金運/良縁/厄除け/学業/芸能のパワースポット


社名の「車折」については、ある人が牛車に乗ったまま社前を通った所、突然車が裂けてしまったためとも、後嵯峨天皇の大堰川遊幸の際、社前で突然車が前に進まなくなったので、不思議に思って社の者に問うた所、頼業公を祀ると答えがあったので、還御の後に「車折大明神」の神号と正一位の神階を贈ったためともいう。

祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)。

頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった。

大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。

社名は「車裂」「車前」とも書いた。
旧社格は村社で、現在は単立神社。

新緑の嵐山で三船祭
三船祭」の名前の由来は、白川天皇が行幸の折に、「和歌」「漢詩」「奏楽」に長じたも … 続きを読む →

例祭は5月14日で、その延長神事として5月第3日曜日に「三船祭」が行われる。

昭和天皇即位を記念して1928年(昭和3年)より催行されているもので、嵐山の大堰川にて平安時代の船遊びが再現される。

500円で販売されている祈念神石

この祈念神石は、本当に願い事がの叶うパワーストーンだとして口コミで話題が広がり、近年脚光を浴びている。

祈念神石は肌身離さずに持ち歩けるお守りタイプと、神棚などに飾れるお札タイプの2種類がある。

いずれも毎日、祈念神石に願い事を強く念じるように、とされています。

なお、石を袋から取り出す行為はご利益が無くなるので禁止です!!

境内社の芸能神社(げいのうじんじゃ)は天宇受売命を祀っており、芸能・芸術の分野で活動する人々より崇敬を受けている。

余談ではありますが、天守受売命が踊った舞は相当エロい内容だった。

神話で詳細に書かれている・・・。気になる方は調べてみてください。
私の口からはこれ以上言えません。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

隠れ紅葉の鹿王院で青もみじを独り占め


このモミジの参道を独り占め、誰もいません、もったいない。

庭園は客殿の南に広がり、舎利殿を中心とした平庭枯山水。

建造物と一体となり、かつ嵐山を借景として、樹木・石の配置を含めて見応えのある庭園です。
面積は1,895平方メートル。

鹿王院は、足利義満が建立した宝幢寺という寺の塔頭(禅寺等で歴代住持の墓塔を守るために建立される寺院)であった。
宝幢寺は応仁の乱で廃絶し、その後は開山の塔頭であった鹿王院のみが残って寺籍を継いでいる。

宝幢寺は禅寺十刹の第5位に列せられる大寺であったが、応仁の乱で廃絶。

塔頭の鹿王院のみが残った。鹿王院は寛文年間(1661年 – 1673年)、酒井忠知(徳川四天王の一人である酒井忠次の子)によって再興され、忠知の子である虎岑玄竹(こしんげんちく)が中興開山となった。

山号は覚雄山。
本尊は釈迦如来。
開基(創立者)は足利義満、開山(初代住持)は春屋妙葩。

玄関を入ると誰もいません。
玄関を入って右側に吊された小鐘があり、御用向きがある人はこの鐘を撞木(というよりはただの枝)で3回叩くのです。

叩くと奥からおばさんが出てきて、拝観料を払うと由緒書を渡され、「スリッパを履いて、玄関を上がって、右側をお進み下さい」というと再度奥へ戻っていきました。

あとは勝手に見ろ、ということなのでしょう。

紅葉期の記事

紅葉2015 紅葉のアーチが美しい 隠れ紅葉の鹿王院
鹿王院(ろくおういん)は右京区嵯峨北堀町にある臨済宗系の単立寺院山号は覚雄山。本 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

梅宮大社は花盛り


全国の梅宮神社の総本社。
式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社で、旧社格は官幣中社。

現在は神社本庁に属さない単立神社。
旧称は「梅宮神社」。神紋は「橘」。

四姓(源平藤橘)の1つの橘氏の氏神として知られる神社。

元々は奈良時代に南方の綴喜郡井手町付近に創祀されたといわれ、のち平安時代前期に橘嘉智子(檀林皇后)によって現在地に遷座したとされる。

社務所の周りは猫だらけ。
気持ちよさそうに昼寝。

神苑はつつじが盛り。

アヤメも咲く。


少しピンクがかったつつじ。

キリシマつつじがきれい。

白い大輪のつつじ。

色とりどりに咲き乱れる。

この見事な神苑に参拝者は数名、誠にもったいない。

緑もきれい。

なんじゃもんじゃの木(一葉たご(ひとつばたご))

明治時代、東京の青山練兵場(今の明治神宮外苑)の道路沿いにこのなんじゃもんじゃの木があり、名前がわからなかったので「何の木じゃ?」とか呼ばれているうちにいつのまにか「なんじゃもんじゃ?」という変わった名前になってしまった♪

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

安産守護のお社 月読神社


一般にツクヨミ(月読尊)は、『古事記』『日本書紀』の神話においてアマテラス(天照大神)の兄弟神として知られるが、月読神社祭神の神格はその記紀神話とは別の伝承で伝えられた月神であると考えられている。

『日本書紀』顕宗天皇3年2月条における月読神社の創建伝承では、高皇産霊(タカミムスビ)を祖とする「月神」は壱岐県主(いきのあがたぬし)に奉斎されたとある。

また『先代旧事本紀』[原 2]では、「天月神命」の神名で壱岐県主祖と見える。

これらから、当社祭神の神格は海人の壱岐氏(いきうじ)によって祀られた月神(海の干満を司る神)と推定される。
また別の神格として、壱岐氏が卜部を輩出したことから亀卜の神とする説もある。

山城への勧請には、中央政権と朝鮮半島との関係において対馬・壱岐の重要視が背景にあるとされる。

壱岐・対馬の氏族が卜部として中央の祭祀に携わるようになった時期を併せ考えると、月読神社の実際の創建は6世紀中頃から後半と推測されている。

壱岐を訪れた際の記事
本神道の発祥の地 月読神社
壱岐最初の訪問地は日本神道の発祥の地といわれる月読神社。 鳥居の先に急な石段の参 … 続きを読む →


境内にある「月延石(つきのべいし)」は「安産石」とも呼ばれ、安産の神として信仰されている。

『雍州府志』所載の伝説では、この石は元は筑紫にあり、神功皇后が応神天皇を産む際にこの石で腹を撫でて安産し、のち舒明天皇の時に月読神社に奉納されたという。

御船社 祭神:天鳥舟命
松尾大社の末社にも属する。

松尾大社神幸祭の際には、御船社で渡御の安全祈願祭が行われる。

聖徳太子社 祭神:聖徳太子

月読尊を崇敬した太子の霊を祀ったものという。

解穢(かいわい)の水
自己の罪、穢れを除く効果があるという。

「願掛け陰陽石」

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

遅かりし松尾大社のヤマブキ

今年は花の盛りがあまりにも早くついつい時機を逸してしまう。

この垂れ下がっているのが、脇勧請です。

脇勧請は、榊の小枝を束ねたものです。
榊の束は、十二(閏年は十三)あります。

月々の農作物の出来具合を占った太古の風俗を、伝えていると言われています。

注意して見ないと、鳥居に、脇勧請がぶら下がっているとは、気づかないでしょう。

松尾山の神使が亀である事から、境内の至る所に亀の像があります。

もともと松尾大社周辺はヤマブキの自生地だったが、宅地開発などのため昭和30年代半ばから境内に移しかえたという。

境内を流れる一ノ井川沿いを中心に、花びらが5枚の「一重」と、花びらが重なり合い華やかな印象の「八重」の2品種が楽しめる。

今年は例年と比べ10日以上早く開花した。
担当者は「こんなに早く開花するのは初めてと。

中世以降は酒の神としても信仰され、現在においても醸造家からの信仰の篤い神社である。

平安期に始まったと伝わる神輿の巡行は有名。
松尾大社神幸祭 おいで
神輿の巡行は平安期に始まったと伝わる。 「松尾七社」の神輿と唐櫃(からびつ)が氏 … 続きを読む →

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ある日曜日の昼下がり


日曜日の昼下がり、大阪の都心は強い日差しに包まれていた。

人々は木陰に涼を求め、思い思いに楽しんでいる。

公園には容赦なく強い陽が降り注ぐ。

日差しに負けず元気な人たち。


木陰でダンスを楽しむ人。

涼しい川辺のレストランでおしゃべり・・・・

気の早い人も現れた。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

中之島公園のバラ 咲きはじめ

バラはまだかいなと、はやる気持ちを抑えきれずバラ園を訪れたがまだまだ蕾で、咲いているものを捜し歩かなければならない状態だ。

ホワイト セシル ブリュネ
花色は、クリームがかった白色。

花形は剣弁で、ポンポン咲きになり、小さな花をたくさんつけます。

ティー系のさわやかな香りがある。

ミセス チャールズ ランプロウ

数々の白ばらの名花を生み出してきたハイブリッド・パーペチュアル種「フラウ カール ドルシュキー」の子供。

自身もグレイパールなどの名花を誕生させていて、歴史的にも重要な立ち位置にいます。

花は上品なクリーム黄色、カップ状の花から半剣弁抱え咲きの花へと咲き進んでいきます。
ティー香があります。

荒城の月

花色は明るい黄色で、つる性・大輪の剣弁高芯咲き。
花付きが良く繰り返しよく咲くため、長い間楽しめる品種。

メアリー マグダレン

イングリッシュローズの中でも特に好きという愛好家が多い『メアリー マグダレン』

花の咲き初めから、刻々とその表情を変えて楽しませてくれる薔薇。
「定点カメラ」になってじっとその様子を見ていたい...

そんな気持ちにさせてくれる メアリー マグダレン。

スパニッシュ ビューティー

ピンクのつるばらの名花、弁端が大きく波打つ、優雅な花と「シャトー ド クロブージョ」譲りの甘美な香りにいつも魅了されます。

枝数が少なめである欠点はあるものの、比較的早咲きで、伸長は良く、窓廻りやパーゴラなどに素晴らしい植栽効果を発揮します。

ブライダルピンク

銘板の撮影を間違えたかな。

オールド ブラッシュ

四季咲きバラ誕生に大きく貢献した品種で60日に一度は咲く「庚申(コウシン)」の名の由来ともなりました。
実際には60日よりも速いペースで咲き続けます。

最良の花壇用品種でもあり、秋の花はローズ色がかる微妙なタッチで、なお一層美しい。

銘板の撮影を忘れてしまった、かわいい花色です。

同じ思いの人がいるようで、まだもう少し先だねと言葉を交わしながらの撮影でした。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

春本番 自宅の庭では


自宅の庭では今年もクレマチスが咲き誇っています。

クレマチスには大きく分けて、つるを残し越冬する旧枝咲き(モンタナ系、パテンス系など)や新旧両枝咲き(フロリダ系、ラヌギノーサ系など)と地上部が枯れ翌年に新枝を伸ばす新枝咲き(ビチセラ系、ジャックマニー系など)がある。

花びらの枚数が6枚のものは「鉄線」(てっせん)、8枚のものは風車」(かざぐるま)と呼ばれるようだ。
「クレマチス」はこの2つの総称。

「鉄線」は、つるが細くて丈夫で針金のようであることから。中国原産。
「風車」は花の形から。日本原産。

我が家のは花びらが8枚あります。

花言葉は「精神的な美しさ、旅人の喜び」

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

心合寺山古墳の桐の花が満開!


心合寺山古墳 (しおんじやまこふん)に向かう途中、レンゲ畑を見つけた。

昔はどこでも見られる春の風物詩だったが・・・

レンゲソウは、根っこのところどころにある「根粒」というこぶに「根粒菌」という細菌をすまわせ、根粒菌から養分をもらっている。
根粒菌には、空気中の窒素を植物の使える形に変える特別な能力がある。

これを「緑肥(りょくひ)」として利用しているのだ。

非常に難しい字を書くが、飛鳥時代、この古墳の西側に心合寺(しんごうじ)とよばれる寺院ができた。

この古墳の名の由来といわれる。
しかし、この寺はいつしか無くなり、また、名前の言い回しも訛ってしまい、「しおんじ」になってしまったと考えられている。

古墳時代の中期、5世紀初め頃に作られたといわれる。
当時このあたりを支配していた豪族の墓と考えられている。

また、生駒山地の麓に等高線に沿うように築かれて、周濠は南側と北側の2か所で堤を造って区切られているため、その東西で水位の異なる珍しいつくりとなっている。

キリ(桐、学名: Paulownia tomentosa)は、シソ目のキリ科 Paulowniaceae。

以前はゴマノハグサ科に分類していた(あるいはノウゼンカズラ科)。
キリ属の落葉広葉樹。漢語の別名として白桐、泡桐、榮。

昔、農家では女の子が生まれると庭に桐の苗木を二本植え、その子が成人してお嫁入りするときに桐を伐採し、その材料で桐タンスや長持を作ってもらい嫁いだと云います。
 
桐は家具材に適すると同時に成長が早く、15~20年経つと成木となり家具材として使えるように育つことから、こうした風習が根付いたようです

火事のときに桐タンスは黒焦げになったが、中の着物は無事だったという話が語り継がれています。

これには、桐がもつ二つの特性で実証することができます。
 
一つは、桐は熱伝導率が極めて低く着火点が高いので、表面が焦げても中まで火がまわるのに時間がかかるからである。

金庫の内部が桐で出来ているのはそのためで、外側の鉄板が炎で真っ赤に焼けても、 内部が桐で出来ていれば断熱効果にも優れるので重要書類や紙幣などが自然発火しにくいのである。
 
二つ目は、他の木材に比べ吸水性に優れるので消火の水を直に吸収してしまいます。

たくさんの水を含むと当然燃え難くなり、同時に木が膨張するので引出しや扉の隙間をふさぎ、 タンスの内部に消化の水が入るのを防ぎ、大切なモノを守ることが出来ます。
 
昔から、火事になったら桐タンスに水をかけろと云われたのもこうしたことからで、桐という素材を知り尽くした先人達の知恵が伝わります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ヤマボウシとかわいい子供の石像たち


新緑のきれいなな季節、河内長野の興禅寺を訪れた。

境内には大きな蓮池があり、千年以上前から咲き続けているという斑蓮が有名。
現在では全国に数箇所しかない珍しい種類のもの。

行基が開いたとされる曹洞宗の寺院。
蓮池の周りをぐるりと囲んで並ぶ多数の羅漢像も圧巻、静かにお顔を拝見していると、なにやら話し声が聴こえてきそうな気配。

門を入ると慈母観世音菩薩とかわいい子供の石像たちのお出迎え。


優しい光の中、かわいい子供の石像たち。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!