展示会へ出展

先輩の書道家の75歳を記念した展覧会に出展させてもらった。

会場は堺市立文化館。

アール・ヌーヴォーの代表的画家アルフォンス・ミュシャ(1860~1939年)の初期から晩年にわたる作品を展示しており、彫刻、工芸、ポスター、装飾パネル、素描、油彩など、さまざまな作品を見学できる

ミュシャの有力コレクションの一つは日本にある。

堺市が所有し、堺市立文化館アルフォンス・ミュシャ館で一部が展示されている「ドイ・コレクション」。

「カメラのドイ」の創業者である土居君雄が、ミュシャの知名度がさほど無かった頃から個人的に気に入り、本業の商品の買い付けや商談の為に渡欧する度に買い集めた。

また、ミュシャ子息のジリ・ミュシャとも親交を結び、彼の仲介によってコレクションの中核が築かれた。

1989年には、土居にチェコ文化交流最高勲章が授与されている。

土居が1990年に他界すると遺族は相続放棄し、1993年、土居夫妻が新婚時代に居住したことのある堺市に寄贈された。

先輩の書画、書道教室の生徒さんの作品、陶芸教室の作品、会社のOB会写真倶楽部とのコラボでにぎやかなものとなりました。

大勢の知り合いの人たちに参観いただきありがとうございました。

小生の出展作品は「義経伝説の里」以下3点。

「クライマックス」

「たそがれ」

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!