぎわっている。

水辺のリフレクションも見事。

うめきた広場の光り輝く大階段、いつもは多くの人が上り下りしているがひっそり。

今年も梅田の町が色とりどりのきれいなゆかた姿でいっぱいになる「梅田ゆかた祭」が開催されます。

阪急茶屋町、グランフロント大阪、大阪ステーションシティ、ダイヤモンド地区でイベントが盛りだくさんです!

20日・21日16時からは茶屋町、グランフロント大阪うめきた広場、阪急梅田本店では”梅田打ち水大作戦”がおこなわれ、冷たい水が梅田の街を涼しくします。

18時からはメインイベント、グランフロント大阪うめきた広場で盆踊り!
子どもに人気の曲から定番曲、話題曲まですべての年代の方がたに楽しみ!

また、両日ともゆかたの着付け、着崩れ直しスポットがあり、着付けや着崩れが不安のかたも安心。

けやき並木や北館西側歩道の樹木、静かです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

中之島 夜景散策


今、売れている人気の宿泊プランをランキング形式で見る

うだるような暑さが続いています。
こういう日は夜景散策に限る。

今日もNikon Nikkor Z 24-200mm f/4-6.3 VRがお供。

腰痛もほとんど不自由を感じない程度に回復しています。

参考になった本シルバーエイジの健康読本

淀屋橋から見た中之島西部方面の夜景。

中之島には塔屋がライトアップされたビルが多く、華やかな夜景を演出しています。
遠景は錦橋。

梅田の高層ビル群と工事風景が見られる。

堂島川に掛かる水晶橋、レンガ調の橋脚が白色にライトアップ。

堂島川に掛かる橋の中でも、重厚感ある橋。

レンガ調で、もともとは河川浄化を目的とたゲート(可動堰)です。

夜になると、白色にライトアップされます。

他の橋の色鮮やかなライティングと比較すると、夜間には目立たない橋ではありますが、歴史を感じる赴きある光景を楽しめます。

水晶橋は、正確に言えば橋ではなかった。

この橋は本来は昭和4年に完成した堂島川可動堰という、河川浄化を目的として建設されたゲートである。

橋面の改装が行われたとき、さらに多くの人に利用してもらうことを願って、法律上も橋と認定する手続きがとられたので、現在は名実ともに橋になっている。

水晶橋という名の由来は今一つはっきりしないが、橋上にある照明灯が水面に映る様子が水晶のかがやきに似ているということから出た愛称であるとする説もあり、水都大阪が繁昌するようにという意味で水昌橋であるという説もあって決め難い。

水晶橋は、その姿形のゆえに大阪の人々に愛されている。

プロ、アマを問わず、画題として選ぶ人が多いのはその証拠である。

水晶橋の美しさの要因を考えてみると、第一には本体のアーチとその上の九つの小アーチの組合わせの妙が挙げられる。。

重厚さの中にどこか軽やかさを感じさせる。

昭和57年の改装工事でベンチ代わりの植枡も置かれている。また、ライトアップがなされ、中之島の夜景に彩りを添えている。

西天満若松浜公園、川沿いのテラス。
夜ともなるとライトアップされ、華やかだ。

鉾流橋(ほこながしばし)

天神祭の「鉾流神事(川に神鉾を流し、その年の神霊渡御地・お旅所を決定する行事)」がこの橋のたもとで行われることにちなんでその名が付いたといわれる「鉾流橋」。
 
初めて橋が架けられたのは1918年(大正7)ですが、現在見られる鉾流橋は1929年(昭和4)に完成したものです。
 
天神祭の鉾流神事が行われることを考慮して、高欄、照明灯、親柱など日本調にクラシックなデザインが採用されたそうです。
 
これらの高欄、照明灯は戦争中の金属供出などによって失われましたが、1980年(昭和55)に中之島地区にマッチしたクラシックなデザインの高欄や照明灯、レンガ敷きの歩道が整備されました。

「難波橋」は「中之島公園」内を貫き境筋を渡す橋で、モダンな形状は昼間でも美しいことで知られています。

日没後は橋の下側がカラフルにライトアップされ、水都に花を咲かせます。「

難波橋」を渡っている時はこのライトアップに気がつきませんが、「中之島公園」へ入って分かるライトアップ、粋な計らいですね。

土佐堀川・中之島公園・堂島川をまたがる堺筋に架けられている、全長約190mの橋。

橋詰の4ヶ所に、阿(あ)と吽(うん)それぞれ2体の石造のライオン像が配置されていることから、「ライオン橋」の愛称でも親しまれている。

江戸時代、この橋は堺筋の西隣にある難波橋筋に架かっていた木橋で、北詰は樋之上町、南詰は北浜一丁目、橋長約207m、橋幅約5.7mの、幕府直轄の公儀橋だった。

反り橋だったため、周辺の16橋や遠くの山々を眺めることができ、橋の上は花火見物や夕涼みの一等桟敷となるなど、絶好の行楽地としてにぎわっていたそうだ。

明治45年(1912)、市電堺筋線を北浜から北の天神橋六丁目へと延伸する際に、現在の位置に移された。

華麗な照明灯、中央の中之島公園へ降りる広い石造りの階段など、都市景観の創造が図られた設計が見事。近くに、大阪証券取引所をはじめとする、近代のレトロビルも群集している。

ライトアップされた大阪市中央公会堂。

大阪市中央公会堂
大阪市中央公会堂(通称:中之島公会堂)は、1911年(明治44年)、株式仲買人で … 続きを読む →

公会堂スタッフによるガイドツアーが行われている。

ツアーでは、「展示室」にて公会堂が歩んできた歴史をご紹介、部屋そのものが芸術品といわれる「特別室」がご案内される。

大阪府立中之島図書館。

「緑の賛歌」は、大阪市中之島公園にある。

緑豊かな文化の香り高い街づくりの推進にと、浅井鉞次郎氏が大阪市に寄贈した作品で1973年4月16日に除幕式が行われた。

約8メートルの台座に立つ4.3メートルの裸婦像は、本郷の野外彫刻の中でも最も大きなものです。

淀屋橋の夜景。

江戸時代の豪商、淀屋の名前が付いた淀屋橋は、パリのセーヌ川に架かるコンコルド橋をモチーフとしており、重要文化財にも指定されています。

御堂筋を挟んで大阪市役所の向かい側にある日本銀行大阪支店のライトアップ。

1903年建設(辰野金吾設計)、中之島を代表する近代建築です。

午後8時をすぎてしまいました、2時間以上歩き回った様です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!