住吉大社


今冬一番の寒気が押し寄せている、大社の神殿をバックに特徴的な冬の空をとらえた。

当日は七五三とあって多くの善男善女が押し寄せていた。

「住吉」の読みは、現在は「スミヨシ」だが、元々は「スミノエ(スミエ)」だった。
例えば奈良時代以前に成立した『万葉集』には「住吉」のほか「住江」「墨江」「清江」「須美乃江」という表記も見える。

ちなみに我が家の校区は「清江小学校」スミノエと読まず「キヨエ」小学校と読む。

大みそかには1年の罪と穢れを落とす「大祓式」が行われる。

1年の罪と穢れを落とす「大祓式」 住吉大社
昨年もいろいろなことがありましたが、大晦日、ここ住吉大社では1年の罪や穢れを祓う … 続きを読む →

大祓2016 住吉大社
大晦日、1年の罪や穢れを祓いやる儀式「大祓」が住吉大社幸寿門前で行われた。 早く … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">