奈義町現代美術館 展示室「月」の部屋


正面が、「月」の部屋≪HISASHI-補遺するもの≫

「月」の平坦な壁は中秋の名月の午後10時の方向を指している。

安らぎの場所。ここは休らう所である。

ためらい、足をとめ、休息する。穏やかな気持を取り戻す。

「休」という漢字のかたちからみてわかるように「人が木により憩う」ごとく。

庇の下で雨宿りをしたり、影のなかで強い日差しを避けて息づく生き物たちのように。護られてある休息。

三日月のかたちの大きな部屋。その端から入ると、白い大きな平面の壁に取り付けられた3体の黄金色の≪HISASHI≫たちがいる。

HISASHI <この有機的な形態は、雲のようにも見えるが、作者の行為をとおして「時」が凝固したオブジェたちである。 関連記事[catlist categorypage="yes"]
≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!