西梅田界隈

今、西梅田界隈は激しく動いています。
日々の動きはわずかで分かりにくいのですが・・・・

今回紹介するのは、JR大阪駅西側エリアの旧大阪中央郵便局跡地の再開発、「梅田3丁目計画(仮称)」だ。

このプロジェクトは、日本郵便、大阪ターミナルビル、JTBの3社がタッグ。

12,920㎡の敷地には、オフィス・商業施設・ホテル・劇場の機能を有した、地上40階・地下3階の複合ビルの建設が進められている。

ビル全体はJPタワー大阪、
商業施設はKITTE大阪か?

「梅田3丁目計画(仮称)」の複合ビルには、約1,200坪の西日本最大級のオフィスのほか、商業施設と約1,200席の劇場が設置される予定。

さらに、客室数約400室・バンケット施設も有するホテル機能を導入することで、大阪・関西万博の開催によって高まるニーズにも対応する。

日本郵便の過去の実績を見るに、ビル全体はJPタワー大阪、商業施設はKITTE大阪になるのではないかと見られている。

導線は、2階の歩行者デッキによってJR大阪駅のサウスゲートビルディングと直結。

また、JR高架下貫通通路を通じてグランフロント大阪や「うめきた2期」などがあるJR大阪駅北側、地下通路のガーデンアベニューを通じて西梅田地区にもつながる。

本格的に動き出した大阪中央郵便局跡地の再開発。

JR大阪駅の北側エリアや南側エリアと同様、この西側エリアも機能性、利便性ともにより一層高まるだろう。

2025年の大阪・関西万博までにJR大阪駅周辺がどのように生まれ変わるのか、期待は高まるばかり。

新たな“にぎわいの拠点”として、この一帯も大きなニーズが見込めるはずだ。

超高層ビルのコンクリートジャングルの中で、怪しい路地へ誘われいつしかタイムスリップしたかのような心境。

その名も「浪漫倶楽部」

まさにロマンチック!

この路地をあっちに行くと、国道2号線がありちょうど桜橋ボウルの横に出てきて、右に曲がって進むとブリーゼブリーゼがあります。

なんか戦時中からありそうな風情のある看板。

でもこの建物は1983年に建てられたものらしい。

桜橋の交差点。

右手前方にJR大阪駅、北側は梅田貨物駅跡地の再開発が進められていて、進行中の工事も見れるので皆さんご存じの通り。

「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」が、2022年春に開業。

入居する阪神百貨店は、2018年6月1日(金)に部分開業した後、2021年秋に全面開業する。

2022年春には阪急うめだ本店の梅田阪急ビルが「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」となるようです。

2つのビルを総称して「大阪梅田ツインタワーズ」となり、ビル周辺では、公共施設の整備が推進される予定とか。

地下・地上・デッキレベルでの3層歩行者ネットワークを強化して、より快適で便利な環境を創出し、街の回遊性を高める計画となっているようです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">