万葉故地 橋本の万葉歌碑 橋本駅前広場


橋本市は楳図かずおゆかりの町『まことちゃん像』が万葉歌碑と並んで建つ。

「白栲(しろたえ)に にほふ信土(まつち)の 山川(やまがわ)に わが馬なづむ 家恋ふらしも」

信土山の川で私の乗る馬が行き悩んでいる。
家人が私を思っているらしい。

この川のところで馬が難渋するのも、家人らが、こちらを思っているからだろうと、郷愁を訴えるのだ。

信士(真土)の山川は現在落合川と呼ばれ和歌山・奈良県境の川。
 
当時の旅人が難渋したことは、「神代の渡り場」に立って見ると、その渓谷の深さに実感させられる。
 
歌碑は、駅前広場にあるので馬が難渋する風景てはないが是非「飛び越え石」の現地に行って、この歌をうたってほしい。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">