奈義町現代美術館 展示室「大地」


ワイヤを使った流れるような曲線を表現した「うつろい」の世界。

入り口を入ると喫茶室、目の前に「うつろい」の世界が広がる。

奈義の地と水との関りをテーマとした宮脇愛子氏のアート空間「うつろひ」

夫は建築家の磯崎新。

磯崎は2番目の夫であり、最初の夫は中央公論社の編集者で、後に鉄道紀行作家として活躍した宮脇俊三であった。

宮脇姓の頃に彫刻家として成功したため、俊三との離婚・再婚後も宮脇姓で活動している(宮脇との結婚前の姓は荒木。)

「大地」の中心軸は、秀峰那岐山の山頂に向かっています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!