若狭の古刹・名刹 若狭姫神社

若狭姫神社は、本殿は享和2年(1802)造営の正面3間、側面3間、向拝1間の流造桧皮葺の建物。

本殿を囲む瑞垣(透塀)の内部には千年杉で有名な神樹が聳(そび)え、千古の神域を一層森厳にしています。

神門(中門)は、享和3年(1803)の造営、随神門は寛保3年(1743)の造営で、ほぼ上社と同じつくりとなっています。

入口には木造の鳥居、真っ直ぐに続く参道の先には入母屋屋根の門が建っている。

小浜市を代表する神社・若狭姫神社の千年杉。幹周/6.0m、樹高/30m、樹齢/約500年。
  
本殿、随神門は流造桧皮葺でいずれも県の重文に指定。

若狭姫神社(下社)は安産・育児に霊験があるとされており、境内には子種石と呼ばれる陰陽石や、乳神様とよばれる大銀杏などが存在。

現在ほとんどの祭事は下社・若狭姫神社で行われており、神職も下社にのみ常駐。

本殿の周囲には玉垣が巡らされ、正面に神門が置かれている。

正面の間口三間の流造で、向拝部分には前室が設けられている。

若狭彦神社の本殿には千木と鰹木が置かれているが、こちらの本殿の屋根には千木も鰹木も無い。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!